ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ幻の島?
/シュノーケリング・ダイビング体験・ナイトダイビング

2012年5月7日(mon)カモメの足あと

初夏の青空が広がる石垣島です。
青空をバックに浮かぶ雲たちは、モコモコとかわいい形をしています。

満月になる大潮の前後は、潮の干満差が大きくなります。
特にこの季節の干潮時はいつも以上にさらに海の水位が下がるため、
普段は海の中に隠れているサンゴの山のてっぺんも水面からピョコンと顔を出します。
小さな島が突然海の真ん中に現れたように見えます(^_^)

石垣島 海と空

今日は風が穏やかで波もほとんどなく、水面はガラスを張ったように静か。
船の上から見下ろすと、海の中の様子まできれいに覗けるくらいでした♪
サンゴの周りを泳ぐ魚たちまでよく見えて、
こんな穏やかな海は1年の中でも数えるほどしかありません。

石垣島 船から見たサンゴ礁

初めての石垣島旅行を満喫されているお客様(^_^)
以前にもシュノーケリングやダイビングをされたことがあるそうです。
「シュノーケリングとスキューバダイビング、両方やってみたい!とういうことで、
まずはシュノーケリングで初めての石垣島の海へ泳ぎ出しましょう♪

昨夜、サンゴの産卵が行われました。
水面には昨夜放たれたピンク色の小さな卵たちがたくさん浮かんでいます。

まん丸に群生した“ミドリイシサンゴ”の周りに集まった“デバスズメダイ”たち。
丸いサンゴの群生の形に合わせるように、まる~い形の群を作っていました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

普段より潮が引いて水面が低くなっているので、
サンゴの山の上を通る時は足ヒレの先があたってしまわないかヒヤヒヤします。
こんな日は、体を起こさないようにいつも以上に気を付けて泳ぎましょう(^_^)

サンゴの山の下にあるイソギンチャクの中に棲む“カクレクマノミ”たち。
卵を持っている大きなおなかをしたメスと、
小さなオスと、それよりさらに小さなコの3匹です。
触手の中から興味深そうにこちらの様子を見上げていました。

石垣島 カクレクマノミ

少し水深の深い場所へ移動して、次はいよいよダイビング!
前回は耳ぬきのコツがつかめず、海底まで到着できなかったそうです。
実際は、耳抜きはコツさえ分かればまったく難しくないのですが、
「以前に耳ぬきが出来にくかった」とおっしゃる方は意外と多いです。

一番のコツは、潜降中に下を向かないこと。
簡単なことのようですが、
上手く出来ないという方のほとんどが下を向いて耳ぬきをされています。

鼻と耳の鼓膜の内側は、耳管という道でつながっているそうです。
鼻をつまんだ状態で鼻息を出すと、鼻からは出られない鼻息が
その耳管を通って耳の鼓膜の方へと届きます。
そして外から水圧で押されている鼓膜は鼻息に押され、
元の位置に戻ることができるのです。
下を向いていると耳管の周りが圧迫され、耳管を細くしてしまうそうです。
すると耳管を通る空気が少なくなって押し返す力も弱くなってしまうのです。

今日は・・・お客様の耳抜きも順調♪
無事に海底へと到着することができました(^_^)
海底では“デバスズメダイ”の産卵準備が行われていました。
オスたちはヒレを黄色くおめかししてきれいに産卵場所を整えて、
上を見上げながらメスが来るのを待っています。

石垣島 メスを待つのデバスズメダイのオス

海底の砂地に手を着きながら、一生懸命写真撮影♪
すると、手が動く度に巻きあげられる砂の中から出てくる
小さなエビやカニや貝などのエサを目当てに、
“シチセンムスメベラ”が集まってきました(^_^)
手の周りでクルクルとダンスするようにいつまでも泳ぎ回り、
なかなか逃げていかないので写真も撮りやすいですね(^_^)

石垣島 シチセンムスメベラ

シュノーケリングでは少し遠くて撮影が難しかった“カクレクマノミ”ですが、
ダイビングでは同じ目線にいるので、心ゆくまで撮影できましたね。

イソギンチャクの触手の陰に隠れて・・・
ヨチヨチ泳ぐ小さい赤ちゃんも撮影できたかな(^_^)?

石垣島 カクレクマノミ

海底から水面を見上げると
真っ白な雲もキラキラの太陽も青空も、
とってもきれいに見えました♪

石垣島 ダイビング体験の様子

心配されていた耳抜きも、前回は苦しかったという呼吸も、今回はバッチリ♪
楽しい海の60分間を過ごしていただくことがでいたようです(^_^)

今夜もナイトダイビングへ出掛けました。
夕暮れの空には雲も少なく、きれいな黄昏色の空が広がっていました。

石垣島 夕焼けの空

ポイントには少し早めに到着したので、少し船の上でのんびり。
周りには通りかかる船もなく、シ~ンと静まり返っています。
1番星が輝き始めた頃、海の中へと潜りましょう(^_^)

海底に着くと、“ワモンダコ”が交接の真最中。
オスが精子のカプセルを手渡し、受け取ったメスは体の中で卵と受精させるそうです。
体の色が黒っぽい方がオス、白い方がメスです。
オスはダイバーに気が付いて、興奮して体の色を変化させたのでしょうか?

石垣島 ワモンダコの交接

サンゴの陰で眠っていた“アオウミガメ”、
ライトの光で驚かせてしまったのか、寝ぼけながら近づいてきました。
こちらの存在にはまったく気が付いていないようで、
おなかにぶつかるまで気がつきませんでした(^_^;)

石垣島 アオウミガメ

夜の街燈に群がる虫たちのように
“ゴカイ”の仲間たちも光が大好きなのか、
水中ライトの周りにたくさん集まってきました。
緑や黄色、ピンク、青色とカラフルで、
なんだかパーティーのクラッカーのようです。
真っ暗な海の中が一気に賑やかになりました\(^o^)/

石垣島 ゴカイの仲間

岩と見分けがつかないカニの仲間の“モクズショイ”。
体中にカイメンやホヤの切れ端をくっつけて完璧な擬態です。
どこに眼があるか分かりますか?

石垣島 モクズショイ

貝殻の上にそれよりさらに大きなイソギンチャクを載せて、
ふたつ大荷物をヨイショ!と背負っている“ソメンヤドカリ”。
ライトにの光に驚きものすごい速さで走り去って行きました。
彼の脚力ではイソギンチャクの重さもなんてことないみたいです。

石垣島 ソメンヤドカリ

アズキくらいの大きさしかない“ミミイカ”の仲間。
昼間は海底の石の下に隠れて夜になると姿を現します。
こんなに小さいのに、チョコチョコっとした脚が生えていてかわいいです(^_^)

石垣島 ミミイカの仲間

“イボヤギ”は昼間は触手をしまっていますが、
夜になると花が開くようにオレンジ色の触手を広げます。
一面に広がる“イボヤギ”をベッドにして、
“アザハタ”が王女様のように優雅に眠っていました(^_^)

石垣島 眠るアザハタ

眠っている間に流されないように、
サンゴの端をガジっとかじって体を固定して眠る“カワハギ”。
ずっと噛んでいるとかえって疲れるんじゃないのかな?と思いますが、
彼らにとってはこのスタイルが1番心地よく眠れる姿勢のようです。

石垣島 眠るカワハギ

夜のパジャマに着替えた“ツノダシ”。
昼間は黒眼と白目の境目が分からないくらい目玉すべてが真っ黒ですが、
眠る時はご覧の通り、昼間とは違ったちょっとおとぼけの寝顔です。
昼間には見ることができない夜だけの顔です。

石垣島 眠るツノダシ

パイナップルより大きなサイズの“オニダルマオコゼ”。
その大きい体のほとんどが顔というおもしろい魚です(^_^)
大きなむなビレを持っていますが、
それは泳ぐためというより、海底を這うように歩くために使っています。
強面の顔なので、暗い夜の海で急に出会うとギョっとしますね(^_^;)

石垣島 オニダルマオコゼ

今夜は月がとってもきれいです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.