ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメお天気が良くなりました/ ファンダイビング

2013年1月24日(thu)カモメの足あと

天気予報では今日も曇りマークがついていましたが、
予報に反して今日は朝から太陽がポカポカと暖かです(^_^)

お客様は2日間のご日程でダイビング旅行にお越しいただいています。
昨日は肌寒くどうなる事かと思いましたが、
今日は船の上を吹き抜ける風も暖かで気持ちいいスタートです♪

まずは、リクエストの海底温泉の湧き出すポイントへ。
海温泉ガスの泡が太陽の光を受けて水面へ昇っていきます。
キラキラと朝の雰囲気にピッタリな清々しい景色です。

ご一緒にダイビングを楽しむお仲間の中で
その時にお休みの合う方たちでご旅行されているのですが、
今回のおふたりでこの深い温泉ポイントを訪れるのは初めてです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

太陽が出ているだけで、海の中でも温かさを感じます。
寒く感じた昨日と海水温は変わりませんが、体感温度が違います。

特に、温泉を浴びる前はほとんど冷たさを感じていませんでしたが、
ここから出ると、それまでよりも一層冷たく感じました。
陸の上でもこんな温かな温泉があればいいな~ぁと思いますが、
残念ながら石垣島には温泉も銭湯もはありません(^_^;)

石垣島 ファンダイビングの様子

海底温泉の周りは何百種類ものサンゴがひしめき合う群生地帯です。
温泉成分は関係していないと思うのですが、
サンゴたちにとっては暮らしやすい環境のようです。

石垣島 ファンダイビングの様子

しばらく船を走らせて次はドロップオフ、
断崖絶壁が広がるポイントへ移動しました。
高低差20m以上の崖の上から下を見下ろすと、海底がすごく遠いです。
陸の上なら下を見ただけで足がすくんでしまいそうですが、
海中では浮力に身を任せてフワフワと空を飛ぶように
崖から崖へ、軽々と移動することができます♪

石垣島 ファンダイビングの様子

くりぬかれたようにえぐれた崖の穴には
暗いところが大好きな“アカマツカサ”が群れを作っていました。
薄暗い所に隠れているので肉眼で見ると赤黒くしか見えませんが、
光が当たると、実際はとても鮮やかな赤い色をしているのが分かります。
こんなにきれいな色をしているのだから、
もっと外へ出て思いっきり泳いでくれたらきれいなのに!
…と思うのですが、本人たちはやっぱり穴の中がお好きなようです。
どんなに驚いた時でも、穴の中から出てこようとしませんでした(^_^;)

石垣島 ファンダイビングの様子

崖の途中に空いた洞窟に入ると、
何匹もの“カノコイセエビ”のヒゲが壁の穴から飛び出していました。
体の2倍以上はある長~いヒゲだけを穴の外へ出して、
センサーみたいに辺りの様子を偵察しているようです。

石垣島 カノコイセエビ

今回のおふたりのダイビング旅行最終日のポイントは、
砂地の白と透視度の高い海の青のコントラストがきれいなポイントへ。
大きな岩を覆い尽くすほどの“スカシテンジクダイ”がキラキラして、
太陽が差し込んで真っ白に光る砂地にとても映えていました。

石垣島 ファンダイビングの様子

鼻の穴の周りに花びらを飾っているような“ハナヒゲウツボ”。
他のウツボにはないこのかわいい花びらは、何の役に立つのでしようか?
あまりエサを取るのが得意ではない彼らは、
ひょっとしてエサに見せかけて小魚をおびき寄せているのでしょうか?

しばらく観察していると、
ビョ~ンと体を伸ばして何度かアタックしていましたが、
残念ながら獲物にはすぐに逃げられてしまいました。
狩りが成功する様子は一回も見ることができませんでした…(^_^;)

石垣島 ハナビラウツボ

2日間のダイビングも無事終了です。
ポカポカ暖かくて快適に終えることができました♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.