ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメにらめっこ(^_^)/ダイビング体験

2011年10月25日(tue)カモメの足あと

今日は一転、ぐずついた曇り空の石垣島です。
今日、明日と風が強く波が高くなる予報が出ているのと、
しばらく肌寒い日が続きそうなので心配です・・・。

今年1月に与論島で初めてのダイビングを体験されたというお客様、
今日はまた少し雰囲気の違う石垣島の海を覗いてみましょう(^_^)
前回は耳抜きが上手くいかなかったそうなので、
今回はゆっくり焦らずに海底を目指して潜行します。

ダイビング中は海に潜って水深を下げていくに従って、
水圧を受けて耳の鼓膜が少しずつ圧迫されてしまいます。
そのままさらに下がっていくと水圧が増して耳が痛くなってしまうので、
耳抜きをして鼓膜に掛かる圧を押し返さなければなりません。

耳抜きには大きく分けてふたつの方法があります。
ひとつは、鼻息を内側から鼓膜に送って水圧で押された鼓膜を押し返す方法。
鼻をつまんで「フンッ!」と鼻息を吐き出そうとすると
出口がなくなった鼻息が耳の方に送られていきます。
もうひとつは唾をゴックンと呑み込む方法。
呑み込むと同時に空気が鼓膜の内側に送られて鼓膜を押し返してくれます。

耳の中で起こっていることは誰でも同じなのですが、
人によってできやすいやり方が違うようです。
どちらも試してみて、ご自分にあったやり方を見つけるといいと思います。

お客様は今日は耳抜きもとっても順調でした◎
海底に到着すると、すぐにやってきたのが“ホホスジモチノウオ”。
好奇心旺盛なので、じっと横目でダイバーを観察しにやってきました。
ジロジロジロジロ・・・いつもは魚を観察するのに
今回は立場が逆転してしまったような変な気分です(^_^;)

石垣島 ホホスジモチノウオ

今度は“ハマクマノミ”とにらめっこ(^_^)
魚と同じ目線まで降りて向き合うと、
魚たちの色んな仕草がよりリアルに見えてきます。
イソギンチャクの中から出たり入ったりする“ハマクマノミ”。
怖がっている感じでも、威嚇している感じでもありませんが、
いったい何を思っているのでしょう(^_^)
あんまりじっと見つめられて、クマノミも恥ずかしいのかな???

石垣島 ハマクマノミ

海の中で過ごすことにも慣れてきたところで、
次は海底洞窟に中を通って探検してみました。
天井に開いた穴からは光の筋がいくつも射し込み、
辺りを神秘的なブルーに染めてとてもきれいでした。

石垣島 海底洞窟

繊細そうなきれいな体の色に似合わず、
“シロタスキベラ”は大きな体を活かして力持ちです。
大きめの石もグリン!と思いっきりひっくり返して、
下に隠れているエビやカニをつかまえていました。

石垣島 シロタスキベラ

あいにくの曇り空でしたが、
船に上がってもあまり寒さは感じませんでした。
ですが、そろそろ暖かい毎日と太陽が恋しくなってきました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.