ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海に出られました(^_^)/ナイトシュノーケリング

2012年10月2日(tue)カモメの足あと

台風通過時の強風がウソのように、
今日の石垣島は穏やかさを取り戻しましました。
よく晴れて気持ちのいいお天気になりました。
また台風20号が発生してしまいましたが
今回は西に逸れて行って石垣島には影響がなさそうです。

今夜はお友達同士でご旅行中のお客様とナイトシュノーケリングへ。
台風が通り過ぎてから、初めてのツアーです。
台風が通過してからいいタイミングでお越しいただきました(^_^)
みなさん、今回が初めてのナイトシュノーケリングとのこと、
夜の海の中ではどんな景色を見ることができるか楽しみですね♪

石垣島 夕暮れのビーチ

シュノーケリング自体が今回初挑戦の方もいらっしゃいましたが、
みなさん揃って順調に夜のサンゴ礁へと泳ぎ出すことができました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

まん丸なプニョプニョした体のフグたちは
そのかわいさからナイトシュノーケリングではアイドルです(^_^)
昼間は遠くからでもシュノーケラーの気配を感じると
すぐに遠くに泳ぎ去ってしまうくらいシャイな性格ですが、
眠っている間はすぐ近くまで近寄っても気付かずに眠っています(-_-)zzz
夜になると、まるで正反対に腹がすわったような性格になるようです。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

体長80センチはありそうな大きな“エンマゴチ”に会いました。
大きな体に強面の顔で近付くのを少しためらってしまいますが、
ど~んと、おとなしく眠っていて微動だにしませんでした。
もちろん起きていても穏やかな性格の魚で
攻撃を受けたりはしないのでご心配なく(^_^)
大きな目の上にパッチリ長いまつ毛のような皮弁があったり、
パッと見の外見よりもずっとかわいい魚です。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

“アザミカワハギ”は枝サンゴの隙間に滑り込んで、
端っこをガジッ!とかじりながら眠っていました。
流されないようにつかまっているのでしょうか(^_^)

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

夜になると巣穴から抜け出し活発に動き回るウツボたち。
大きな“ドクウツボ”もサンゴの隙間からヌゥっと顔を出していました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

“クマノミ”たちも、イソギンチャクの中で気持ちよさそうな眠っています(-_-)zzz
その周りを囲むように眠っている黒い体に3つの白いドットの魚は
ここに一緒に居候している“ミツボシクロスズメダイ”たちです。
イソギンチャクの真ん中に入って寝ていると
家主の“クマノミ”たちに怒られてしまうので
みんな隅っこの方でおとなしく眠っているようです(^_^;)
一匹だけ、大きな“ミツボシクロスズメダイ”が真ん中で寝ています。
このミツボシグループの中ではリーダー的存在なのでしょうか?

石垣島 ナイトシュノーケリング

のそのそ岩肌を歩くサザエも見つけました。
沖縄のサザエは本州に棲むサザエとは違って
角のようなトゲトゲがなくツルンっとしています。
“チョウセンサザエ”という種類です

石垣島 ナイトシュノーケリング

昼間は魚たちに食べられてしまわないように岩陰に隠れているウニたちも、
みんなが寝静まった夜には解き放たれたように自由にサンゴ礁を徘徊し始めます。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

今回の台風は勢力が今までの中ではかなり強かったので、
浅瀬のサンゴたちは大波を受けて折れてしまっているものが多くありました。
でも、台風が来なければ海水温が上がりすぎてサンゴも生きていけません。
悲しいですが、これも自然の営みなのでしょうか。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.