ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメマンタの友達!?/ダイビング体験・ファンダイビング

2011年10月21日(fri)カモメの足あと

今日も曇り空の石垣島です。
ただ、昨日までは風が強めで波が高かったのですが、
今日は少し回復して海況が良くなって来ました。

本日のお客様はお友達同士で石垣島をご旅行中のおふたり。
以前にもダイビングのご経験があるそうなので、
その時のことを復習するような感じでおさらいしていきましょう。
もしすっかり忘れてしまっていても・・・心配は要りません(^_^)
練習することはそれほど多くないので一からやり直しても問題ありませんし、
意外と海の中の感覚をちょっぴり体が覚えていたりするようです。

以前のダイビングは2〜3年前だったそうですが、
練習も問題なくこなすことができたので、さっそく潜降開始しましょう♪

海底にはサンゴが集まった大きな山がいくつもあります。
同じような大きさのサンゴの山でも、
魚たちがたくさん棲みついている人気の山と
それほど魚たちがいないあまり人気のない山があります。
隣同士にあって場所もサンゴの数もあまり変わらないのに
なぜか魚たちに人気、不人気があるのが不思議です。

泳ぎの練習をしながら魚たちに1番人気のサンゴの山を目指します。

たくさんの“デバスズメダイ”たちが朝食をとっていました。
紫色のサンゴから飛び出してきたり川の流れのような列を作ったり、
みんな揃って流れてくるプランクトンを追いかけています。
よ〜く見ていると、ちっちゃな口がパクパクパクと
休みなく忙しそうに動き続けています(^_^)

サンゴの山の麓に棲んでいる“カクレクマノミ”も
流れてくるエサをキャッチするためにイソギンチャクから飛び出して
あちらへこちらへと元気いっぱいに泳ぎ回っていました。

午後からは姉妹で八重山を旅行されているお客様とダインビングへ。
お姉さんはライセンスをお持ちだそうで、
妹さんは今日が初めてのダイビングということでした。

今回は「“マンタ”に会いに行きたい」とリクエストをいただきました。
“マンタ”に会えるポイントは、
普通のダイビング体験のポイントに比べてやや難易度が高めです。
妹さんに“マンタ”とのダイビングに備えていただくため、
まずは浅瀬の海でダイビングの感覚を体験してもらいましょう。

海に潜ると言っても、それほど難しいことをするわけではありません。
一番重要なのは海に潜っていくことを楽しむことだと思います(^_^)
「怖い(>_<)」と思うと心にブレーキが掛ってしまい、
それを外して改めてリラックスすることが難しくなります。
ゆっくり潜っていけば心配な事は何もありませんし、
器材も付けているので、陸上と同じように目を開けて呼吸もできます!

妹さんは・・・無事に海を楽しめるようでした(^_^)♪
お姉さんと一緒に、1本目の60分間のダイビングは無事終了です。
これなら大丈夫、おふたりで“マンタ”に会いに行くことができそうです。
ただ・・・海況はかなり回復してきたとはいえ、
マンタポイントがある北の海はまだウネリがあります・・・。
今日はもしだめなら引き返すという条件で、そのポイントへ向かいました。

50分間船を走らて到着したマンタポイントは、
少しウネリはありましたが海の中までは影響がありませんでした。
“マンタ”に会えることを期待して、2本目のダイビングスタート!

すると・・・水面から海底につくのも待たずに、
“マンタ”がすぐ下にやってきてくれました(^_^)
海底に着いてからもおふたりの上を行ったり来たり
手が届きそうなくらい頭のすぐ真上を通ってくれました。

今日の“マンタ”はともだちが多いのか、
ある時は“アオウミガメ”と並んで泳いだり、
ある時は2m近い“ナポレオンフィッシュ”と並んで泳いだり、
ダイバーが1度は会ってみたいと思う生き物たちを
次から次へと一緒に連れてきてくれました(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.