ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメかわいい仕草/ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2011年10月12日(wed)カモメの足あと

ぐずついたお天気がずっと続いていた石垣島の空に
今日は久し振りの太陽がちょっぴり顔を出してくれました(^_^)

昨日に引き続きダイビングにお越しくださったお客様。
8年間のブランクも、昨日1日でかなり埋まったようですね(^_^)
水中カメラの扱いにもだいぶ慣れていらしたようなので、
“ハナビラクマノミ”の写真もかわいく撮れたのではないでしょうか?
薄いピンク色のホッぺがチャームポイントです。
繊細できれいなイソギンチャクの中、いつも夫婦仲良く泳いでいます。

石垣島 ハナビラクマノミ

海底洞窟の中も探検してみました。
天井にぽっかり空いた穴から射し込んで来る太陽の光は
久しぶりに眩しいくらいキラキラと輝いていました(^_^)

石垣島海底洞窟の様子

“オニヒトデ”は、サンゴをエサにしてしまうヒトデです。
最近、前にも増してたくさん発生しているようです。 あまり数が多くなるとサンゴが全滅してしまうので、
石垣周辺でも駆除活動が行われています。
ダイビング中でも、見つけたダイバーが駆除することも多いです。

ダイバーの姿を見つけると、“オニヒトデ”を駆除するのではないかと
それを目当てに“サザナミフグ”たちが近付いてきます。
“サザナミフグ”は“オニヒトデ”を食べるのですが、
ダイバーが岩などでたたいた“オニヒトデ”は食べやすくなるようです。

ダイバーの周りを物色して“オニヒトデ”がいないことが分かると、
「なぁ〜んだ、いないのか」と泳ぎ去って行きました。

石垣島 サザナミフグ

「“マンタ”に会いたい」とリクエストをいただいていたので
次の2本目はさっそくマンタポイントへと移動しました。
潜降を始めると海底に着く前に・・・さっそく“マンタ”が登場しました!
少し離れたところからも分かるその大きさは横幅3m以上。
さらにしばらくすると・・・
そこかしこから何匹もの“マンタ”が現われてきてくれました(^_^)

最後にはすぐ頭の真上を通り過ぎて行きました。
あんまりの大きさに、一瞬、屋根の下にいるように光が遮られました。
魚とは思えないほどの大きさで、やっぱり迫力がありますね!

石垣島 マンタ

“マンタ”にもバッチリ会えて、
8年振りのダイビングは大成功だったのではないでしょうか(^_^)
これを機会に、またダイビングを再開されてみてはいかがでしょう!?

午後からも、昨日に引き続きご参加いただいているお客様とファンダイビングへ。
今日も大好きな小さな魚たちにたくさん会いに行きましょう(^_^)
透明度も良く最高のコンディションでのスタートです。
海底からのぼってくる泡がキラキラときれいです。

石垣島 ファンダイビングの様子

今日も“コブシメ”に会えました。
他の足よりの数倍長い触腕を長〜く伸ばして
周りを泳ぐ“グルクン”を捕まえようとしているようでした。
ですが、“グルクン”のすばしっこさにはついていていけないのか、
狩りはなかなか上手くいっていない様子でした(>_<)
まだ小さな子どもの“コブシメ”だったので、
狩りの経験が足りなかったのかもしれませんね。
もう少し修行が必要のようです!

石垣島 コブシメ

今回のダイビング旅行で会いたかったという魚のうちの1匹が
コロンとした四角い体がかわいい“ミナミハコフグ”です。
今回は無事に会うことができました♪
ぷっくりな体にちっちゃなシッポをクルンっと丸め、
テケテケテケ・・・と泳ぐ姿にお客様の目はハートでした(^_^)

石垣島 ミナミハコフグ

大きな頭の“ドクウツボ”の口の中に、小さなエビ。
危ない、食べられてしまうー!・・・というご心配は要りません(^_^)
この“アカシマシラヒゲエビ”は魚たちの間では有名な海の掃除屋さんです。
体に付いた藻やゴミなどをハサミを器用に使って取ってくれます。

クリーニングのお客さん“ドクウツボ”は大きな口開けて
中まで掃除してもらおうと催促していました。
決して食べようとしているわけではありません(^_^)

石垣島 アカシマシラヒゲエビとドクウツボ

岩を覆い隠すように棲みついている“スカシテンジクダイ”たち。
たくさんの肉食魚たちに狙われている食物連鎖の底辺に生きる彼らですが、
この数の多さで子孫を残していくことができているのですね。
このところ、また一段と数が多くなったようです。

石垣島 スカシテンジクダイの群れ

会いたかった魚のうちのもう1匹が “イシガキカエルウオ”。
笑っているように見える口の下の黒いラインがチャームポイントです。
あまり動かないでいてくれるので、
水中写真のモデルさんとしてはとってもお利口です(^_^)

石垣島 イシガキカエルウオ

“イロブダイ”の赤ちゃんはとってもシャイなので、
ちょっとでも近付くとコチラとの距離を保ちながらス〜っと逃げて行きます。
なかなか距離が縮まらずちょっとヤキモキしてしまいましたが、
物陰に隠れたら安心したのか
そ〜っと様子をうかがうかわいい仕草をゆっくり観察できました。

石垣島 イロブダイ幼魚

今夜はナイトシュノーケリングへ出掛けました。
お客様は昼間はダイビングをされていたそうです。
昼間とはちょっと違う夜の石垣島の海も探索しましょう(^_^)

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

しばらく泳いで暗い海の空間にも慣れてきた頃、
海底で眠っている“コクテンフグ”を見つけました。
起こさないようにそ〜っと手の上に乗っけてみると
ポヨヨ〜ンとしたおなかが軟らかくて気持ちいいです(^_^)
手を放すと、また元の寝所へと戻って行きました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

サンゴの隙間では緑色の“ブダイ”がスヤスヤ・・・(-_-)zzz
こんな入り組んだサンゴの奥の奥まで
どうやって入って行くのか、ちょっと見てみたいです。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

今夜も淡い緑色に光る“夜光虫”をたくさん見ることができました。
ライトを消すと、暗い海の中のホタルのような瞬きが神秘的です。
お客様にとっては、「昼間よりも夜の海の方が新鮮で面白かった」そうです(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.