ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ本日のレコードは5m!/ダイビング体験・シュノーケリング

2012年4月21日(sat)カモメの足あと

お天気は下り坂、今日の石垣島は雲の多い空模様。
朝から今にも雨が降りそうな、どんよりとしたお天気です。
明日はトライアスロン大会があるので、雨が降らなければ良いのですが・・・。

午前中にお越しいただいたのは八重山フリークのお客様。
年に数回はこちらにいらっしゃっています(^_^)
いろんな島々を巡るのがお好きだそうですが、
もちろん、海で泳ぐのも大好きですよね(^_^)

海では、シュノーケリングは頻繁にされていますが、
今日はしばらく振りのダイビングに挑戦されることに。
コチラの「久しぶりだけど大丈夫かな?」という心配もなんのその、記憶はバッチリ☆
前回のダイビングの感覚がしっかり残っているようです(^_^)
簡単な水中での手話『ハンドシグナル』を復習したら、さっそく海の中へ♪

この後にシュノーケリングで浅瀬を泳ぐ予定です。
シュノーケリングとは少し違った雰囲気を楽しめるよう、
ダイビングでは深い水深の景色を見に行きましょう。

少しずつ水深を下げながら潜って行くと、
海底からそびえる大きな岩山の麓に着きます。
ここにある大きなサンゴの周りには“アカククリ”が集まって、
小魚たちから体のお掃除をしてもらうために行列を作っています。

魚は自分の体に付いたヨゴレや寄生虫などを自分で取ることができないので、
他の生き物からそれらを食べてもらうことで清潔さを保っています。
“ホンソメワケベラ”という小さな魚も、海のおそうじ屋さんの代表格です。
ちっちゃいけれど大人気のおそうじ屋さんとしてここでも大活躍で、
自分の体の何十倍?何百倍?もありそうな大きな“アカククリ”の体の表面を
行ったり来たりしながら夢中でそうじをしてあげていました。

“アカククリ”たちもとっても気持ちがいいのか、
時々体をブルブルッと震わせて満足そう(^_^)

石垣島 ホンソメワケベラとアカククリ

フワフワ中層に浮かんで泳ぐのにも慣れてきたら、
何十匹も群れる“アカククリ”たちの横を通り抜けて、隣りの山まで大移動。

こちらでは、大きな“エンマゴチ”に会うことが出来ました。
随分前からずーっと同じ場所にドンッ!と陣取っています。
会ってからしばらく経ちますが、いつ見てもほとんど同じポーズ・・・。
今日も3cmほど顔が上向きになっただけで、あとは前回と同じポジションでした(^_^;)

スイスイ泳ぐ普通の魚のイメージとは随分違って、
「何を考えているの?」と聞きたくなるような不思議な魚です。

石垣島 エンマゴチ

今日は“ウミヘビ”にも会えました。
岩に開いた穴の中に頭を突っ込んでエサを探していましたが、
お目当てのエサに逃げられてしまったようで、次の穴を探していました。
ヘビと言うと「コワイ」「気持ち悪い(^_^;)」という方が多いですが、
実はとっても臆病でダイバーが近付く気配だけですぐに逃げてしまいます。
近くで見ると目がまん丸で、とってもかわいい顔をしていますよ(^_^)

石垣島 ウミへビ

ダイビングの次は、ポイントを移動してシュノーケリング。
今日のシュノーケリングでは、素潜りも練習しました♪
体を真っ直ぐにしてスーッと真下へ一直線、
足ヒレを一生懸命動かして海底にタッチ!
今日の記録は5mでした\(^o^)/

石垣島 シュノーケリングの様子

今回の八重山旅行はノープランだそうです。
どんな旅になるのか楽しみですね♪

夕方からのお客様は本日石垣島に到着されたばかりで、
今まで石垣島をぐるりと1周、ドライブされて来たそうです。
初めてのシュノーケリングに少し緊張されていましたが、
スタートは順調、無事に泳ぎ出すことがでいました(^_^)

サンゴの山の上には何千匹の“デバスズメダイ”が集まっていました。
この時間はちょうど夕食の真っ最中で、夢中で口を動かしています。
潮の流れに乗って水面近くに集まったプランクトンを食べるために上がってくるので、
「ひょっとして捕まえられるんじゃないかな」と思うほど近くを泳いでいます。
でも・・・手を差し出すとヒョイッと素早く身をかわして逃げてしまうので、
もちろん捕まえるは出来ませんし、ぶつかってしまう心配もありません(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

大きな波などで傷ついてしまったサンゴの上に
“クロソラスズメダイ”が畑を作っていました。
この魚は自分の畑で育てた“イトグサ”という藻しか食べることができないので、
生きていくのに必要なエサは自分で確保する自給自足の農業をしているそうです。

丹精込めて育てている“イトグサ”。
この大切な畑には何人たりとも寄せ付けるわけにはいかないので、
近付く者は誰でも片っ端から突いて追い払います。
サンゴの山の上にぽっかりできた藻の畑を見掛けたらご用心!
相手が人間だって容赦はしません。
※とても小さな魚なので、突かれても痛くはありませんよ(^_^)

石垣島 クロソラスズメダイ

朝から半日掛けて島内をドライブされていたからか、
シュノーケリングをして少し疲れが出てきたようです。
今夜はゆっくり眠って、明日からもまた楽しんでくださいね(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.