ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ水色のカーテン/ダイビング体験・シュノーケリング

2012年9月8日(sat)カモメの足あと

今日も朝からいいお天気の石垣島です(^_^)
やや波はありますが、青空が広がって海に出るのも気持ちいいです。

今朝は、初めてスキューバダイビングに挑戦されるカップルのお客様と出港です。
海の透明度もよく、コンディションもなかなかです(^_^)
海底へ到着すると、ちょうど“デバスズメダイ”たちの朝食タイムでした。
ブルーの海と“デバスズメダイ”たちの水色がきれいです♪

数えきれないほどの“デバスズメダイ”たちが同じ場所に集まり、
あっちへこっちへみんなが元気に泳ぎ回るにぎやかな朝食風景!
プランクトンを食べる口がパクパクパクパク、止まらないようです(^_^)
夏の朝の海ではお馴染みですが、これが見られるのも今の季節限定です。
冬になると少し数が減り、水温が下がって魚たちも少し大人しくなるので、
今のうちにぜひご覧いただきたい石垣の海のオススメ景色です(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

ダイバーの気配を感じてサンゴの山の向こうからやってきた“ヤシャベラ”。
鮮やかな色の沖縄の魚たちの中でも、ひと際目立つ派手な朱色が目印です。
ヘビメタバンドのアイメイクのような目の周りの模様もチャームポイント!?
ちょっぴり強面ですが、人懐っこく遊びに来てくれるかわいい性格です(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

“カクレクマノミ”たちが棲むサンゴの山にも行ってみました。
棲み家であるイソギンチャクに近づいてくると、
隙間からチラチラとオレンジ色のヒレが見え始めます(^_^)
今や人気者ですっかり見慣れている“カクレクマノミ”ですが、
実は“ヤシャベラ”にも負けないくらい派手な魚の一種ですよね。
個性的なオレンジと白のツートーンカラーの模様から、
英名は『Clown Anemone Fish(=ピエロみたいなクマノミ)』と付けられたそうです。
そういえば、確かにピエロの衣装のようなポップな色のかわいい模様です(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

切り立った大きな岩に挟まれた海底トンネルを通り抜けました。
海中トンネルの中には、2匹の“ウケクチイットウダイ”が棲んでいます。
最近ここに引っ越してきたのですが、いつもツンツン突き合っています。
ケンカしているのか?仲良く寄り添っているのか?
とにかくいつも2匹一緒に泳いでいます(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

初めてのダイビングも無事終了!
今日は水中写真の撮影にも挑戦されたので、
帰ってからチェックするのも楽しみですね(^_^)

午後になると、太陽が海の真上に昇って暑くなってきました。
よく晴れた空の下、ご夫婦のお客様とダイビング体験へ出発です!

おふたりともスムースな潜行で無事に海底へと到着です(^_^)
まずは、いつものサンゴの山まで泳いで行ってみましたが…
朝はたくさん群れていたはずの“デバスズメダイ”たちが
この時間には1匹もいなくなってしまっていました。

辺りを見回すと、彼らがいたのはこのサンゴの山の裏側。
午前と午後では潮の流れが変わるので、
群れが集まる場所も朝とは反対の位置に移動していました。

石垣島 ダイビング体験の様子

砂地の真ん中にポツンと巻貝がいました。
貝殻の隙間からカタツムリのような目を長~く伸ばして
キョロキョロとこちらの様子をうかがっていました。

石垣島 ダイビング体験の様子

次のサンゴの山を目指して砂地の上をさらに泳いでいると、
遠くの方から“シチセンムスメベラ”がやってきました。
丸い目をクルクル動かして、ダイバーの手の動きを追うのに必死です。
ダイバーが動くたびに海底の砂が舞い上がるので、
その時に小さなエビやカニが一緒に出てこないか探しているようです。
苦労せずにエサを手に入れようとする魚たちの知恵です。

石垣島 ダイビング体験の様子

小さな“テンス”の赤ちゃんを見つけました。
ゆるいウネリに合わせるようにフワフワとのんきに泳いでいましたが、
ダイバーの気配に気がつくと、ピュン!と砂の中に潜って姿を消してしまいます(+_+)
まるで海の忍者のような早業です。

石垣島 ダイビング体験の様子

おふたりの石垣島海中観光は無事終了です(^_^)
陸での観光も、お気をつけてまだまだお楽しみくださいね♪

おふたりで石垣島をご旅行中のお母さんと娘さんと
夕方の海へシュノーケリングに出掛けました
この時間でもまだまだ太陽の光がサンサンと降り注いでいます♪

今日はいつもにも増して、たくさんの魚たちが集まっていました。
数種類のスズメダイや“グルクン”の子どもに“キビナゴ”の赤ちゃんたちなど
みんな大集合で、シュノーケリングで泳ぐスペースがないくらいでした!

石垣島 シュノーケリングの様子

目の前は“デバスズメダイ”の群れで水色のカーテンができていました。
魚をかき分けて泳ぐちょっと珍しい経験ができました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

海底をヒラヒラ泳ぐ“ハナミノカサゴ”も見つけました♪
小さな魚たちの群れに誘われてやってきたのでしょうか?

石垣島 シュノーケリングの様子

海底には、同じオコゼの仲間の“ヒメオノオコゼ”がいました。
ふんわり優雅に泳いでいた“ハナミノカサゴ”と違って
こちらは落っこちている石?と見間違えてしまいそうです。
あまり泳ぐのが得意ではないので、ゆっくり海底を歩いていました。

石垣島 シュノーケリングの様子

お生まれが海の近くというお客様。
「シュノーケルをつけて泳ぐのはあまり得意ではないけれど、
海で泳ぐのは得意なの」ということで、
最後はシュノーケルを外して水泳で泳いでいらっしゃいました。
何も使わない方が慣れていて上手に泳げるようでした(^_^)

庭の“カンヒザクラ”が花を咲かせていました。
普通は、年を越した頃から咲き始めるはずなのですが…。

石垣島 カンヒザクラ

寒い頃に緋色の花が咲くことから“カンヒザクラ (寒緋桜)”と名前が付いたそうで、
冬になり葉が落ちると、「そろそろ春が来るのかな?」と花を咲かせるのですが…
先日の台風で葉を飛ばされて、季節を勘違いしてしまったのでしょうか(^_^;)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.