ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ台風が去りました/ファンダイビング

2012年8月3日(fri)カモメの足あと

台風9号が去ってホッとひと息。
直撃ではなかったので思ったほど風は強くならず、
街の様子を見てもそれほど大きな被害はなかったようです。
朝方はまだ風があり波も高かったので、
今日のファンダイビングはビーチからとなりました。

石垣島 今日の空模様

石垣島ご旅行中のご夫婦のお客様は、
今回の台風の接近とおふたりが石垣島にいらしたのが
ちょうど同じタイミングになってしまったとのこと・・・。
滞在中は、ほとんどホテルの中でDVDを見て過ごされたそうです(^_^;)

せめて1日くらいは海で・・・!
おふたりともライセンスの講習を受けられて以来、
奥さんは2年ぶり、ご主人は4年ぶりのダイビングで、
今回が初めてのファンダイビングだそうです。
「忘れてしまっていることも多いけど大丈夫かなぁ?」と心配されていましたが、
「こんな感じだったかな?」と足の着く浅瀬で少しずつ感覚を取り戻せました(^_^)

石垣島の周りをぐるり囲むようそびえるサンゴの壁を越えて、
深い水深の沖へと初ファンダイビングにスタートです♪

石垣島 ファンダイビングの様子

岩山のてっぺんにあるイソギンチャクの中から、
仲良く顔を出している“クマノミ”の夫婦。
イソギンチャクの周りをよ~く見ると、
ちっちゃな5mmくらいの赤ちゃんも見つけました(^_^)

石垣島 クマノミの夫婦

岩陰で、近くを通る小魚を狙っている“ハナミノカサゴ”。
長~いヒレを広げて小魚を追いこんでいます。
“ハナミノカサゴ”ご自慢のこの長い背ビレはきれいなのですが、
先端に毒がある針が付いているので触らないように注意してください。

石垣島 ハナミノカサゴ

洞窟の中も探検しました。
薄暗い洞窟の入り口を入る時は少しドキドキします!

石垣島 ファンダイビングの様子

洞窟の中には、長い触角で辺りの様子を探る“カノコイセエビ”が一匹。
突然の訪問者に驚いたてすぐに穴の奥に引っ込んでしまったので、
残念ながらみんなで観察することはできませんでした(^_^;)

石垣島 カノコイセエビ

もう一種類の洞窟の住人は、金色の“キンメモドキ”。
一匹一匹が時折水面から射し込む光を体に反射させて
向きを変えるたびにキラキラと輝いて星のようにきれいです。

石垣島 キンメモドキ

洞窟の出口で待っていてくれたのは、黄色い“ヨスジフエダイ”たち。
きれいな隊列を作って泳ぐ様子が、まるで1匹の大きな魚のように見えます(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

ライセンスを取って以来、念願だったファンダイビングも無事終了!
水面まで戻りシュノーケリングをしながらビーチへ帰っていると、
浅瀬の岩肌に“カクレクマノミ”が棲む“ハタゴイソギンチャク”がありました。
時々イソギンチャクの触手の中からピョコンと顔を出して、
夫婦そろって不思議そうにこちらの様子をうかがっていました。

石垣島 カクレクマノミ

海草の隙間に棲む、何千何万何億・・・という“ホシズナ”。
海藻にくっついたままジッとしていて砂のように見えますが、
こう見えても“有孔虫”という原生動物です。
星の形をした石灰質の殻の中に本体が棲んでいるそうです。

お土産屋さんで見かける星の砂は、中の本体が死んでしまって
ビーチに打ち上げられた殻を集めてたものです。

石垣島 ホシズナ

台風9号がやっと過ぎ去ったと思ったら、
今度は11号が発生して沖縄本島に近付いているようです。
石垣島へは近付いてこないようですが、
少し風が強くなって影響を受けるかもしれません。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.