ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメベストショット!/ダイビング体験・ファンダイビング

2012年4月17日(tue)カモメの足あと

今日の石垣島の気温は26℃。
少し陽射しが弱まり、過ごしやすい1日となりました。

お客様は、初めて沖縄をご旅行中というご夫婦です(^_^)
これまでにシュノーケリングのご経験があるそうで、
今回は初めてのスキューバダイビングに挑戦されることに!
この旅のメインイベントだそうです(^_^)

発案者の奥さんはやる気満々(^_^)♪
ご主人は「海が苦手で少し不安・・・」ということでした(>_<)

ですが、水面での練習はおふたりともスムースにこなされていました。
いよいよダイビングが始まると、不安とおっしゃっていたご主人も順調な潜降♪
先に潜っていた奥さんの待つ海底へ無事到着、一安心です(^_^)

サンゴの山の向こうにいるおふたりが見えなくなってしまうほど、
たくさんの“デバスズメダイ”たちが出迎えてくれました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

真っ赤な体に白い1本線が“ハマクマノミ”
オレンジの体に白い線が3本の“カクレクマノミ”。
今日は2種類のクマノミたちに会うことが出来ました(^_^)

石垣島 カクレクマノミ

泳いでいると、たくさんの魚たちが人懐っこく近づいて来てくれるのですが、
きれいな色をした“ブダイ”や“ベラ”、“スズメダイ”たちは
こちらにはほとんど見向きもせずに前をスゥ~ッと通り過ぎていくだけ・・・。
一方、チョコレート色に白いドット模様のちょっぴり地味な(?)“ナミハタ”は
近付きもせず離れ過ぎず、微妙な距離を保ちながらこちらの様子をうかがっています。
視線に気付いて振り向くと目線があって、相手が魚でもなんだか照れてしまいます(^_^;)

ご主人いわく「エサをくれると思って待っているのんだよ」ということでしたが、
実際、“ナミハタ”は何を考えているのか・・・さて、真相はいかに?
あの微妙な距離感と視線、遠慮がちなフリしてエサの催促かもしれませんね(^_^)
こちらが何も持っていないとわかったからか、チラチラ見ながら泳いで行きました。

石垣島 ダイビング体験の様子

初めてのダイビングはあっという間に無事終了!
30分くらいかなと思ったら、実際は60分も経っていました。
海の中では時間の流れが早く感じてしまうのかもしれませんね♪
プチ浦島太郎体験でした(^_^)

午後からはファンダイビングへ出港です。
もう10年以上に渡り、4月の石垣島にダイビングにいらっしゃっているお客様。
家事に仕事に普段がんばっているお母さんに、ご主人と息子さんからのプレゼント?
「誰にも文句は言わせない!」「私の好きなようにさせてもらうわよ」と
この数日間は年に1度のお楽しみだそうです(^_^)

魚たちの小さな世界にお邪魔して、水中写真を撮影するのが大好きなお客様(^_^)
少し気が早いですが、来年の年賀状のための最高の1枚を目指して
お気に入りの生き物たちを熱心に撮影するのも毎年の恒例となりました。
今日から4日間、頑張りましょう♪

“ミツボシクロスズメダイ”の赤ちゃんがイソギンチャクに流れ着いたようです。
イソギンチャクの触手には魚を殺してしまうほどの毒があるので
普通、魚たちはあまり寄りつこうとしません。
ただ、“クマノミ”や“ミツボシクロスズメダイ”たちだけは別で、
敢えて触手の中で泳いで大きな魚たちに食べられないように身を守ります。

少しずつ毒に慣れながら入って行くそうです。
このコも小さい体で頑張っています。
近づいてはピリっとシビれてビックリして後ずさり、ピリっとしては後ずさり。
慣れるまでにはなかなか時間がかかりそうです。

石垣島 イソギンチャクとミツボシクロスズメダイ

普段は穴の中からちょこんと顔をのぞかせている“ヒトスジギンポ”。
写真を撮らせてもらおうと近づいて行くだけでビックリして
すぐに穴の奥に引っ込んでしまうほどいつもはとっても気が弱いです。

穴から控え目に顔を出している様子がかわいらしい“ヒトスジギンポ”ですが、
縄張り意識は強く、同類が自分の縄張りの中に入ってくるのをとても嫌がります。
試しに鏡を巣穴の前に置いてみると、鏡に映った自分の姿を侵入者と勘違いして
口を大きく開き、穴から出入りししながら激しく威嚇のダンスを踊り始めます。
それでも相手が引かないとなると、
今度は鏡を倒しそうなほどの勢いで体当たりを繰り返します。
それでもひかない相手には(・・・自分自身なので当たり前ですが)
諦めてスゴスゴと引き上げて穴の中に隠れてしまいました。
結局、最後はやっぱり気の弱いヒトスジギンポでした(^_^)
ちょっとイジワルな実験(^_^;)、驚かせてごめんね。

石垣島 ケンカするヒトスジギンポ

潮が動き始めてプランクトンがたくさん流れてきました。
いろんな生き物がこのチャンスを逃すまいとエサ獲りに必死になります。

“アカホシカニダマシ”が大きな虫獲り網のような触角を流れにかざしています。
同じイソギンチャクの中に同居する“カクレククマノミ”も
流れに向かって忙しそうに泳ぎ回りながらエサ獲りを始めました。
すぐそばにいる“アカホシカニダマシ”のことなんか気にも留めず、
プランクトンを追いかけるのに一生懸命な“カクレククマノミ”。
“アカホシカニダマシ”の頭の上を何度も行ったり来たりしながら、
ヒレがバシッバシッと当たってしまうのもお構いなしです。
“アカホシカニダマシ”は段々と端っこの方へ追いやられていました・・・。

同じイソギンチャクに共生する同士ですが、立場はクマノミが上です。
クマノミに嫌われてしまうと追い出されかねないので、
それでも文句を言わず大人しくしているしかないようです・・・・(^_^;)

石垣島 アカホシカニダマシ

1年ぶりの海、ウォームアップは完了ですね(^_^)
明日も最高の1枚を目指して!!

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2012石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.