ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメのんびり台風/ファンダイビング

2012年8月7日(tue)カモメの足あと

今年の台風は移動速度が遅く、影響が長引くことが多いようです。
今回の台風11号も当初の予報よりかなりゆっくりペースで進み、
石垣島はまだ影響を受けていて今日も風が強く波が高いです。

お客様は、ご予定では今日から波照間島でダイビングのはずでしたが、
残念ながら、波照間島行きのフェリーは欠航に・・・。
波照間島はお預けとなってしまいましたが、今日は石垣島の海で楽しみましょう!

「おもしろい地形の中を潜りたい」とリクエストをいただき、
洞窟やトンネルがある海底の地形の入り組んだポイントからスタート!

石垣島 ファンダイビングの様子

大きな岩山の山肌を一面すべて覆い尽くすように
たくさんの“ソフトコーラル”たちが群生しています。
見渡す限りウネウネとユニークな形の“ソフトコーラル”が広がり、
他のポイントにはないちょっとメルヘンチック?な景色です。

石垣島 ファンダイビングの様子

今日はいろんな場所で、たくさんの“カクレクマノミ”に会いました。
その中で、このイソギンチャクに棲む“カクレクマノミ”は、
大きなおうちにはちょっぴり似合わない小さな体。
大豪邸の中で優雅に暮らすセレブのようです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

サメやウミガメ、マンタなど大きな生き物たちのそばに
ぴったりくっついて暮らしている“コバンザメ”ですが、
このコは迷子になってしまったようで、新たにくっつく相手を探しているようです。

頭の上には、名前の由来である小判型の吸盤があります。
とても吸着力が強く、一度くっつくとなかなか離れないそうです。
海外ではこの“コバンザメ”にヒモを付けて海に放し、
他の魚にくっつかせて捕まえる漁法もあるとか・・・。

石垣島 ハマクマノミの夫婦

なかなか頼りになるくっつき相手が見つからないようで、
ずっと不安げにダイバーの後ろをチョロチョロと泳いでいましたが・・・
「何か違う(^_^;)」と気付いたようで、どこかに泳ぎ去って行きました。

石垣島 コバンザメ

洞窟の奥の窪みに、大きな体の“ヒトツラハリセンボン”が隠れていました。
「見つかっちゃった!」と言っているような上目使いがかわいいです(^_^)

石垣島 ヒトツラハリセンボン

まだまだ台風の影響が残る午前中の海でしたが、
無事石垣島初ダイビングを終えることができました(^_^)

午後からのお越しいただいたお客様も、
申し込んでいたダイビングツアーがキャンセルになってしまったそうで
朝、急きょご連絡をいただきました。

以前沖縄本島でダイビングをされた時も台風の後で、
波が高く船酔いされてしまったとのことです・・・。
今日は酔い止め薬を飲んで、対策もバッチリだそうです(^_^)

1本目のポイントは台風のウネリの影響で海底の砂が巻き上がり、
視界があまり良くありませんでしたが・・・
2本目のポイントへ移動すると、こちらは透視度が回復!

“アカヒメジ”や“ヨスジフエダイ”、“ロクセンフエダイ”たちの群が
ブルーの海に大きな黄色いアーチを作って出迎えてくれました♪

みんな黄色なので同じ魚のように見えますが、
よ~く見ると、“アカヒメジ”にはヤギのようなヒゲがあり、
“ヨスジフエダイ”は体のブルーのラインが4本、
よく似た“ロクセンフエダイ”はブルーのラインが6本です。

石垣島 ファンダイビングの様子

今年はいろんなところでよく会う“ハナミノカサゴ”。
他の魚の赤ちゃんたちが増えるこの季節は、
それを狙う“ハナミノカサゴ”たちの数も多くなります。

石垣島 ハナミノカサゴ

“グルクン”の子どもたちもスクスク育っています!
春ごろに初めて見た時よりも、3倍ほどの大きさになりました(^_^)
ここに棲みついているのは小さな子どもの間だけで、
成長して上手く泳げるようになると、ここを離れて回遊し始めます。

石垣島 グルクンの子ども

大きな岩のような“ハマサンゴ”を牛耳る“アザハタ”は
ここに棲む魚たちの頂点に君臨する王様です。
パカッと口を開くと、家臣の“アカシマシラヒゲエビ”が口の掃除をはじめます。

石垣島 アザハタとアカシマシラヒゲエビ

“アザハタ”のマネをしてサッと手を差し出してみると、
“スザクサラサエビ”が手の上に乗っかって甘皮の掃除をしてくれました(^_^)
この“アカシマシラヒゲエビ”や“スザクサラサエビ”などは
クリーナーシュリンプと呼ばれていて、魚たちの体の掃除屋さんです。
体に付いた汚れや虫などを取って食べてくれます。

石垣島 ファンダイビングの様子

好奇心旺盛な“ヒトスジモチノウオ”。
いつもはこちらが魚たちを観察する立場ですが、
彼らは近付いてきてこちらをジ~っと見てくるので、
なんだか立場が逆になったような変な感じです(^_^;)

石垣島 ヒトスジモチノウオ

海底にゴロンと落ちている、しいたけの裏側のような唇のような物体・・・
こう見えても、“クサビライシ”というサンゴの仲間です。

石垣島 クサビライシ

午後になり、少し海況が落ち着いてきました。
楽しみにしていたダイビングが無事にできてよかったですね(^_^)

港へ帰ると珍しい“タコクラゲ”が泳いでいました。
夏になると時々港に現われる珍客です。

石垣島 海中トンネル

除々に台風も遠ざかり、海況が落ち着いてきました

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.