ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメまん丸のおうち/ダイビング体験

2012年6月25日(mon)カモメの足あと

朝から青空が広がる石垣島です。
梅雨も明けて天気予報は晴れマークが続き、
しばらく雨の心配はなさそうです。

午前中はカップルでお越しのお客様とダイビングへ。
おふたりとも以前にダイビングのご経験がおありとのことです(^_^)
「あ、前もこんなことやったなー」と思い出しながら
船の上でダイビングに必要なことを3つを復習したら、
いざ海底を目指します!!

真っ白な砂地の上をしばらく泳いでいくと、
サンゴがこんもりと集まって群生するサンゴの山に到着します。
今日は水中カメラを持ってのダイビング、
サンゴ山で暮らす魚たちをモデルに、さっそく撮影スタートです♪

石垣島 ダイビング体験の様子

サンゴの隙間に隠れる水色の“デバスズメダイ”の赤ちゃんたち。
1cmにも満たない小さな赤ちゃんたちを撮影するのはなかなか難しいですね(^_^;)
デジカメの液晶画面を見つめる視線も真剣になります。

石垣島 ダイビング体験の様子

サンゴに覆われた岩山の谷間に入ると、
間を縫って射し込んで来る夏の陽射しがキラキラと眩しいくらいです。

石垣島 ダイビング体験の様子

いつもはふんわりと触手を大きく広げているのですが、
今日はリンゴの様にまん丸に丸まっている“センジュイソギンチャク”。
中に棲んでいる“カクレクマノミ”たちは
狭くなってしまったお家に少し窮屈そうにしています(^_^;)

イソギンチャクは体のある部分に刺激を受けると
こんな風に丸まってしまうことがあるそうです。
3匹の“カクレクマノミ”のうちの誰か1匹が
間違ってそこを触ってしまったのかもしれませんね。

石垣島 カクレクマノミ

別のサンゴの山に棲む“ハマクマノミ”はとっても人懐っこい性格です(^_^)
ダイバーが来るとイソギンチャクの中から元気よく飛び出して、
手の動きに合わせてダンスしているみたいに泳いだり
頭の上をチョンッ!となでさせてくれたりしながら、
すぐ目の前までやってきてくれます(^_^)

石垣島 ハマクマノミとダイバー

「難しかった(^_^;)」とおっしゃっていた写真撮影。
上手く撮れているでしょうか?あとで見るのが楽しみですね!

夕方からはカップルでお越しのお客様とダイビングへ。
今回が初めてのダイビングということで
「上手くできるかな?」と心配されていましたが、
船の上での3つの練習も問題なくこなされていました(^_^)
その後の潜水もバッチリ!
あっという間に水色の“デバスズメダイ”や緑色の“ブダイ”など
たくさんの魚たちの待つ海底に到着することができました。

石垣島 ダイビング体験の様子

みなさんの顔を一瞬で笑顔に変える3匹の“カクレクマノミ”たち(^_^)
一番ちっちゃなチビちゃんもたくさんエサを食べて
やっと体長1.5cmほどまで大きくなりました。
他の大きな2匹たちに抑制されているためのんびりした成長ですが、
ここに来たばかりの3年前に比べると一回り大きくなりました。

石垣島 カクレクマノミ

今年はこのトンネル周辺に“アカククリ”が何匹か棲みついています。
トンネルの中の岩の割れ目の中で休んだり、
“ハマサンゴ”の下で“ホンソメワケベラ”に体の掃除をしてもらったり、
すっかりこのポイントに馴染んでいるようです(^_^)

石垣島 トンネルの中のアカククリ

ピコピコとカワイイ泳ぎをする“サカサクラゲ”。
そっと手に持って、せっかく浮かばせてあげても
大きな頭と短い足でアンバランスな体では
どうしても頭が重くて逆さまに沈んでしまいます(^_^;)

普段は、海底に逆立ちするように逆さまでいる変わったクラゲです。
少し変な感じがしますが、
本人は泳いでいるより海底で逆立ちしている方がしっくり落ち着くようです。

石垣島 サカサクラゲ

少し水平線の方に傾き始めた陽の光が海の中まで射し込みます。
白い砂地のスクリーンに、ユラユラと幻想的な波模様を描いていました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.