ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ運命の出会い/ファンダイビング・ダイビング体験

2012年4月19日(thu)カモメの足あと

どんよりとした今朝の石垣島の空模様。
ダイビングポイントへ船を走らせていると、
ス~ッと涼しい風が吹き抜けていきます。

お客様は本日3日目のファンダインビング。
今日も最高の1枚を目指してさっそく撮影開始です!

1本目に訪れた岩盤が広がるポイントでは、
ここ数年石垣島で大量発生している“オニヒトデ”の姿がチラホラ。
サンゴを食べてしまうので、大量発生が問題になっています。

体中を覆う毒を持ったトゲを恐れてダイバーは近付かないのですが、
なんとその毒針をベッドにちょこんとその上に乗っかって
こともあろうに一休みしている“ヒトツラハリセンボン”を発見!!

ハリセンボンも身を守るために水を吸い込んで体をまん丸に膨らませると
体中から何百本もの針を突き出すことができます。
なぜ敢えてこんな危険な場所を休憩場所に選んだのかは謎ですが、
針vs針だと・・・どちらにとっても特に被害はないのでしょうか?

石垣島 ヒトツラハリセンボン

魚たちは体に付いた汚れや寄生虫を自分で取ることができないので、
他の生き物にそれらを食べてもらうことで清潔にすることができます。
体をきれいにしてくれる『海のクリーニング屋さん』は
魚たちにとってなくてはならない存在です。
そんなクリーニング屋さんの元にはいろんな魚たちがひっきりなしにやってきます。

“オトヒメエビ”も海のクリーニング屋さんのひとりです。
今日は“ユカタハタ”がクリーニングを受けにやってきていました。
口やエラ蓋を大きく広げて、「お掃除してくれ~」と催促しています。
するとエビたちは穴の奥の方から出てきて
ピョンとユカタハタに乗っかりクリーニングを始めました。

あっちでコチョコチョ、こっちでコチョコチョ。
体の隅々までお掃除されて、満足そうな“ユカタハタ”でした(^_^)

石垣島 オトヒメエビとユカタハタ

お客様に「ここに魚がいますよ」と指さしてお伝えしても
どこにいるのか気付いてもらうまでにしばらく時間がかかる場合があります。
それは、その魚が擬態名人で周りの岩と同化して見分けがつかない時。

今日の“オニダルマオコゼ”もそんなカクレンボが得意な魚です。
形も色も質感も、周辺の岩にそっくり!
この辺りのサンゴの上にはに“ハナダイ”の赤ちゃんを棲みついているので
それを狙ってやってきているようです。
もうすでにたくさん食べられてしまったようで
オコゼのおなかはまん丸にプックリ膨らんでいました。

石垣島 オニダルマオコゼ

オコゼの仲間は擬態が上手なコが多いのですが、
こちらの“ハダカハオコゼ”も擬態をしているのでしょうか?
鮮やかなピンク色は海の中ではとっても目立って見えます。
周りの景色から明らかに浮いているピンク色は、
一体何に変身しているつもりなのでしょうか・・・?
もしかすると、他の魚たちの目にはカムフラージュなのかもしれませんね。

石垣島 ハダカハオコゼ

暖かくなり、ウミウシたちも繁殖シーズンを迎えたようです。
いろんなところで産み付けられた卵や交接するペアに出会うことが多くなりました。

ゆっくりのんびりマイペースで進むウミウシたち。
そんなにゆっくりでは、この広い海では同じ仲間に会えないんじゃないかと
こちらが心配したくなってしまうほどのマイペースっぶり。
それでも不思議なのが、繁殖期になるとどこからともなくやってきて
見事にパートナーを見つけてペアを作っています。
彼らの一生は、ひょっとしてパートナー探しの旅なのかもしれません。
この2匹も、2度とはないかもしれない奇跡の出会いを果たせたようです(^_^)

石垣島 パイナップルウミウシ

今日も納得いくまで、1枚1枚丁寧に撮影されていました。
お気に入りのショットはカメラの中におさまったでしょうか(^_^)

夕方からは本日石垣島に到着されたばかりのご家族とダイビング体験へ。
ちょうどみなさんが乗られていた飛行機が石垣島に到着する頃、地上は大雨のスコール!
着陸することができないかもとヤキモキされていたそうですが、
無事に到着されて一安心でしたね(^_^)
着替えを済まされ、港を出るころには見事に晴れ間がのぞきました♪

ポイントに着くとそれまで少し波立ってれいた水面も
風がピタッと止んだのと同時に穏やかになりました。
船の上から海をのぞきこむと、
グラスボートのようにサンゴ礁や泳いでいる魚たちが見えました。

初めてのスキューバダイビングに挑戦ということでしたが、
みなさん揃って練習も問題なくクリアされました!
「少し不安」とおっしゃっていたお母さんも
息子さんたちと無事に海底の景色を見ることが出来ました\(^o^)/

石垣島 ダイビング体験の様子

息子さんおふたりは最初からスイスイと海底を進んで順調♪
心配されていたお母さんも、おふたりに負けないくらい元気に泳いでいました(^_^)

石垣島 カクレクマノミ

旅の計画でお父さんだけがダイビングに誘ってもらえずに
「拗ねてしまった・・・」ということでしたが・・・。
ぜひ、お留守番のお父さんにも海のお話をお土産にして、
機会があったら今度はご家族みなさんでダイビングを楽しんでみてくださいね!

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.