ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメものまね名人/ダイビング体験

2012年8月21日(tue)カモメの足あと

少し雲が多いものの、今日も太陽が昇り青空です。
海の色も青空に負けないくらい青くて、気持ちのいい朝です。

カップルで石垣島をご旅行中のお客様。
彼女はこれまでにもダイビング体験をされているそうですが、
彼は今回初めてスキューバダイビングに挑戦です!

今までのダイビングは足の着くような浅瀬のビーチだったそうですが、
今日は船で沖まで出て、水深5メートルのポイントで潜りましょう♪
前回のダイビングから少し間が空いているということもあるので、
まずはおふたり一緒に、簡単なスキルの復習をしてからスタートです。

まずは、力を抜いて海に浮く練習です。
簡単に見えますが、実はこれがとても大切で一番のコツです。
無駄な力を抜くことで、海の中でも楽にバランスを保てるのです。

石垣島 ダイビング体験の様子

今回が初めての彼も問題なくスムースに潜ることができ、
あっという間におふたりとも無事に海底に到着できました(^_^)

船の下でまず迎えてくれた景色は、
思わず見とれてしまうほどの“デバスズメダイ”たちの乱舞です。
今年のはじめに群れに加わった子どもたちも成長してきて、
群れの規模はこれまでで最大級です!
1年の中で今が一番数の増える季節です。

石垣島 ダイビング体験の様子

はじめから終りまで、ず~っと後をついてきた“クサビベラ”。
口からハミ出すくらいの牙の様な長い歯が出ていて一見恐い顔をしていますが、
ダイバーのそばを楽しそうに泳いでくれるとても人懐っこくて優しい魚です(^_^)

石垣島 クサビベラ

夫婦でイソギンチャクの中に暮らす“ハマクマノミ”。
メスとオスとでは、体の大きさも性格もまったく違います。
メスは、オスより一回りも二回りも大きな体で、
度胸が据わっていて好奇心旺盛でちょっぴり勝気な性格です。
イソギンチャクの家へお邪魔すると、出てくるのはいつもメスばかり。
一家の大黒柱として、やってきたダイバ―を吟味しているのでしょうか?
オスの方はというと…触手の間から控えめに顔をのぞかせ、
かわいらしくこちらの様子をチラっとうかがっているようです(^_^;)

石垣島 ダイビング体験の様子

海中トンネルの中では、立ち泳ぎが得意な“アオギハゼ”の群れが
胸ビレをヒョイヒョイと動かして、前進したり後退したりと器用に泳いています。
姿形はごくごく普通の魚なのに、全員が頭を空に向けている光景はちょっと不思議です。

石垣島 ダイビング体験の様子

このところよく出没している“ヒメオニオコゼ”。
普段は砂の中に潜って目と口だけを外に出して隠れているので、
見つけることはなかなか難しいのですが…
最近はチョコチョコと砂の上を歩いている様子をよく見かけます。
頑丈で強そうな尾びれを持っているのにそれは使わず、
胸ビレを足のように使って砂地の上をゆっくり歩きます。
魚なのに、泳ぎが苦手な“ヒメオニオコゼ”です。

石垣島 ヒメオ二オコゼ

今日はもう1匹、不思議な魚に会いました。
パッと見ただけではこれが生き物とは気づかず、
海底に落ちている枯れた海草の切れ端と思って見過ごしてしまいそう…
でもよく見るとつぶらな瞳もあって、“カミソリウオ”だと分かります。
動きと姿で、見事に海草そっくりに擬態しています。
フワフワ~ユラユラ~、つかみどころのないその泳ぎはまさに海草そのもの!
モノマネチャンピオンです(^_^)

石垣島 カミソリウオ

台風接近で風が強まる中、無事潜ることができました。
今日もたくさんの海の景色に出会うことができました♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.