凪の海 2015年9月16日(水)

スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ダイビング体験, ナイトシュノーケリング

, , , ,

天気 * はれ
気温 * 32℃
水温 * 28℃

水面が穏やか…凪いでいます

今日もいいお天気です。
明け方の曇り空も、次第に晴れてきました。
海況もよく、ほとんど波のないベタ凪です。

午前のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

今日明日の2日間のご予定でご参加いただくお客様、
お母さんと娘さんのおふたりでお越しくださいました。

娘さんはスキンダイビングの練習のために、
水深5mのプールに通っていらっしゃるそうです。
お母さんも水泳はお好きで泳ぎもお上手ですが、
スキンダイビングはあまり得意ではないということで、
まずはおふたりともお楽しみいただける
浅瀬のサンゴ礁へと行きました。

【ウォーミングアップ♪】

【ウォーミングアップ♪】

砂地の海底で、リュウキュウウミタケを見つけました。
スベスベとした手触りが心地いいです(^^)

【しっかりずっしりとした貝です】

【しっかりずっしりとした貝です】

娘さんは、水深5mにある海中洞窟の潜り抜けに挑戦!
スイスイ~♪と無事に通り抜けることができました(^^)

【余裕の表情で、スイ~♪】

【余裕の表情で、スイ~♪】

お母さんは水面から、のんびり海の景色を♪
かわいい魚たちが泳いでいる様子を眺めます。

【カクレクマノミも、ちょろ♪】

【カクレクマノミも、ちょろ♪】

2本目のポイントは湾内へと移動しました。
こちらでは、1本目とはまた違った景色やお魚たちに会えます(^^)

このポイントの名物は何千匹と群れるロクセンスズメダイの群れ!
水面近くに流れてくるプランクトンを求めて
ロクセンスズメダイ立ちも水面の方まで上がってきます。
すぐ近くでじっくり観察することができます。

【6本のシマシマ模様がチャームポイントです】

【6本のシマシマ模様がチャームポイントです】

スキンダイビングの練習をされてまだ間もないという娘さんですが、
水深7mでも海底にしばらく留まっていられるほどの余裕がおありでした。
練習を重ねたら、さらに深い世界をさらに長く楽しめそうですね(^^)

【余裕の潜水です♪】

【余裕の潜水です♪】

今まで、お母さんは娘さんの付き合いで仕方なしに…
という感じもあったそうですが、
今日は「今までで一番長く泳いだ♪」と楽しそうでした(^^)
これからも、仲良く海をお楽しみくださいね!

午後のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

今日からの2日間のご予定で、
スキンダイビングツアーにご参加いただくお客様。
イルカと泳ぐのがお好きで、
よくドルフィンスイムに行かれているそうです(^^)
石垣島でのスキンダイビングは今回が初めてということです。

「来年の年賀状用にブルーの海をバックに写真を撮りたい」と
以前のブログをご覧になられてリクエストをいただいたので、
まずはエメラルドグリーンがきれいな浅瀬の海で。
海底が真っ白の砂地のポイントでないと、
この景色は見ることができません。
お天気がよく、絶好の撮影日和になりました(^^)

【イメージ通り…でしたでしょうか(^^;)】

【イメージ通り…でしたでしょうか(^^;)】

いよいよ海へ、さっそくスキンダイビングスタートです。
まずは水中写真を撮影しながら、ウォームアップ♪

【カクレクマノミがお出迎え♪】

【カクレクマノミがお出迎え♪】

フレンドリーなミツボシキュウセンたちは、
こちらが追いかけなくても自らカメラの前でポーズをキメてくれます。

【集まってきました(^^)】

【集まってきました(^^)】

大きな群れで泳ぐ水色のデバスズメダイたち。
南国らしい景色の中、のんびりと♪

【まずは景色を楽しんで…(^^)♪】

【まずは景色を楽しんで…(^^)♪】

水深5mにある海中洞窟の通り抜け、
こちらも余裕でクリアされました。

【ウォームアップ完了!】

【ウォームアップ完了!】

これまで、水深25mに到達されたことがあるそうです。
「今回の2日間では、それを超える記録に挑戦したい!」と、
いよいよ水深のあるポイントへ移動しましょう。

今度はロングフィンに履き替えて、海底25mを目指します。
何度か挑戦され、なんとか海底近くまで辿り着きました!

【明日はいよいよ…記録更新!?】

【明日はいよいよ…記録更新!?】

今日の記録は水深21m!
明日は朝からご参加いただく予定です。
次はいよいよ、水深30mに挑戦してみましょう!

夕方のダイビング体験

カップルでご参加いただいたお客様と、夕方の海へ。
スキューバダイビングはこれまでに3度体験されているということで、
不安感や緊張もなく、リラックスされて余裕のおふたりでした(^^)

簡単に基本事項の復習を済ませたら、さっそく潜降開始!
ご経験者ということで、いつもよりやや深い水深のポイントに挑戦です。
水深は10m以上ありますが、耳抜きも滞りなく、無事に海底に到着されました(^^)

【やや深めの水深も、余裕♪】

【やや深めの水深も、余裕♪】

見た目は硬そうですが、実際に触ると…ふにゃ~。
柔らかいソフトコーラルの仲間のウミトサカです。

【骨格を持たないサンゴです】

【骨格を持たないサンゴです】

潜り始めの硬さがほぐれてきたら、次は海中洞窟の探索へ。
洞窟の天井にできた穴から射し込む陽射しが
幾重もの筋になってユラユラと降り注ぎます。

【幻想的な光景です】

【幻想的な光景です】

少しバランスが崩れそうになっても、
持ち直してフワリと浮かびながら泳いでいらっしゃいました(^^)
海底を見下ろすと…なんだか空を飛んでいるような感覚になり、
少しドキドキするような景色ですよね。

【空を飛んでいるような不思議な感覚に】

【空を飛んでいるような不思議な感覚に】

黒と白のシックなモノトーンでおしゃれなクマノミのファミリー、
鮮やかな原色系の魚が多い石垣島の海では、逆に目立つ存在です。
イボハタゴイソギンチャクに棲むクマノミは黒くなります。

【クマノミの仲間は…オレンジのイメージ?】

【クマノミの仲間は…オレンジのイメージ?】

これまでのダイビングとはちょっぴり違う、
冒険心でお楽しみいただけるようなダイビングを。
いかがでしたでしょうか(^^)

ナイトシュノーケリング

昼間の海では何度もシュノーケリング経験がおありのご夫婦のお客様、
今夜は初めて夜の海でのシュノーケリングに挑戦されます(^^)

少し早めにポイントに到着したので、
夕日が沈んで暗くなるまで待ちます。
今日は残念ながら雲に隠れてしまい
水平線に夕日が沈むところは見られませんでしたが、
オレンジ色に染まる西の空がきれいでした。
日没を迎え、薄暗くなり始めたら海へと泳ぎ出します。

天敵の魚などが眠ってから活動を始める生き物たち。
手のひらにチョコンと乗っかって休憩しに来たミミイカの仲間は、
大人になっても豆粒くらいしかないとても小さなイカです。

【立派に墨だって吐けます!】

【立派に墨だって吐けます!】

鮮やかな緑色のブダイが、穴から顔だけを出して眠っています。
ライトの光にも気が付かないくらい熟睡していました(-_-)zzz

【夜は濃い体色に変わります】

【夜は濃い体色に変わります】

奥さんが見つけた「ダンゴ虫みたいな生き物」は、
ゾウリエビと言うエビの仲間です。
こう見えても、お腹の部分はイセエビそっくりです。

【上から見ると、エビの仲間…?】

【上から見ると、エビの仲間…?】

今日は寝ぼけたウミガメにも遭遇しました。
背中に大きなコバンザメを従えた、
1m近くある大きなアオウミガメでした。
暗闇で大きな生き物が不意に目の前に現れると…
正直、ビックリしますよね(^^;)

【うれしいサプライズ!…なんだけど(^^;)】

【うれしいサプライズ!…なんだけど(^^;)】

今夜は雲も少なかったため、
石垣島から竹富島の上空へ流れる天の川がきれいに見えました。
海の中でも、夜光虫がイルミネーションのように輝いていました。
おふたりが動くたび、その刺激に反応して淡い光を放ちます。
まるでアニメに出てくる妖精が光を粉を振りまきながら
飛んでいるような幻想的な景色でした。
夜しか見られない、昼間の海とは違った世界です。

Comment : 0

up

Back to Top ↑