ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメいろんな種類が集まって/シュノーケリング・ダイビング体験

2012年7月13日(fri)カモメの足あと

朝からクマゼミの鳴き声が賑やかです。
今日はベランダのプルメリアの木にも1匹遊びに来ていて
幹に留まってジージーと元気に鳴いていました(^_^)

ご夫婦で石垣島をご旅行中のお客様。
今回は、ご主人のたってのご希望で
シュノーケリングツアーにご参加いただいたそうです。

石垣島 今日の海の様子

奥さんは泳ぎがあまりお得意ではないそうで、
もちろんシュノーケリングも初めてとのことです。
「上手にできるかな?」と心配されていましたが、
すぐに水中メガネやシュノーケルなどの器材にも慣れて
無事、おふたりそろって沖に泳ぎ出すことが出来ました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

船のすぐ下にある枝サンゴの隙間では、
たくさんの“デバスズメダイ”たちがエサを追いかけて泳いでいました。
大人たちに混ざり、赤ちゃんたちもしっかり流れに頭を向けて
エサのプランクトンを待ちかまえてパクパク食べているようです。
一回りも二回りも小さい体ですが、今日も元気いっぱい泳いでいます(^_^)

石垣島 デバスズメダイの赤ちゃんたち

浅瀬のサンゴ山のてっぺんにはサンサンと太陽の光が降り注ぎ、
黄色や紫に緑色と、陽の光をいっぱいに受けて鮮やかに輝いていました。

石垣島 シュノーケリング様子

奥さんをリードしながらスイスイと泳ぐご主人。
以前は素潜りもされていたそうで、久しぶりの素潜りにも挑戦!
「耳抜きがあまり上手くいかなかった」とおっしゃっていましたが、
久しぶりに潜った海の中を気持ちよさそうに泳いでいらっしゃいました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

サンゴの山の下は、大衆食堂のようなにぎわい!?
“ブダイ”や“アイゴ”や“ハギ”や“ベラ”が一堂に集まって
一緒になって岩肌に付いた藻を一生懸命かじり取っていました。
種類も大きさもそれぞれ違う魚たちですが、
エサを探すという目的のもとで大きな群を作って
他の魚が驚いて道をあけるほどの迫力で大移動しています(^_^;)

石垣島 草食魚の群

はじめはご主人につき合ってご参加されたという奥さんでしたが、
終わる頃にはご主人にも負けないくらい!?スイスイと泳いでらして、
初めての海の世界を満喫されていたようです♪
これからは、おふたりで海で楽しむ機会が増えるかもしれませんね(^_^)

午後からはつい先ほど到着されたばかりのお客様を空港でお迎えしてさっそく海へ!
初めてのスキューバダイビングに挑戦ということでしたが、
石垣ご到着後1時間もしないうちに海底で魚たちに囲まれました♪

水圧で内側へ押された鼓膜を元の位置に押し返す『耳抜き』。
「上手くできるかな・・・難しいな・・・」とおっしゃっていましたが、
すぐにマスターされてとてもスムースに海底まで潜ることができました♪
『耳抜き』は、水深が深くなるにしたがって耳の鼓膜を圧迫する水圧を
鼻をつまんで鼻息を吐いてその鼻息が耳の内側へ送られることで鼓膜を押し返し
元の位置へ戻す・・・と、説明するとちょっぴり複雑な仕組みなのですが、
何度か練習してコツさえ掴んでしまえば、意外と簡単にできます(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

もともとは警戒心が強い“カクレクマノミ”は
普段はイソギンチャクに包まっていてなかなか外まで出てきません。
今日はなんだかソワソワとイソギンチャクから飛び出して、
3匹で落ち着きなくチョロチョロと泳ぎ回っています。
最近は水温が上がって開放的な気分なのでしょうか?
夏になると人間だけでなく魚たちも
元気いっぱい外に飛び出したくなるのかもしれません(^_^)

石垣島 カクレクマノミ

海底トンネルの中は、たくさんの魚たちの良き隠れ家のようです。
“ハナミノカサゴ”や“アカククリ”、“ウケクチイットウダイ”に“ミナミハタタテダイ”など
ひとつのトンネルの中でもたくさんの魚たちに会うことができます。

石垣島 海底トンネル

貝に目があるなんて意外に思われるかもしれませんが、
種類によってはこんなにかわいい目があるコたちもいるのです。
砂地の上からニョキッと出してこちらの様子をうかがっています。
なんだか不思議な愛嬌がある目をしていますよね(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

「肩に力が入ってしまい、耳抜きがあまり上手く出来なかった」と
おっしゃっていましたが、充分しっかりできていましたよ(^_^)
初めてのダイビングは、無事、安全に終了することができました!

夕方からはお友達同士で八重山旅行にお越しのお客様とダイビング体験へ。
まだまだ明るくて暑いくらいの夕方の石垣島。
ポイントに着いて水面での練習のためにチャポンと海に浸かると、
日中の陽射しで温められた海水が温かで気持ちいいです♪

おひとりはこれまでに3回、ダイビングをされたことがあるそうです。
もうおひとりは水中メガネを着けるのも今回が初めてということで、
「息がしづらい!」とおっしゃっていましたが、少しずつ慣れてくると
陸上にいる普段通りのゆっくりした呼吸を取り戻すことができました(^_^)

海底まで無事に到着してしまえば、あとは不安感の克服だけです。
こちらも・・・時間がすぐに解決してくれました(^_^)
水面から海底を見ている時は高いところにいるような気がして不安になりますが、
一旦海底に着くと、なんだか陸の上にいる時とほとんど同じような感じがしてきます。
体も安定してきて、不安感はいつの間にかどこかへ行ってしまいます(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

海底トンネルの中を覗いてみると、
昨日まで2匹だった“アカククリ”に新たに2匹が加わって4匹に(^_^)
ポイントには日に日に新しい仲間たちが増えて
一層賑やかになる様子も夏の海の楽しみのひとつです。

石垣島 海底トンネル

砂地の上に落っこちている真っ黒な物体は・・・?
そっと触れると、プヨプヨ柔らかい“クロナマコ”でした。

石垣島 ダイビング体験の様子

そこかしこでサンゴのなかに隠れているスズメダイの赤ちゃんたち。
今年ポイントにやってきたばかりのこの小さな赤ちゃんたちを狙って
“ハナミノカサゴ”が岩影に隠れて身を潜めているようです。
スズメダイたちが近付いて来るのをジ~ッと待ち構えていました。

石垣島 ハナミノカサゴ

“デバスズメダイ”たちの群れは、夏になってますます大きくなっています!
大人たちもちっちゃな赤ちゃんたちも入り乱れて、
一斉に流れに向かってエサのプランクトンを追いかけています。
まさに乱舞と呼ぶにふさわしい、風に舞い散る花びらのように可憐な泳ぎです。

石垣島 ダイビング体験の様子

4回目のダイビングは、とってもスムースに上手に泳いでいらっしゃいました(^_^)
初めてのダイビングも、最初の頃の水中メガネの違和感を忘れるくらい順調♪
ダイビングはおふたりそろって楽しく終了することができました。
明日の夜は、ナイトシュノーケリングに出掛ける予定です。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.