ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ夕空の季節/シュノーケリング

2012年7月10日(tue)カモメの足あと

ここしばらくはずっと青空の日が続いていましたが、
今日は空全体に薄雲が掛り、陽射しも少し和らいだ気がします。

初めてダイビングに挑戦されるというお客様。
出発前の船の上での練習は問題なく済ませ、さっそくポイントへ向けて出港です!

ポイントに着いたら、海の上でもう一度練習した内容を復習します。
耳抜きと、水中メガネに水が入ってしまった時の対処法は問題なくクリアです。
いざ潜り始めると、1m→2mまでは「大丈夫」のOKサインでしたが、
2mを越えたころ・・・大きな×のサイン!!!
何だか呼吸が苦しくなり、息が吸えなくなってしまったそうです(>_<)

空気をたくさん吸い過ぎたのに吐く量が少なくなってしまうと、
肺の中に空気が溜まり、新しく吸った新鮮な空気が入るスペースがなくなってしまいます。
陸の上にいるような、いつも通りの呼吸を心掛けましょう(^_^)

呼吸を整えて、もう一度潜降開始!
今度は上手く息を吐くことができ、スムースに海底に到着です(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

“ハナミノカサゴ”が逆さまになって岩肌にペタリと張り付いています。
長いヒレを大きく広げて、ちっちゃなハゼを捕まえようと追い込んでいるところでした。

石垣島 ダイビング体験の様子

次のサンゴの山を目指して泳いでいると、
砂地の上に“テンス”の赤ちゃんがユラユラ泳いでいるのを見つけました。
近付いてみると、ビックリしたのか砂の中にピュン!と潜ってしまいました。
一瞬で消えてしまうようにアッという間にいなくなる、海の忍者です。

石垣島 テンスの幼魚

“ハマクマノミ”の夫婦の若いメスはいつでも好奇心旺盛!
ダイバーが近付いてくるとイソギンチャクから飛び出してきて
こちらの様子を興味深そうに観察し始めます(^_^)

石垣島 ハマクマノミ

水面からは太陽の光がキラキラと射し込んできれいです。
ダイバーの元に人なつっこく集まってくる“デバスズメダイ”たちも
日の光を浴びて一層鮮やかな水色に変わり、花吹雪が舞っているようです。

石垣島 ダイビング体験の様子

はじめは「どうなる事か!?」と思われたそうですが、
初ダイビングはすべて無事に終えることができました(^_^)

今夜はナイトシュノーケリングで夜の海へ出掛けました。
お友達同士でお越しいただいたお客様、昼間にはパラセーリングをされたそうです。
石垣島の空の景色を楽しんだ後は、夜の海の景色を見に行きましょう♪
今日は少し雲が多い夕暮れの空でしたが、
ポイントに向かう船の上ではきれいな夕日が見られました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

お客様は初めてのシュノーケリングということでしたが、
少し練習したらすぐに沖に泳ぎ出すことができました(^_^)
真っ暗な海の中で水中ライトの光に浮かび上がるサンゴ礁は
昼間とは違った神秘的な雰囲気を漂わせています。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

サンゴの上をのっそのそと歩く“アカモンガニ”は、手の平よりも大きなカニ。
大きなハサミを上手に使い、サンゴの表面についた藻をつまんで食べています。

石垣島 アカモンガニ

いったいどこから入り込んだのかと思うような入り組んだサンゴの奥で、
緑色の“ブダイ”が気持ちよさそうに眠っていました。

石垣島 眠るブダイ

見上げると満天の星空が広がっていました。
しばらく見ていると流れ星も見付けることができました♪

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

星空を眺めながら・・・暖かい南風の吹く中、ゆっくり港へ戻りました。
今夜はサンゴの産卵が行われたようです。
風に乗って、産卵直後のいつもの匂いが漂ってきました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.