ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ夜の海の派手好きたち?/ファンダイビング・ナイトダイビング

2012年9月16日(sun)カモメの足あと

台風が沖縄を通過中、今日は1日風が強く波が高そうです。
こんな日は、影響の少ない島影のポイントでのダイビングです(^_^)

4日間のご日程でお越しいただいているお客様とのファンダイビング、
台風と同時にスタートして(!?)今日がとうとう最終日です。
お天気には恵まれませんでしたが、気を取り直して、
今日もいろんな生き物たちに会いに海底を目指しましょう♪

まずは石垣では珍しいソフトコーラルの群生するポイントへ。
不思議な形のサンゴがどこまでも続いていて、
花畑のようなちょっとメルヘンチックな(?)景色です。
グニュっとした柔らかい感触だけでなく、
見た目も他のサンゴとはだいぶ違います。

石垣島 ファンダイビングの様子

ソフトコーラルの群生の中にある“センジュイソギンチャク”。
いつもは触手を広げてゆらゆらと優雅に揺れているのですが、
今日は今までに見たことがないくらい縮んでしまっていました。
住人の“カクレクマノミ”たちも居場所が狭くなってしまって
困った様子でウロチョロしていてちょっとかわいそうでした(^_^;)

石垣島 ファンダイビングの様子

続いては洞窟の中の探索へ。
おなかを上にして背泳ぎをする“ツバメタナバタウオ”がいました。
他の一般的な魚たちとは逆向きに泳ぐ、ちょっと変わった魚です。

石垣島 ファンダイビングの様子

かっこいい貝殻のヨロイを装備したヤドカリを発見!
これだけ強そうなら、大きな魚に襲われても大丈夫そうです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

ポンポンのようなちっちゃいイソギンチャクを持って
チアリーダーのように振りかざしこちらをけん制する“キンチャクガニ”。
必死に身を守る本人の思いとは裏腹に、とってもかわいいダンスのようです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

“ハマクマノミ”が棲む“タマイタダキイソギンチャク”が群生して
このあたりはさながらクマノミアパートのようになっています。
あちこちにある“タマイタダキイソギンチャク”の中から
ペアの“ハマクマノミ”がちょろちょろ顔をのぞかせています。

お隣さん同士でそれぞれの部屋を行き来していますが、
実は、あまり仲が良くないコたちもいるようです(^_^;)
隣のお宅に近づいただけで、ツンツンつつかれてしまうコもいました。

石垣島 ファンダイビングの様子

この近くには“アオサンゴ”が群生しているところがあり、
ここのポイントでもいくつかその姿を見ることができました。
“アオサンゴ”という名前から青いきれいなサンゴを連想しますが、
実際は、見た目が茶色のちょっぴり地味なサンゴです。
ではなぜ“アオサンゴ”と呼ばれているかというと、
この茶色い外見の中にある骨格が青いからだそうです。
普通のサンゴの骨格は真っ白です。
※写真は、上が普通のサンゴ、下が“アオサンゴ”の骨格です。

石垣島 ファンダイビングの様子

ゴツゴツした岩に紛れるように、
ハンドボールほどもある大きな“夜光貝”を見つけました!
ここまで成長するには、どれくらいの時間がかかったのでしょうか?

石垣島 ファンダイビングの様子

台風が遠ざかるに従って、除々に風がおさまってきました。
最近は雲が多くて水平線に沈む夕日もご無沙汰でしたが、
今日は久しぶりにきれいな夕日を見ることができました♪
そのまま日没を待って、ナイトダイビングのスタートです!

石垣島 石垣島の夕日

毒を持つ沖縄の海の危険生物として有名な“オオマルモンダコ”ですが、
意外と海の中では会う機会が少ない珍しいタコです。
毒がある…危険生物…と言うとすぐに怖がられますが、
向こうから襲ってくることはないのでご心配なく。
500円玉に乗っかるくらいのミニサイズがかわいいです(^_^)

石垣島 ナイトダイビングの様子

普段もきれいなブルーのドット模様がありますが、
緊張したり危険を感じたりすると、
一瞬でより鮮やかな紺色とチョコレート色に変わります。
「僕は毒を持っているから、近付くと痛い目にあうよ!」と
相手に警告しているのかもしれませんね。

石垣島 ナイトダイビングの様子

暗い海の中で、水中ライトの灯りに誘われて、
こちらもきれいな色の“アオリイカ”が近付いてきました。

石垣島 ナイトダイビングの様子

夜の海のかわいいレギュラー“ミミイカ”の仲間にも会いました。
ライトの光に驚いて、モショモショモショッと砂の中に潜って行きました。
大人になってもパチンコ玉くらいの大きさしかないかわいイカですが、
今夜はさらに小さい米粒くらいの赤ちゃんに出会うことができました。

石垣島 ナイトダイビングの様子

岩の隙間で眠っていた“ミナミハコフグ”。
尾ビレをクルンと丸めるお得意のポーズで眠っていました(-_-)zzz

石垣島 ナイトダイビングの様子

海草を体中にくっつけて、夜の海を徘徊する“シラヒゲウニ”。
あまり上手なカムフラージュとは言えないような気がしますが(^_^;)
これでも身を守るのには役立っているのでしょうか?

石垣島 ナイトダイビングの様子

岩陰では“キリンミノカサゴ”が眠っていました。
好みにうるさいのか、限られた環境にしか棲まないので、
同じミノカサゴの仲間の中でもなかなか見る機会がありません。

石垣島 ナイトダイビングの様子

大きな“ヒトツラハリセンボン”にも会えました。
寝ぼけた様子でフラフラしながら泳ぎ去っていきました。
よく寝ていたところを起こしてしまったようです…ごめんね(>_<)

石垣島 ナイトダイビングの様子

台風が去ったばかりでやや波は高かったのですが、
今夜も無事にたくさんの夜の景色に出会うことができました。
明日にはもう少し風がおさまってくれそうです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.