ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ向こうが霞むほど!
/ダイビング体験・ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2012年8月16日(thu)カモメの足あと

台風13号の接近に伴い、少し波が高くなってきた石垣島の海。
昨年は台風の接近は少なかったような気がしますが、
今年はコンスタントにやって来ているようです(^_^;)

お客様はカップルで石垣島をご旅行されているおふたりです。
おふたりとも少し緊張されているようで
船の上での練習の時は硬い表情をされていましたが…
いざ潜り始めて海底に着いてしまうと、
水を得た魚のように(!?)スイスイと泳いでいらしゃいました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

水中カメラでお互いを撮影し合ったり近付いてきた魚たちと遊んだり。
最初の緊張はすっかりどこかへ行ってしまったようです(^_^)
砂をワサワサしてあげると、“シチセンムスメベラ”が喜んでいました。

石垣島 ダイビング体験の様子

これまでの明るかった開けた砂地の上とは雰囲気の違い、
少し薄暗い海中トンネルの中を通り抜ける時はワクワク冒険気分です♪

石垣島 ダイビング体験の様子

60分間のダイビングも無事終了!
たくさん泳いで、いろんな海の景色に会うことができました(^_^)

午後からは年に数回石垣島にダイビング旅行にいらっしゃるお客さまとファンダイビングへ。
以前は頻繁に潜られていたもののしばらくブランクができてしまったそうですが、
昨年久しぶりに潜って海の楽しさを再認識、再びダイビングをスタートされました(^_^)

毎回、初日の1本目のダイビングでは耳抜きができにくいということなので、
まずは耳抜きの回数が少なくて済む浅瀬のポイントからのスタートしましょう。

スケルトンな体の“スカシテンジクダイ”たちの群れには、
この夏新たにシラスほどの大きさの赤ちゃんたちが加わりました。
あまりに数が増えて大きな群れになって、1匹1匹は透明なのに…
群れの裏側にいるとダイバーが霞んで見えなくなるほどでした(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

ウネウネした軟らかい変わった形のソフトコーラル。
固い骨格を持たない柔らかいサンゴの仲間です。

石垣島 ファンダイビングの様子

目だけをピョコンと出して様子をうかがっていた“ヤッコエイ”が
ダイバーの気配に驚いたのか、砂の中から這い出してきました。

石垣島 ファンダイビングの様子

赤い顔をしたシマシマ模様の“ヤシャベラ”と
白いおなかで目の上に2本のスジのある“フタスジタマガシラ”。
どちらもとても人なつっこい性格の2匹は
しばらくの間ダイバーの周りをクルクル泳ぎ回っていました(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

潮の干満で海の中に流れが出る時間帯です。
流れが当たる山の片側にはたくさんのスズメダイたちが集まっています。
満潮の時は山の右斜面に、干潮の時は左斜面に。
潮の流れに合わせて、群れが居る位置は変わります。
山のてっぺんには“グルクン”の子どもたちが集まり、
川の流れのように長~い群れの列を作っていました。

石垣島 ファンダイビングの様子

本当に不思議なことに、サンゴの山の裏側へ行くと、
さっきはあんなにたくさんいたはずのスズメダイたちの姿が見られません。
一匹も、潮の流れと群れの動きに置いて行かれたコはいないようです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

サンゴの山の大部分を構成する枝の短いサンゴとは少し形が違う、
山の麓に群生するこちらのサンゴたちは長~い枝を伸ばして
海底に這いつくばるような少し変わった形をしています。

石垣島 ファンダイビングの様子

今日は午前中に早めに石垣島入りをしてダイビングに備えていたそうです。
その甲斐あってか、いつもより1本目の耳抜きがスムースにできたようです(^_^)
今日から3日間のダイビング旅行、初日は無事終了です♪

今夜はナイトシュノーケリングへ出かけました。
お友達同士で石垣島ご旅行中のみなさんと、今日はビーチからの出発です。

昼間はおとなしく隠れていてあまり姿を見ることのない生き物たちも
夜の暗くなった海では、外に出てきて活発に活動を始めます。
こちらは、穴から這い出して来たウニの仲間“ガンガゼ”。
長~い針をユラユラと動かしながらエサを探しているようです。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

ヒトデといえば、一般的には星形のイメージですが…
ちょっと不思議な形のヒトデの仲間“マンジュウヒトデ”に会いました。
名前の通り、まん丸なおまんじゅうのような形をしています。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

こちらもまん丸な“コクテンフグ”。
海の真ん中であまりに無防備に熟睡しているので、
寝ているところをそっと持ち上げてみると…
ちょっとビックリしたのか、さらにまん丸に膨らみました!
ふわりと手を放すと、ス~っと海底の寝床に戻っていきました。
まだまだ寝ぼけていたようで、またすぐに眠りについたようです(-_-)zzz

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

さらにこちらもずいぶん無防備に眠る“ヒトツラハリセンボン”。
何も隠れる場所のない開けた場所で堂々と爆睡しています。
いざという時には全身の針を立てて身を守ることができるので、
わざわざ狭い岩陰などには隠れる必要がないのでしょうか?

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

ウツボも巣穴からニョロニョロと抜け出してエサを探していました。
昼間はとても警戒心が強く、いつも穴に隠れて顔だけ出しているのですが、
夜になってみんなが寝静まると大胆に穴から這い出してきて泳ぎます。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

“ヨコシマタマガシラ”は岩の窪みにチョコンと収まって眠っています(-_-)zzz

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

昼間は岩陰に潜んであまり表には出てこないカニの仲間たち。
“モクズショイ”も夜の海では元気に歩き回っています。
体中にカイメンや海草をくっつけて見事な擬態をして
岩の上にいると周りに溶け込んで見分けがつかないほどですが、
それでも、昼間は魚に襲われないように警戒して岩陰に隠れています。
夜になると岩の上をモゾモゾと歩きまわる様子を観察することができます。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

リクエストをいただいていた“夜光虫”は
淡い緑の光で海の中に満天の星空を作り出していました。
晴れた雲の切れ間からは、たくさんの星座も見ることができました♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.