一瞬、激しいスコールが! 2016年10月10日(月)

ダイビング体験, ナイトシュノーケリング, ファンダイビング

, , , ,

天気 * くもり
気温 * 30℃
水温 * 27℃

激しい雨が降りました

最近、夜にまとまった雨が降っているようです。
このところ、朝、港に着いたら、
まず船の屋根のテントから
雨水を落とすのが日課になっています。

ここ数日の大きなウネリを作っていた原因と思われる
台湾方面にあった台風19号が勢力を弱め、
熱帯低気圧に格下げになったようです。
夜になると随分ウネリが弱まってきました。

27℃と安定してきた海水温ですが、
白化してしまったサンゴたちが回復するには
もう少し時間が掛かるようです。

【本来は茶色いはずのクサビライシが真っ白に】

【本来は茶色いはずのクサビライシが真っ白に】

もちろん、回復してきたサンゴたちも!
ミドリイシの仲間たちも色を取り戻しました。

【ハードコーラルたちは回復に時間が掛かる傾向が】

【ハードコーラルたちは回復に時間が掛かる傾向が】

そんな復活中のサンゴの側では、
既に死んで藻に覆われてしまったサンゴの姿も…。
このタイプのサンゴは、スズメダイの子どもたちの
棲み家になることが多いのですが、
死んでしまったサンゴでも
その役目を果たすことができるのでしょうか?
もしダメなら、スズメダイの数が
減ってしまうこともあるのかもしれません。

【引き続き、今後の様子を観察していきます】

【引き続き、今後の様子を観察していきます】

午前のダイビング体験

初めてスキューバダイビングに挑戦されるお客様。
声を使うお仕事をされているそうで、
ご旅行までの間に酷使してのどがかれてしまい、
ほとんど声が出ないそうです。
水中で咳込むことをご心配されていたので、
もしも咳が出そうになっても我慢しなくて済むように
レギュレターを押さえて咳をする練習をしました。

船上での練習では少し苦戦されていた耳抜きも、
コツを掴んで本番の潜降時はとてもスムースでした(^^)

最近仲良くなった?ハマフエフキが、
いつものように今日もやって来ました。
しばらく後を泳いでついてきますが、
行動範囲が決まっているようで
しばらくすると元の場所へ戻って行きました。

【不思議だけど、おもしろい(^^)】

【不思議だけど、おもしろい(^^)】

こちらも人なつっこいアカテンモチノウオ。
どこからともなくやってきたかと思うと、
ひとしきりダイバーを観察すると
またどこかへいなくなってしまいます(^^;)

【気まぐれ…(^^;)】

【気まぐれ…(^^;)】

台風19号の余波か、
今日もウネリが大きくて揺られて少し大変でしたが、
海中のイソギンチャクもユラユラ~。
中に棲んでいるカクレクマノミたちも
はじき出されないように一生懸命泳いでいました。

【いつもはもっとのんびり泳いでいるのですが…(^^;)】

【いつもはもっとのんびり泳いでいるのですが…(^^;)】

イソギンチャクのように触手を伸ばすハナガササンゴ。
その上で、魚たちがじっとしているなぁと思って近づくと、
触手の中にはたくさんのエビたちが隠れていました。

このニセアカホシカクレエビというエビは、
魚たちの体を掃除してあげるクリーナーシュリンプです。
体がガラスのように透明で、周りと見分けがつきません(^^;)

【どこにいるか分かりますか?】

【どこにいるか分かりますか?】

ご心配されていた咳が出ることもなく、
無事に45分間の海中体験が終了しました。
このところ雨模様で湿度が高そうなので、
喉にはいいかもしれません。
お大事にされてくださいね。
ありがとうございました!

午後のファンダイビング

これまでにも何度もお越しいただいているお客様。
前回はご主人とご一緒に、
今回はおひとりでお越しくださいました。
8月にも潜られたばかりだそうで、
ウォームアップの必要はなさそうです(^^)

【ノコギリダイの群れが見事】

【ノコギリダイの群れが見事】

小さな魚だけが集まるサンゴの保育園。
ナンヨウハギの子どもが1匹だけ、
フタスジリュウキュウスズメダイたちに混じって
元気に泳いでいます。

【大きくなると、それぞれの場所へ】

【大きくなると、それぞれの場所へ】

オスとメスが寄り添って、
岩肌に産卵していたミツボシクロスズメダイのペア。
船に上がった後でお客様からのご質問、
「遮るもののないむき出しの岩肌に産んで卵たちは安全なの?」
確かにちょっと心配になってしまうくらい無防備な場所ですが(^^;)
この後は、オスが付きっきりで卵を守ります。

【手前がオス 奥がメスです】

【手前がオス、奥がメスです】

5cmにも満たない小さなキンメモドキですが、
群れになって大移動をする時には
ドドドドォーと音が聞こえてくるくらい迫力があります。

【金色の流れのようです】

【金色の流れのようです】

指先を掃除してくれるクリーナーシュリンプたち。
いつもは魚たちの体を掃除していますが
たまに訪れるダイバーの指先もキレイにしてくれます。

【アカシマシラヒゲエビとスザクサラサエビ】

【アカシマシラヒゲエビとスザクサラサエビ】

岩の上に乗ってのんびり過ごしたり…
ヒレを広げて小魚を狙って狩りをしたり…
思い思いに過ごすハナミノカサゴたちです。

【俊敏な動きは…あまり見ません】

【俊敏な動きは…あまり見ません】

こちらは狩りの最中の2匹のハダカハオコゼ。
周りを泳ぐ小魚が目の前に近付いて来るのを
海藻のフリをしながら待ち構えています。

【残念ながら、ご持参のカメラの電池が切れてしまったそうです】

【残念ながら、ご持参のカメラの電池が切れてしまったそうです】

擬態が上手なコウイカの仲間が
岩肌そっくりに体の色を変えて隠れていました。
近付いて観察しましたが、
まだ見つかっていないと思っているのか
逃げようとしませんでした。

【自信満々なのが、なんだかかわいい(^^;)】

【自信満々なのが、なんだかかわいい(^^;)】

ホンソメワケベラに体を掃除してもらっているアカククリ。
エラの隙間から口の中まできれいにしてもらって、
気持ちよさそうにしばらくクリーニングされていました。

【表情が…本当に『ほ~』という顔してます(^^)】

【表情が…本当に『ほ~』という顔してます(^^)】

大きなエンマゴチを見つけました。
ペッタンコの体と岩肌そっくりの体の模様で、
気が付かずに通り過ぎてしまうこともあります。

【注意して見ないと見過ごしてしまいます】

【注意して見ないと見過ごしてしまいます】

こちらのイソギンチャクの本来の住人であるクマノミと、
居候のミツボシクロスズメダイたち。
クマノミは居候たちがイソギンチャクの中心部に入ってこない様
一生懸命追い払っていました。

【1対11では、ちょっと分が悪い(^^;)?】

【1対11では、ちょっと分が悪い(^^;)?】

「マンタに会いたい!」とリクエストいただいているのですが、
今日はウネリが大きくてポイントへ行くことができませんでした。
明日こそは、海況が回復してくれることに期待しましょう!
ありがとうございました。

ナイトシュノーケリング

昨日、ご参加いただくご予定だったお客様。
ところが昨夜の海のコンディションがあまりに悪く、
ご相談の上、改めて本日ご参加いただくことになりました。

【初めての夜の海でのシュノーケリングに出発♪】

【初めての夜の海でのシュノーケリングに出発♪】

小さなミミイカの仲間が
手のひらの上で休憩してきました(^^)
夜になると行動を始める、夜行性の生き物です。

【赤ちゃんではなく、ほぼ大人です】

【赤ちゃんではなく、ほぼ大人です】

イソギンチャクのブランケットに包まって
気持ちよさそうに眠るカクレクマノミたち。

【夜は体色が少し淡い色に変わります】

【夜は体色が少し淡い色に変わります】

体のサイズに合わせて上手に寝床を選ぶブダイ。
こちらの気配にはまったく気付かないのか、
微動だにせず熟睡しいていました(-_-)zzz

【こちらは逆に濃いめの色合いに】

【こちらは逆に濃いめの色合いに】

午前中、このエリアの透明度がよくなく、
ウネリもかなり大きかったので、
今夜もできるかどうか微妙なところでした…。
ツアー中止のご相談もさせていただいていましたが、
「せっかくなので」とご参加いただいて正解でした!
ウネリも透明度も劇的に回復して一安心でした(^^)
ありがとうございました。

Comment : 0

up

Back to Top ↑