3つ目の台風が…! 2015年7月4日(土)

ダイビング体験, ナイトシュノーケリング

, , , ,

天気 * はれ
気温 * 34℃
水温 * 30℃

台風11号が発生しました

10号に続いて11号も発生しました。
これで先に発生していた9号と合わせて
同時に3つの台風が日本の周りを取り囲むことになります。
11号は小笠原方面に向かうという予報ですが、
9号、10号は石垣島にも影響を及ぼしそうです。

午前のダイビング体験

カップルでご参加いただいたお客様、
今日は初めてのスキューバダイビングに挑戦されます。
昨日はビーチでシュノーケリングされたということで、
水中メガネを着けての口呼吸はご経験済みです。
呼吸器を使った呼吸にも息苦しさは感じることはなく、
耳抜きもスムースに、水深5mまで順調に到着できました(^^)

海の中では、さっそくいろいろな魚たちがやってきて、
ブダイ、ベラやフエダイの仲間たちが大歓迎してくれました♪

【お客様が写せません(^^;)】

【お客様が写せません(^^;)】

この夏のアイドルの座を独占しているカクレクマノミの赤ちゃんたち♪
もともとオスとメスのペアで暮らしていたところに
今年は4匹の赤ちゃんたちが流れ着いて、
先日はそのうちの1匹が見当たらなかったのですが…
どうやら無事だったようです(^^)
今日も4匹元気に泳いでいました。

【よかったよかった♪】

【よかったよかった♪】

分厚い唇で砂地をさらうようにエサを探すボラの仲間。
30㎝はある大きな魚です。

【集団でいると迫力があります!】

【集団でいると迫力があります!】

海中洞窟の中で出会う魚たちの数も多くなりました。
立ち泳ぎの名人アオギハゼの群れにも
温かくなって赤ちゃんたちが加わり、
さらに大きな群れを作っています。

【おなかを上に向けて泳ぐおもしろいさかなです】

【おなかを上に向けて泳ぐおもしろいさかなです】

サンゴの山の上は、いろいろな魚たちで大賑わい!
白黒の縞模様のミスジスズメダイ、
淡いグリーンに縞模様のクラカオスズメダイ、
全身緑にピンクやブルーや黄色がアクセントになっているオトメべラ、
お馴染み水色のデバスズメダイなど、
たくさんの魚たちがプランクトンやエサの小魚を追いかけていました。

【サンゴの上は、カラフルに大賑わい♪】

【サンゴの上は、カラフルに大賑わい♪】

初挑戦のダイビングでしたが、
スタート時からリラックスされているご様子でした(^^)
体の力を自然と抜くこともできていて、
船に戻るまでスイスイと泳いでいらっしゃいました。

午後のダイビング体験

お友達同士で石垣島にいらしているお客様、
スキューバダイビングには今日が初挑戦とのことです。
港での事前練習とポイントに到着してからの水面での練習は無事終了し、
いよいよダイビングスタート!
潜降時に少し耳抜きに手こずる場面もありましたが、
おふたりとも無事に水深5mに到着することができました(^^)

【海底まで日の光が届いていました】

【海底まで日の光が届いていました】

水面を見上げると、
空気の泡が太陽を反射して
キラキラ輝きながら昇っていきます。
海の中でしか見ることができない
特別な景色です。

【いつまでもボーっと眺めていたくなります。。。】

【いつまでもボーっと眺めていたくなります。。。】

海底の砂をワサワサと巻き上げると、
シチセンムスメべラがさっそく寄ってきました。
「何かエサはないかなぁ」と、
巻きあがった砂の中からエビやカニを探しています。

【楽してエサをゲットできると知っているようです(^^;)】

【楽してエサをゲットできると知っているようです(^^;)】

ピコピコ泳ぐサカサクラゲ。
普段は笠を下にして足を上にして、
海底に張り付くように逆立ちしています。
まるでイソギンチャクのようです。
クラゲとイソギンチャクは近い仲間なので
イソギンチャククラゲといったところでしょうか。

【夏の間だけ会うことができます】

【夏の間だけ会うことができます】

海中洞窟の中を探索していると、
長~いヒレをなびかせながら優雅に泳ぐ
ハナミノカサゴに会いました。

【ヒレを広げて小魚を追い込む狩りをします】

【ヒレを広げて小魚を追い込む狩りをします】

午後は空の真上まで昇った太陽が
サンゴ礁を明るく照らし出してくれます。
鮮やかでカラフルな世界を広がっていました。

夕方のダイビング体験

つい先ほど石垣島にご到着されたばかりのお客様。
ご到着時刻に合わせて1時間ほどスタートを遅らせましたが、
日が長い7月の夕方は、まだまだ真昼のような明るさです。

おふたりとも、スキューバダイビングは今日が初めて!
おひとりはシュノーケリングのご経験がおありだそうです。
もうおひとりはシュノーケリングもされたことがなく
「海が怖い…」とおっしゃっていましたが…
いざダイビングがスタートすると
言葉とは逆にスムースに潜降されていました(^^)

一方、シュノーケリングのご経験があるお客様は
緊張から呼吸が安定せず、一度は海底に到着したものの…
不安感がこみ上げて一旦水面まで戻ることに…(>_<) 「これで無理なら、止めてもいいんだ」と気持ちを立て直し、 再びチャレンジ!! はじめの1mくらいまでは呼吸も早くなり まだ緊張されていましたが、 ゆっくり呼吸を整えられるようになると 気持ちも落ち着いてきたようでした(^^) 無事におふたり揃ってスタートすることができました♪ [caption id="attachment_6715" align="alignnone" width="300"]【たくさんの魚たちが迎えてくれます】 【たくさんの魚たちが迎えてくれます】[/caption]

ダイバーに慣れている!?人なつっこい魚たち。
怖がることもなく、入れ替わり立ち替わり目の前まできてくれます。
その中でも特にフレンドリーなシチセンムスメべラの夫婦は、
おふたりの後をずっと泳いでついてきていました。

【フレンドリーでかわいいです(^^)】

【フレンドリーでかわいいです(^^)】

いつもは海底で逆さまになっているサカサクラゲですが、
そっと持ち上げて海中に放つと、
ピコピコと笠の部分を動かしながら一生懸命泳ぎます
…が、頭が重いのでしばらくすると海底に逆戻りします。

【不思議なおもちゃみたいなかわいい動き♪】

【不思議なおもちゃみたいなかわいい動き♪】

カクレクマノミの棲むイソギンチャクに着く頃には、
おふたりとも随分リラックスして泳いでいらっしゃいました(^^)

【6匹の大所帯で賑やかです】

【6匹の大所帯で賑やかです】

海中洞窟の中には、ハナミノカサゴの姿が。
「あれはお魚ですか?」とおっしゃるほど
他の魚たちとは一風変わった形をしています。

【長いヒレが特徴です】

【長いヒレが特徴です】

スタートの時は大丈夫かな…リタイヤされてしまうかな…と心配しましたが、
初めてのダイビングはおふたりそろって大成功で終わりました(^^)

ナイトシュノーケリング

昼間のシュノーケリングは何度もご経験がおありですが、
ナイトシュノーケリングは今回が初めてというお客様。
明るい間とはまた違った夜の海、どんな景色に出会えるか楽しみですね♪

水中ライトを点けて泳ぎ始めると…
さっそく出迎えてくれたのはトビウオの赤ちゃんたち。
ライトの光に誘われて集まってきたプランクトンをお目当てに、
トビウオの赤ちゃんたちも集まってきました。
魚たちも暗い海ではあまり目が利かないようで、
コツンコツンとこちらにぶつかってきました(^^;)

【夜なのに…元気いっぱい泳いでる!】

【夜なのに…元気いっぱい泳いでる!】

昼間はあまり穴から出てくることはないタコも、
夜になるとエサを探しに出かけるようです。

【昼間はあまり見かけない姿です】

【昼間はあまり見かけない姿です】

ちょこまかと泳ぎ回っていたカクレクマノミも、
夜はイソギンチャクの中でおとなしく眠っています。

【ふわふわ毛布にくるまれているみたい(^^)】

【ふわふわ毛布にくるまれているみたい(^^)】

こちらも、明るいうちは穴の奥に隠れていて
あまり姿を見かけないウニの仲間のガンガゼ。
夜になり、天敵の魚たちが寝静まる頃になると、
長~いトゲを器用に動かしながら
モゾモゾと穴から這い出してきます。

【夜になったら活動開始!】

【夜になったら活動開始!】

大きなホラ貝の殻を背負って徘徊するコモンヤドカリ。
重そうですが、まるで走るようにとっても早く移動します。

【重い荷物もなんのその】

【重い荷物もなんのその】

サンゴの屋根の下で、シマハギが眠っていました。
昼は薄い黄色の体色なのですが、
夜になると薄暗いパジャマに衣替えします。

【夜になると体色が変化します】

【夜になると体色が変化します】

昼夜関係なく行動しているウツボですが、
やはり夜の方が外敵が少なくなるからか
巣穴から出て活発に動き回る様子が見られます。
大きな頭のドクウツボが顔を出していました。

【いつ寝ているのかな…?】

【いつ寝ているのかな…?】

寝ぼけて膨らんだコクテンフグ。
海水を一杯に吸い込んで
ボールのようにまん丸になりました。

【夜の海ではおなじみの魚です】

【夜の海ではおなじみの魚です】

昼間はあまりにかけないウズラ貝にも会いました。
エサを探しているのでしょうか?

【ウズラの羽の模様に似ています】

【ウズラの羽の模様に似ています】

今夜は月が明るかったため、
残念ながらナイトシュノーケリングのオススメのひとつである
星空をご覧いただくことはできませんでした。
その代わりに、海の中では夜光虫が淡い緑色の光を放って
宇宙空間のように暗い海を彩ってくれました。

Comment : 0

up

Back to Top ↑