ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメコブシメのいろんな休憩場所/ファンダイビング

2011年10月11日(tue)カモメの足あと

なかなかお天気が回復せず、曇り空が続いている石垣島
まだ10月なのに、今日は船を走らせると少し肌寒く感じました。

午前中にお越しいただいたお客様は
8年振りのダイビングに少し緊張されているとのこと(^_^)
まとまったお休みが取れてふだんはなかなか来れない石垣島にいらして
「せっかく石垣島に来たのだから、しばらくやっていなかったけど
久しぶりにダイビングをやろう!」となったそうです(^_^)

2日間ご参加いただくご予定なので、
初日の1本目はまずは浅瀬の易しいポイントで潜りましょう。
忘れていた海の中とダイビングの感覚を呼び起こしましょう♪
さっそく何百匹もの“デバスズメダイ”たちが盛大に出迎えてくれて
ブランクの不安も一気に吹き飛んでしまいましたね(^_^)

石垣島 デバスズメダイの群れ

砂地の上を泳いでいると、ワッサワッサと砂煙をあげながら
砂の中のエサを探している“ヤッコエイ”に会いました。
その周りには砂と一緒に巻き上がったおこぼれのエサを頂こうと
“クサビベラ”がウロウロウロくっついて泳いでいました。

石垣島 ヤッコエイ

長い年月を掛けてここまで大きくなった“テーブルサンゴ”!
この大きさが分かるようにお客様にサンゴと一緒に写真に写っていただきましたが、
普通のサンゴの感覚で撮影すると、大き過ぎてフレームに収まりきりません(^_^;)

石垣島 テーブルサンゴ

“イソバナ”の脇で休憩をしている“コブシメ”に会いました。
“イソバナ”の周りはいろんな生き物たちの人気スポットのようで
スズメダイの赤ちゃんたちや“ハナミノカサゴ”なども集まっていました。

石垣島 コブシメ

2本目も終わるころには体の力みも抜けてきて
8年振りの海の景色を楽しむ余裕もできてきたようです(^_^)
午後からは竹富島へお出かけされるそうです。
今日はお疲れがでるでしょうから早めにゆっくりお休みいただいて、
また明日のダイビングに備えてくださいね(^_^)

午後からはファンダイビングにお越しいただいたお客様は
長めのお休みをとって八重山の島々を巡られるそうです(^_^)
初めてお店にお越しいただいた時はブランク明けのダイビングで
ゆっくり海の景色を楽しむところまでは余裕がなかったそうです。
ですが、その時も魚たちのかわいい仕草のとりこになり、
お魚観察にはすっかりハマってしまったそうです(^_^)
もうダイビングの感覚はだいぶ取り戻せているので、
今回もいろんな生き物たちに会いに行きましょう(^_^)

まず1本目のダイビングでは、
海底から温泉の湧き出しているポイントへ行ってみました。
海の中の海底温泉の温かさを一度体験されてみたかったそうです(^_^)

源泉の温度は約70℃。
周りの海水で冷やされているので、40℃くらいの快適な温度になります。
しばらく温泉に浸かって温かさに慣れると
決して低くない今日の海水温の28度も冷たく感じます。

石垣島 海底温泉

温泉の周りにも、もちろん海の生き物たちがいます。
温泉の湧き出し口では“コブシメ”が休憩していました。
体の色をコロコロ変えて警戒しているようですが、
自分の擬態に相当な自信があるのか
近くで観察しても逃げ出していく様子はありませんでした。
起きているのに眠っているような目がかわいかったですね(^_^)

石垣島 コブシメ

よ〜く目を凝らしてイソギンチャクの中を覗いてみると
ちっちゃな“カクレクマノミ”の赤ちゃんが泳いでいました。
流れに流されないようにちっちゃなヒレをフル回転させて
一生懸命必死に泳いでいる姿がかわいいです。

石垣島 カクレクマノミ幼魚

“テーブルサンゴ”にできた穴を巣穴にしている“コバンハゼ”の仲間。
サンゴは開いてしまった穴を補修するため粘膜を出して埋めようとしているのですが
穴を埋められたくない“コバンハゼ”も必死です。
その粘液を穴から掻き出しては外に吐き出して、掻き出しては吐き出して・・・
興味深い両者の攻防は、これからも観察していきたいと思います。

石垣島 コバンハゼの仲間

次はたくさんの“アカククリ”たちに会えるポイントで潜りました。
“アカククリ”たちは小さなお掃除魚に体をきれいにしてもらうのが大好きです。
ここには掃除が得意な“ホンソメワケベラ”たちがスタンバイして、
いつも“アカククリ”など他の魚の体のゴミや藻などを取ってあげています。
“ナンヨウキサンゴ”がクリーニングステーションになっており、
“アカククリ”たちは行儀よく整列して掃除してもらう順番を待っていました。

石垣島 アカククリ

今回のダイビング旅行で「ぜひ会いたい♪」とリクエストいただいた
“クマドリカエルアンコウ”も探しに行きました。
ガシっと岩を掴むことができる手のような胸ビレがあり、
両手(?)でしっかり岩をつかんで「フンッ!」と踏ん張っています。
小さな小さな手(のようなヒレ)で頑張ってつかまっている姿は
いつまで見ていても飽きないほどのかわいさです(^_^)

石垣島 クマドリカエルアンコウ

“アカククリ”たちの群れの近くの岩の陰に
“ミカヅキツバメウオ”の子どもがそ〜っと隠れていました。
姿形は“アカククリ”の子どもとほとんど変わりませんが、
顔の形が丸いのととんがっているのとで少し違います。
(丸い方が“ミカヅキツバメウオ、とがっているのが“アカククリ”です)
そっくりで近くにはいるけれど、ちょっと隠れている“ミカヅキツバメウオ”。
混ざって一緒に泳ぎたくても少しみんなと違うのに気が付いていて、
ちょっと気が引けて遠慮でもしているのでしょうか?

石垣島 ミカヅキツバメウオ

イソギンチャクの脇に産み付けた卵の世話をする“クマノミ”のお父さん。
卵の中にはハッチアウト(孵化)の準備が整った赤ちゃんたちの姿が!
いよいよ今夜にも赤ちゃんの旅立ちの日がやってくるようです!!
お父さんの苦労が報われる夜、もうひと頑張りです(^_^)

石垣島 クマノミ

今日もたくさんの生き物たちに会えた3ダイブ。
明日もどんな出会いがあるかたのしみですね(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.