ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ小さな家から/シュノーケリング・ファンダイビング

2012年7月16日(mon)カモメの足あと

日本の南にできていた熱帯低気圧が台風7号に成長しました。
今回は石垣島の方には向かってこないようですが、
大雨で被害を受けている九州の方へ影響が出てしまわないか心配です。

昨日はダイビングにお越しいただいたお客様が
引き続き今日はシュノーケリングに来てくださいました(^_^)
「きれいなサンゴ礁で泳ぎたい」というご希望で
今日は石垣島周辺でも有数のサンゴの群生地へ。

ポイントへ着いたら、さっそく海へと泳ぎ出しましょう♪
一面のサンゴ礁が広がる浅瀬からスタートです。

石垣島 シュノーケリングの様子

サンゴの山の周りを行ったり来たりしながら
ユラユラと泳いでいる“サザナミヤッコ”を見つけました。
名前の通り、砂浜に押し寄せるさざ波のような模様がきれいです。
成長するに従って模様が変わる魚なのですが、
このコの感じだと、今は子どもと大人の間の高校生くらいでしょうか(^_^)?

また、『ヤッコ』という種類の名前は、
エラ蓋の縁の下の方についているとんがったトゲの部分が
奴さんのヒゲに似ているから付けられたのだそうです。
(この写真ではヒゲはちょっと見えにくいのですが、
ヤッコダコの顔を思い出していただけると分りやすいでしょうか?)

サザナミヤッコ

まん丸のボールみたいに、こんもりと成長したサンゴの山。
ここにはたくさんの“リボンスズメダイ”たちが棲みついています。
遠目に見ると、たくさんの衛星を従えた惑星のような不思議な景色です。

石垣島 シュノーケリングの様子

いろんな魚の赤ちゃんたちの姿を見ることができる夏の石垣島の海。
今日は何千匹!?何億匹!?もの“トビウオ”の赤ちゃんたちが
サンゴ礁の奥の方で休んでいるのを見つけました。
ゆっくりと目の前を泳いでいく銀色の壁は圧巻です。

石垣島 トビウオの赤ちゃん

休憩を挟み、次は深い水深のポイントへ移動しました。
海の中の様子が変わり、こちらは山あり谷ありの素潜りに最適なポイントです。

石垣島 シュノーケリングの様子

お客様、水深6mの海底に何かを見つけたようです(^_^)

素潜り

素潜りで一気に近づいて見てみると・・・大きな“ドクウツボ”でした。
海のお掃除屋さん“ホンソメワケベラ”に体をクリーニングしてもらって
口をポケッと半開きにして、とても気持ちよさそうにしていました(^_^)

ドクウツボとホンソメワケベラ

少し泳いで移動すると、
今度は手が届きそうなくらい水深の浅いサンゴの山のてっぺんに来ました。
ここではサンゴの周りを泳ぐ魚たちの様子が間近で見られます。
水面からの光が十分に届いているので、
サンゴの色も深い水深より鮮やかに見えて眩しいくらいです。

シュノーケリングの様子

枝サンゴの隙間を群で移動する“テングカワハギ”。
逆立ち泳ぎをしながら、サンゴのポリプをツンツンと器用についばんでいます。

テングカワハギ

船の下に、“アオリイカ”の赤ちゃんがやってきました。
こちらも上手な逆立ち泳ぎで、ジッとハシゴの傍らに寄り添っています。
細いハシゴの手すりの陰にうまく隠れているようです。

石垣島 アオリイカ

午後からはファンダイビングへ!
お客様はお仕事で石垣にいらしたそうで、
今日はお休みを利用して2年ぶりの海へ出港です。

久しぶりということなので、
まずはやさしい浅い水深でのダイビングからスタート。
今日はお昼前にしばらくぶりに雨が強く降って雷も鳴っていたので
「できないんじゃないかと思っていた」とおっしゃっていましたが、
港を出る頃にはちょうど雨も止んで晴れ間が見られました(^_^)

ファンダイビングの様子

目の前を遮ってしまうほど一斉に近付いてくる
フレンドリーな“デバスズメダイ”たちの大群!
ブルーのカーテンを掻き分けるように、次のサンゴ山まで泳ぎます。

ファンダイビングの様子

2匹で寄り添って、仲のいい?巻貝の仲間。
追いかけっこをしていたような引きずった足跡が
ずっと後ろからつづいているので、
繁殖のための求愛をしているのでしょうか?

巻貝の仲間

1cm程のちっちゃな赤ちゃん“サカサクラゲ”も
このところいろんなところでよく見かけるようになりました。
ピコピコピコピコ・・・とても小さいので、
一度目を離すとどこに行ったのか分からなくなってしまいます(^_^;)

ファンダイビングの様子

久しぶりのダイビングは問題なく楽しんでいらっしゃるようです♪
感覚も取り戻せたところで、次は少し深い水深のポイントへ移動してみましょう!

こちらでは、潜ってすぐに大きな“ハナミノカサゴ”に会いました。
周りにいる他の“ハナミノカサゴ”たちは体調20cmほどなのに対して、
このコは30cm以上もある上に体の色も黒っぽくて貫禄たっぷりです!
外見にふさわしく、態度も堂々たるもの・・・!
ダイバーが近付いても気に留める様子もなく、ゆったり泳いでいました(^_^)

ファンダイビングの様子

岩の割れ目の中に棲んでいる“アカシマシラヒゲエビ”は
他の魚たちの体に付いた汚れなどを取ってあげる海のお掃除屋さん。
白くて長いヒゲをピコピコ揺らしながら、
ダイバーの指の甘皮もきれいに掃除してくれました。

ファンダイビングの様子

砂地の上を泳いでいると、モワモワと砂煙が立ち昇っている場所を発見!
砂に潜って隠れていた“ヤッコエイ”が
ダイバーの気配を感じて逃げ去って行くところでした。
そのまま隠れていたらまったく気が付かなかったのに・・・
慌ててちょっとフライングしてしまったようです(^_^)

ファンダイビングの様子

このポイントで潜る時は、必ず“ハマクマノミ”の赤ちゃんに会いに行きます。
ちっちゃなイソギンチャクの家の中から顔を出して、
こちらを見上げている様子がかわいいです。
これからも成長の過程を見守っていきたいと思います(^_^)

ハマクマノミ

今日は同じポイントで他の船のダイバーがたくさん潜っていました。
そのダイバーたちが作った泡が海底から水面を目指して昇って行き、
光を受けてキラキラ輝きながら泡のカーテンを作っていました。
海の中が、涼しげな夏の景色に変わります。

ファンダイビングの様子

サンゴを食ベてしまうということで、
大量発生すると問題になる“オニヒトデ”。
最近では、すっかり海の問題児であり邪魔者ですが・・・
他の魚たちにとってはごちそうでもあるようです。

大きな“ゴマモンガラ”がバリバリと豪快に“オニヒトデ”を食べ始めると
そのおこぼれを貰おうと“キツネウオ”や“チョウチョウウオ”、
“フタスジタマガシラ”や“クマドリ”などがあっという間に集まってきました。

ごちそうをひとり占めしたかった“ゴマモンガラ”は・・・
その後、“オニヒトデ”をくわえてどこかへ泳ぎ去って行きました(^_^;)

ゴマモンガラ

久しぶりのダイビングは無事終了!
「まだ上がりたくない!」と思えるような海の世界でした(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.