ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ個性豊かな魚たち(^_^)
/シュノーケリング ファンダイビング

2012年9月13日(thu)カモメの足あと

今日もいいお天気、気持ちよく晴れた石垣島です。
海の中にも陽の光がたっぷりと降り注いで、
水面に浮かんでいる船の影が海底に映っていました。

お客様はカップルでお越しのおふたり様です。
今日は初めてのダイビングとシュノーケリングに挑戦されます(^_^)
海底に白い砂地が広がりサンゴの山が点在するポイントで
まずはダイビング体験からスタートしましょう。
水面での事前練習はすべて順調にクリアされ、
海底にもスムースに到着することができました♪

石垣島 ダイビング体験の様子

海の中では、“デバスズメダイ”が朝食の真っ最中でした。
みんな元気よくサンゴの山から飛び出してきて、
プランクトンが多く流れてくる水面近くまで上がって行きます。

石垣島 ダイビング体験の様子

海中トンネルの中ではおもしろい魚たちに会いました。
三角の体にピンと立てた背びれが特徴の“ミナミハタタテダイ”や、
普通の魚と違ってお腹を上に向けて泳ぐ立ち泳ぎの名人“アオギハゼ”など
ちょっと暗いトンネルの中を好む生き物たちを見ることができました。

石垣島 ダイビング体験の様子

海底からの景色を見た後は、
サンゴの山のてっぺんの景色を見に行きましょう。
ポイントを移動して、次はシュノーケリングです♪

石垣島 シュノーケリングの様子

海に潜って見る景色と、水面に浮かんで見下ろす景色。
同じ石垣島の海なのに感じ方がまったく違うのが不思議です。
ダイビングでは周りを囲まれるようにして一緒に泳いだスズメダイたちが、
シュノーケリングではサンゴの山を覆う花吹雪のように見えます(^_^)

石垣島 石垣島の夕日

台風の動向がそろそろ気になりますが、
今朝はまだまだコンディションのいい海で泳ぐことができました。

お昼からは、ご到着されたばかりご夫婦のお客様と
さっそく港へ向かってファンダイビングに出港しました。
4日間のダイビング旅行がスタートです♪

“センネンダイ”という珍しい魚に会いたいとおっしゃっていたので、
以前一度会ったことのあるポイントへ行って探してみることに。
前回見掛けた岩山の周りを隈なく探しましたが、
残念ながらどこかへ旅立ってしまった後のようです(-_-;)
先に棲んでいた“アヤコショウダイ”に追いかけまわされていたので、
いじめられてここには居辛くなってしまったのかもしれません…。

“センネンダイ”と入れ替わりにやって来たのか、
今日は小さな“ハナゴンベ”の赤ちゃんが泳いでいました。

石垣島 ファンダイビングの様子

“マルスズメダイ”の頭の上に帽子のような黒いコブがあります。
この謎の物体は、“ウオノエ”という寄生虫だそうです。
“ウオノエ”は他の魚たちがいても、
なぜか“マルスズメダイ”にしかくっつきません。
しかも、子どもには小さいのが付いて大人には大きいのがついて、
“マルスズメダイ”のサイズに合わせてくっつくのも不思議です。
かわいい“マルスズメダイ”に似合っていない帽子を
無理やり被せられているようでちょっとかわいそうです…。

石垣島 ファンダイビングの様子

クルンッとシッポを丸めたポーズで泳ぐ“イロブダイ”の赤ちゃん。
このポーズをとる魚は結構いるのですが、何か意味があるのでしょうか?

石垣島 ファンダイビングの様子

次は、海中トンネルや洞窟がたくさんあるポイントへ。
大きな岩が重なるようにしてできた薄暗いトンネルの中には、
天井に開いた穴から青い光がカーテンのように射し込んでいます。

石垣島 ファンダイビングの様子

人ひとりがやっと入り込めるような通路を泳いで通り抜けたり、
“イセエビ”か隠れている狭い穴の奥を水中ライトで照らして観察したり、
海底のトンネルや洞窟の中ではドキドキする探検気分で楽しめます♪

石垣島 ファンダイビングの様子

まるで人工的に作られたかのように
真っ直ぐに削られた天井のあるトンネル。
自然の力によってできた不思議な景色です。

石垣島 ファンダイビングの様子

洞窟の出口付近で見つけた“キスジカンテンウミウシ”。
洞窟の暗闇がバックだと、黄色い筋がより一層鮮やかに見えます。

石垣島 ファンダイビングの様子

トンネルの天井にある岩のくぼみに
ダイバーが作った空気の泡が溜まって留まっています。
その泡が鏡のように反射して、海底の様子を映していました。

石垣島 ファンダイビングの様子

いつも石垣島にダイビングにいらっしゃる時は、
一日たっぷりダイビング三昧で過ごされているおふたりです(^_^)
今回も、ご到着日以外は日中のダイビング+ナイトダイビングのご予定でした。

ご到着日の今日はナイトダイビングはされないご予定でしたが、
台風の接近で明後日以降は夜の海の波が高くなることが予想され、
ナイトダイビングはできない可能性があるので、
比較的穏やかな今夜のうちにナイトダイビングを行うことになりました。

暗くなった夜の海の中、海底の岩肌をライトで照らすと、
巣穴からひょっこり顔を出す“フタイロカエルウオ”を見つけました。
目はパッチリと開いていますが、実は熟睡中です(-_-)zzz
魚は瞼がないので、眠る時も目を閉じません。

石垣島 ナイトダイビングの様子

枝サンゴの隙間に集まって眠るチョウチョウウオたち。
周辺には他にも枝サンゴはたくさんあるのに、なぜか決まったサンゴが人気です。
何か、魚たちにしか分からない人気の秘密があるのでしょうか?

石垣島 ナイトダイビングの様子

岩の窪みでは“ツノダシ”が眠っていました。
昼間は鮮やかな黄色と目の上の濃い黒のラインが特徴的な魚ですが、
夜はそれぞれの色が薄くなり、まるで別の魚のようになってしまいます。
眠っている間は無防備になるので、この方が暗い海の中では目立たないのでしょうか?
夜になるとパジャマに着替えたかのように変身するのでおもしろいです(^_^)

石垣島 ナイトダイビングの様子

岩陰に隠れて眠っているのは“ヒフキアイゴ”です。
このコも“ツノダシ”と同じように、
昼間より色の薄い夜のパジャマに着替えます。
近付いても気づかずにジッと熟睡中です(-_-)zzz

石垣島 ナイトダイビングの様子

今夜はサンゴの産卵に遭遇しました。
流れに乗ってやってくるピンクの粒々を見つけたので、
それをさかのぼって追って行ってみると…
精子と卵子が詰まったピンクのバンドルをたくさん放つサンゴに辿り着きました。

石垣島 ナイトダイビングの様子

台風が近付いてきます。
無事4日間のダイビングをお楽しみいただけることを祈りつつ、
満天の星空を眺めながら今日のダイビングは終了です。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.