すっかり秋の空です 2015年9月3日(木)

シュノーケリング, スキンダイビング/ディープシュノーケリング, ダイビング体験, ナイトシュノーケリング, ライセンスをお持ちでない方と一緒にダイビング

, , , ,

天気 * はれ
気温 * 31℃
水温 * 29℃

すっかり秋空に…

空模様もすっかり秋っぽくなりました。
晴れていてお天気はいいのですが、
空全体を霧のような薄い雲が覆っています。
8月のジリジリする強い陽射しは一旦落ち着いて、
吹き抜ける風も少しずつ涼しくなってきた気がします。

それでも…少し動くと汗がジンワリ滲んできて、
まだまだ暑い今日この頃の石垣島です。

午前のダイビング体験&シュノーケリング

ご夫婦でご参加いただいたお客様と朝の海へ♪
今日はシュノーケリングとダイビング、どちらも初めて挑戦されます。

まずは浅瀬でシュノーケリング、力を抜いて海に身をゆだねましょう。
ウエットスーツの浮力が付くので、何もしなくてもプカプカ浮かぶことができます(^^)

【リラックスしてぷかぷか~♪】

【リラックスしてぷかぷか~♪】

海底まで太陽の光が降り注いでいます。
朝の爽やかな景色が広がっていました。

【魚たちも気持ちよさそう!】

【魚たちも気持ちよさそう!】

力を抜いて泳ぐことに慣れると、
海の中でもリラックスされていました(^^)
次はダイビングです。
海底へ潜っても、体の力を抜くことは同じです。
浮力に自然と身をゆだねてリラックスしましょう♪

海底ではフレンドリーなアカテンモチノウオがやってきて、
おふたりの事を横目で見ながら目の前を行ったり来たり。

【気になるようですね】

【気になるようですね】

シュノーケリグでは浮かんで泳いでいる水面から海底までは
少し距離があるので遠くに見えていたカクレクマノミも、
ダイビングではすぐ目の前で観察することができました。

【見る位置によって、景色も違ってきます】

【見る位置によって、景色も違ってきます】

流れてくるプランクトンを追いかけているデバスズメダイの群れ。
口をパクパク動かしている様子もすぐ目の前で見られました。
大きなものでも10cmに満たない小さな魚ですが、
千匹以上が集まって一斉動く様子は大きな魚にも負けない迫力があります!

【今年は特に大活躍!】

【今年は特に大活躍!】

初めてのシュノーケリングとダイビングはどちらも大成功♪
おふたりは海底で見るダイビングの景色が特に気に入ったそうです(^^)

午後のダイビング体験

カップルでご参加いただいたお客様と、お昼の静かな海へ。
午後になって海況が安定し、水面はガラスを張ったようなベタ凪です。
水面からでもサンゴの周りを泳ご魚の様子がよく見えました。

【とても静かな水面です】

【とても静かな水面です】

彼はダイビングのライセンスをお持ちですが、
講習以降あまり潜っておらずブランクもあるそうです。
彼女は今日が初挑戦なので少し緊張されているようですが、
不安よりも、海の世界への期待感の方が大きいようです(^^)

【デバスズメダイたちが待ち構えています(^^)】

【デバスズメダイたちが待ち構えています(^^)】

少し流れが出てきた午後の海の中では、
魚たちのランチタイムが始まりました。
サンゴの隙間から飛び出して
エサのプランクトンを元気に追いかけています。

【いろんな種類の魚たちが集まります】

【いろんな種類の魚たちが集まります】

カクレクマノミたちも時折イソギンチャクから飛び出して
流れてくるエサを一生懸命追いかけてました。

【こちらもランチタイム♪】

【こちらもランチタイム♪】

久しぶりのダイビングの彼も、感覚が蘇ってきたようです。
今日は水中写真も撮影されました(^^)
最初は力が入って思うように泳ぐことができなかった彼女も、
しばらく泳いでいるうちに力を抜くコツがつかめてきたようです(^^)

【海の中のデートも楽しいですね(^^)】

【海の中のデートも楽しいですね(^^)】

洞窟を通り抜けると、中にはいつものアカククリたちが。
安心できる洞窟の中がお気に入りのようで、
ここへ来るとのんびり泳いでいるのによく遭遇します。

【眼の前を通り過ぎて行きました】

【眼の前を通り過ぎて行きました】

ブランク明けも、初挑戦も、問題なくダイビング無事成功!
この後も、まだまだ夏の?秋の?石垣島をお楽しみくださいね(^^)

夕方のスキンダイビング/ディープシュノーケリング

スキンダイビングのスキルアップを目指していらっしゃるという
ご夫婦のお客様と夕方の海へと出港です!
ご主人の記録は、水深10mくらいだそうです。
奥さんはまだまだ修行中とのことで、
コツを覚えてご主人に負けないくらい潜りたいそうです。

まずはウォームアップを兼ねて浅瀬のサンゴ礁からスタート!
デバスズメダイたちもちょうど夕食タイムが始まって、
一堂に会した大乱舞を見ることができました。

【エサの多いところに集中しています】

【エサの多いところに集中しています】

ご主人は、水深5~6メートルくらいは余裕でスイスイ♪
洞窟の中もス~っと通り抜けていらっしゃいました(^^)

【洞窟通り抜けはスリルがあります!】

【洞窟通り抜けはスリルがあります!】

奥さんは海底に固定したロープを伝って、
耳抜きと力を使わない省エネ潜降の練習を。
今までよりも楽に深く水深まで潜ることができました(^^)

【コツさえつかめれば】

【コツさえつかめれば】

次は、水深が先ほどの倍以上あるポイントで潜ります。
夜光貝を探すためにスキンダイビングにはまっているというおふたり。
夜光貝は、貝殻を磨くと真珠のような光沢が出る
グレープフルーツほどもあるサザエの仲間です。
このポイントではよく見かけますので、いるかもしれませんよ!

【光がたっぷり射し込みます】

【光がたっぷり射し込みます】

海底から水面を見上げると、
太陽の光が幾重もの筋になって海底まで降り注ぎます。
潜った人しか見ることのできない特別な景色です。

【岩の切れ目から差し込む青い光】

【岩の切れ目から差し込む青い光】

残念ながら夜光貝は見つかりませんでしたが、
奥さんは自己記録を大幅に伸ばし、ご本人もご主人も驚かれるほど!
スム~スに潜って行くコツをつかまれたようです(^^)
これからも安全におふたりでスキンダイビングを楽しんでくださいね。
そしていつか、夜光貝が見つかるといいですね(^^)

ナイトシュノーケリング

お友達同士でご参加いただいたお客様と、夜の海へ。
夕方は雲が多くなって水平線に沈む太陽を最後まで見られませんでしたが、
時折雲が切れると、オレンジ色に光る夕日が顔をのぞかせてくれました。

【海に夕日が沈んでいきます】

【海に夕日が沈んでいきます】

おひとり様は何度もナイトシュノーケリングのご経験がおありだそうですが、
もうおひとり様は夜の海で泳ぐのは今回が初めてとのことでした。
ドキドキとワクワクが入り混じる中…夜の海をのぞいてみましょう♪

【ライトで照らしながら進みます】

【ライトで照らしながら進みます】

水中ライトの光に誘われて集まったプランクトンを目当てに、
トビウオの赤ちゃんたちもたくさん集まってきました。
銀色の体に光をキラキラ反射させています。

【夜のサンゴはより一層神秘的】

【夜のサンゴはより一層神秘的】

枝サンゴの中から現れたカルイシガ二。
腕を広げると優に30cmは超えそうな腕の長~いカニです。

【ずっしり、大きなカニです】

【ずっしり、大きなカニです】

暗闇の海の中でのバブルリングも、
ライトに照らされると昼間とはまた違う雰囲気です。

【夜の海ならではの景色です】

【夜の海ならではの景色です】

日没の頃は雲が多かったので、
今夜は「星空は見られないかな…」とがっかりしていましたが、
泳いでいる間に雲が無くなり、
石垣島から竹富島へと流れる天の川がきれいに見えました。
水中ライトを消して海の上に浮かびながら…
しばらく星空に見とれていました。

海の中では、おふたりを取り囲むように夜光虫の青白い光が瞬き、
柔らかいイルミネーションのように無数に輝いて包み込んでくれました。
明日には石垣島を発たれるというおふたり。
最後の夜にふさわしい海の景色をご覧いただくことができました(^^)

Comment : 0

up

Back to Top ↑