風の強い日が続いています 2015年7月22日(水)

シュノーケリング, ナイトダイビング

, ,

天気 * はれ
気温 * 32℃
水温 * 29℃

今日も風が強いです(>_<)

沖縄本島に近づく台風や熱帯低気圧の影響で、
石垣島もこのところ強い風が吹いており、
波が高めの日が続いています。

午前のシュノーケリング

お母さんと娘さん親子でご参加いただいたお客様。
昨日も他のツアーにご参加されたそうで、
初めてのシュノーケリングを体験されたという娘さん。
お母さんはスキューバダイビングのライセンスをお持ちですが、
娘さんが生まれてからは海から少し遠ざかっていたそうです。

まずは、少しだけ泳ぎの練習を。
力を抜いて海に浮かぶ泳ぎ方、顔をあげて立ち泳ぎになる方法、
楽に泳げて疲れない足ヒレの使い方などを練習したら、
いよいよ船を離れて海へと泳ぎ出しましょう♪

日本で会うことのできるクマノミは全部で6種類。
今日はそのうち、カクレクマノミやハマクマノミの2種類に会いました。

【今日が2回目のシュノーケリング♪】

【今日が2回目のシュノーケリング♪】

真っ赤なサンゴ、イソバナ。
一見、硬そうなイメージがありますが、
実はフニャリとやわらかなサンゴです。
波にユラユラと揺られていました。

【青い海に映えるイソバナの赤色】

【青い海に映えるイソバナの赤色】

「昨日よりもたくさんサンゴやお魚に会えた♪」
こんもり海底からせり上がったサンゴの山のてっぺんでは、
水色のデバスズメダイたちがパクパクと朝食の真っ最中でした。

【たくさんの小さな魚たちが群れていました】

【たくさんの小さな魚たちが群れていました】

今日は波で水面が揺れる中を泳いでいたので、
娘さんは少し波酔いされてしまったようです。
少し疲れてしまったようなので、
今日は早めに切り上げて港へ戻りました。

ナイトダイビング

ご参加を予定されていたダイビングツアーが
お店の都合でキャンセルになってしまったそうで、
がっかりされていたお客様…。
「せっかく来たのに泳げないのは残念」ということで、
今日は初めてのナイトダイビングに挑戦されることになりました。

日が沈んでから少し風が強くなり、波も高めに。
初めての夜の海でのダイビングということもあり、
潜り始める時はやや呼吸が整わずに、
なかなか潜降することができない場面もありました。

勇気を出して、今度こそ潜降開始!
無事に海底に到着すると、
闇に包まれた神秘的な世界が広がっていました。

水中ライトに集まってきたプランクトンを目当てに
たくさんのトビウオの赤ちゃんたちが寄ってきました。
銀色の体に水中ライトの光を反射させながら
目の前を行ったり来たりして泳ぐ様子は、
海の中の流れ星のようできれいでした。

サンゴの山に目をやるとイソギンチャクの中では
カクレクマノミファミリーが3匹仲良く眠っていました。

【イソギンチャクがふかふかのブランケットのようです】

【イソギンチャクがふかふかのブランケットのようです】

枝サンゴの隙間で、逆立ち姿勢で眠るミスジチョウチョウウオ。
普段は他の魚と同じように泳いでいるのですが、
眠る時はなぜか逆立ち泳ぎになります…。

【この寝相の理由はなんだろう…?】

【この寝相の理由はなんだろう…?】

透明な寝袋を作って、その中で眠るブダイの仲間。
やわらかなゼリーの中で気持ちよさそうに熟睡していました(-_-)zzz

【一晩限りの寝袋を毎晩自分で作ります】

【一晩限りの寝袋を毎晩自分で作ります】

コポっとくり抜かれたように開いた穴の中に、
ヒフキアイゴがピッタリ収まって眠っていました。
眠っている時は白っぽい色になっていますが、
目が覚めると黄色が鮮やかに発色しはじめて、
黒、白と模様の色が現れてきます。
水中ライトの光で目が覚めてしまったのか、
体色がはっきりしてきました。
起こしてごめんねm(__)m

【起こしちゃった…】

【起こしちゃった…】

水中ライトを消すと、夜光虫の淡い緑の光ポッポと灯ります。
船に上がって空を見上げると、今度は満点の星空。
石垣島の特別な夜の景色を独り占めしていただきました(^_-)

Comment : 0

up

Back to Top ↑