ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ台風の去った海で/ファンダイビング

2012年6月22日(fri)カモメの足あと

久々の青空がのぞいた今日の石垣島です。
まだ少し波がありますが、すっかり初夏の海の様子に戻りました。

お客様は、今回ダイビング旅行で石垣島にお越しのご夫婦。
昨年ライセンスを取得され、それ以来まだ1度も潜っていないそうです。
久しぶりのダイビング、そして今回が初のファンダイビングということで、
まずは感覚を取り戻しながらゆっくりのんびり潜り始めましょう(^_^)

ご主人のお悩みは、水中だと右に傾いたり左に行ったりと
体のバランスが取れなくなってしまうこととおっしゃっていましたが、
さて、実際に潜ってみると・・・ すぐにリラックスして体の力を抜くことができたようで、
難しく考えなくても自然とバランスが取れていらっしゃいました♪
どこかに無駄な力を入れてなんとかバランスを保とうと意識するより、
海の中の浮力に静かに身を任せることで楽に体を安定させられるのですね(^_^)

石垣島 サカサクラゲ

水中での感覚が蘇ったところで、少し水深の深い海の景色を探索してみましょう。
朝の海は透視度もよく、どこまでもブルーの世界が広がっていました。

海底に鎮座する大きな岩のような“ハマサンゴ”の周りは
いろんな魚の赤ちゃんたちが一斉に集まってとても賑やかになってきました。
“スカシテンジクダイ”や“グルクン”、“ハナダイ”など、
今年は何種類の赤ちゃんたちが集まってきているのでしょうか(^_^)

そんな赤ちゃんたちをかき分けて・・・
この“ハマサンゴ”のボス“アザハタ”が、ダイバーの様子を覗きにやってきました。

石垣島 ファンダイビングの様子

自慢の白くて長~いヒゲを揺らしているのは、
小さなハサミを使って掃除をするのが得意な“アカシマシラヒゲエビ”です。
今日も魚たちが体を掃除してもらいにやって来るのを待っているようです。

ダイバーもそっと手を差し出してみると・・・
コショコショコショ♪と、きれいに指の甘皮を掃除してくれました。
人間も魚も分け隔てなく掃除してくれて、親切ですね(^_^)

石垣島ファンダイビングの様子

砂地の上にぽつんと落ちているクッションのようなこの物体は?
実はこれ、“マンジュウヒトデ”というヒトデの仲間です。
一見ゴロンとしたただの岩のよう!?
でも、おなか側にはしっかりヒトデらしい模様があります。

石垣島 マンジュウヒトデ

久しぶりに会いに行った“ヨスジフエダイ”たちは
少し前に比べて随分大きくなっていました。
いつもはサンゴの上の方でアーチを作るように泳いでいるのですが、
今日はなぜか、みんなで海底にうずくまるようにジッとしていました。
何をしているのでしょう・・・(^_^;)?

ヨスジフエダイの群

半年振りのダイビングは無事終了!
「講習の時よりも楽しかった♪」そうです\(^o^)/

午後からは、カップルでお越しのお客様とファンダイビングへ。
先日はバリの海で潜られてきたそうです。
今日は初の石垣島の海、どんな景色に出会えるでしょうか(^_^)?

石垣島 ファンダイビングの様子

台風の大雨で濁った川の水が流れ込んだ湾内のポイントで、
まだその時の影響が残っているのかあまり透視度が良くありませんでした。
ですが・・・そんなことも魚たちにはあまり関係ないようで、
ここでもたくさんの魚たちがのんびりと泳いでいる様子が見られました。

潜り始めてすぐには、体調が80cmくらいもある
大きな“コガネシマアジ”が目の前を横切っていました。

少し進むと、今度は2cmほどしかないちっちゃな“グルクン”の赤ちゃんたちも
何万匹と集まって群を作り、元気いっぱい泳ぎ回っていました。

石垣島 グルクンの群

さらに・・・そんな赤ちゃんの群を狙ってやって来る魚たちの姿も!
30cmほどの“カスミアジ”や“ナンヨウカイワリ”たちが
何度も群に向かって物凄い勢いで突っ込んでアタックしていました。
赤ちゃんたちも食べられてしまうばかりではなく、
その度ピュンピュンと上手にかわしながら逃げ回っていました。

ポイントを移動すると、こちらの方は少し透視度が良いようです♪

大きな“イソバナ”は赤ちゃんたちには絶好の棲み家。
どこに行っても“イソバナ”の周りには
1cmくらいのちっちゃなスズメダイの赤ちゃんたちが何百匹も群れていました。

石垣島 ファンダイビングの様子

水中カメラを持つと人が変わってしまう(^_^)!?彼は、
水中写真の撮影にハマってしまったようで、魚たちの様子を一生懸命パシャパシャ♪

石垣島 セジロクマノミ

サンゴの山のてっぺんで
長~い尾ビレをヒラヒラさせて優雅に泳ぐ“リボンスズメダイ”の赤ちゃんたち。
みんな揃って流れに頭を向け、行儀よくおりこうさんに泳いでいました。

石垣島 ファンダイビングの様子

こちらは、長~いヒレを使って狩りをしている“ハナミノカサゴ”の子どもです。
岩の上にいる“イソハゼ”を追いこんで捕まえようとしているようですが、
動きがあんまりのんびりし過ぎていて、この分だと丸1日かかりそうです(^_^;)

石垣島 ハナミノカサゴ

明日は豊漁や海の安全を願う『ハーリー』が行われます。
手漕船(伝統漁船のサバニ)で競争する、漁師さんたちのお祭りです。
この『ハーリー』が終わると梅雨明けと言われていますが、
2つ続けての台風もあったので、そろそろ晴れ渡る夏の青空が恋しいです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.