ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ今回こそは・・・!
ファンダイビング・ダイビング体験・ナイトシュノーケリング

2011年10月9日(sun)カモメの足あと

今日もあまりお天気の良くない石垣島です。
早朝からかなり激しい大雨も降りました。

そんな中、お客様の4日間のダイビングは今日が最終日。
海に潜ってしまえば陸上のお天気もそんなに関係ないので、
今日もいろんな出会いを期待して張り切って出港しましょう(^_^)

“ハナビラクマノミ”が棲んでいる“シライトイソギンチャク”は
グラデーションの掛かった紫色がとってもきれいです。
中の“ハナビラクマノミ”の淡いピンクともピッタリです。
同じ“シライトイソギンチャク”でも個体によって色が違います。
ちょっと地味めな薄いサーモンピンクにパッと鮮やかな紫色に・・・。
棲んでいる環境や食べているエサによって変わってくるのでしょうか?

石垣島 シライトイソギンチャクとハナビラクマノミ

お客様はおふたり揃ってオコゼの仲間がお好きです(^_^)
今日は今までに見たこともないほど大きな
30cmくらいありそうな“オニオコゼ”に会うことできました♪
周りの岩と同じように体の色を変化させているので
パッと見ただけでは岩肌と見分けがつかないほどの擬態名人です。
ダイバーに見つかった後も微動だにせず擬態継続中・・・。
時折、キョロキョロッと瞳を動かす仕草がかわいいです。

石垣島 オニオコゼ

少し深い水深に下がって行くと岩の穴の中で泳いでいたのは
ピンクのグラデーションがきれいな“ハナゴンベ”です。
岩陰の暗がりの中にピンクの体が鮮やかに浮かび上がります。

石垣島 ハナゴンベ

オコゼの他にもう1種類お好きな魚が“エンマゴチ”。
ブサカワイイところがいいそうです(^_^)
さっき見た“オニオコゼ”よりも大きなコでした!

石垣島 エンマゴチ

ホヤの仲間たちもいろんな種類がいて、観察すると楽しいです。
周りをおおう被嚢(ひのう)の模様が人の顔に見えるホヤもいて、
『カールおじさんホヤ』『ウルトラマンホヤ』『笑いボヤ』など
いろんなニックネームが付けられています。
今日見つけたこのホヤは、ちょっとわんぱくそうな顔に見えませんか?
ちょっぴりイタズラっ子な雰囲気があるので、命名『スティッチボヤ』?
※イタズラ好きというと・・・スティッチを思い浮かべてしまいます(^_^;)

石垣島 ホヤの仲間

このところ“コブシメ”たちの姿をちらほらと見かけます。
まだ繁殖行動をとれるほど大きなコたちではないようだし、
季節的にも冬の産卵時期にはまだまだ早過ぎると思うのですが・・・。
周りを泳ぐ“グルクン”の子どもを捕まえようと狙っているところでした。

石垣島 コブシメ

岩肌の藻をツンツン、ツンツンとかわいくついばんでいるのは
体長2〜3センチほどの“キンチャクフグ”の赤ちゃんたち。
こちらもこのところたくさん見かけるようになりました(^_^)

石垣島 キンチャクフグ幼魚

今回もたっぷり潜ったはずなのに、あっという間だった4日間。
2日間のナイトダイビングにも出て夜の海の魅力の再発見もありました。
今までご自身で見付けたことのなかった擬態名人のカサゴを見つけたり、
まだ会ったことのなかったウミウシを発見したり、楽しい時間でした(^_^)

夕方からは今年に入ってもう何度もお越しいただいているお客様が
今回は初めて妹さんとご一緒にお越しくださいました(^_^)
いつもはシュノーケリングにお越しいただいていますが、
今日は念願だった(!?)スキューバダイビングに挑戦されます!

妹さんは最近ダイビングライセンスを取られたばかりで、
つい先日も和歌山の海で潜られたそうです。
お姉さんは以前初めてダイビングされた時に水中メガネに水が入り、
上手く出すことができずにとても怖い思いをされたそうです(>_<)
海も、海で泳ぐのもとってもお好きなのですが・・・
それ以来ダイビングは怖くて挑戦できなくなってしまったそうです。

大好きな海、シュノーケリングで泳げるだけでも楽しいけど、
ダイビングにが興味がありもう一度挑戦してみたい、
でもやっぱり怖い・・・そんな葛藤がおありだったようです(>_<)

お越しいただく度に毎回ダイビングのお話は出ていましたが、
今日はいよいよ勇気を出して!ダイビングにリベンジです!!
いつかダイビングにもう一度挑戦される今日のような日に備えて、
以前シュノーケリングにお越しいただいている時から練習して
水中メガネに水が入ってしまった時の対処法はバッチリマスターされています♪

不安感がなくなるまでゆっくり練習して、遂に・・・
妹さんと一緒に無事にダイビングすることができました\(^o^)/
実際は何の問題もなく、とってもスムースな潜行でした♪

シュノーケリングではちょっと遠くにいて届かなかった
“カクレクマノミ”たちも目の前まで行って撮影することができました。

石垣島 ダイビング体験の様子

“ハナミノカサゴ”の子どもにも初めて会うことができました♪
海底近くにいる魚なので、シュノーケリングで見るのはちょっと難しいです。
透明で繊細なヒレをユラユラたなびかせてのんびり泳いでいる姿は
魚とは思えないほど優雅で繊細で見とれてしまいました。

石垣島 ダイビング体験の様子

体の力も抜けて、海の中でも少しリラックスできるようになってきました。
今度はサンゴの山の亀裂の中も通り抜けてみました。

石垣島 ダイビング体験の様子

以前のリベンジを見事に果たすことができたお姉さん。
これからはシュノーケリングに加えてダイビングもできるので、
海の楽しみが何倍にも増えたのではないでしょうか(^_^)
妹さんもいつもの海とはちょっと雰囲気の違う
石垣島の海を楽しんでいらっしゃいました。
お家の近くの海にはいない“カクレクマノミ”や“ハマクマノミ”に
潜降してすぐに会えたのにはびっくりされていました(^_^)

今日はそのままナイトシュノーケリングへ出掛けましょう♪
お姉さんは何度も石垣でナイトシュノーケリングをされています。
先ほどのダイビングの時とは立場が逆転して
今度はお姉さんのリードで沖へと泳ぎ出しました。

夜の海はその独特な空間を泳いで雰囲気を楽しむ以外にも、
魚たちの寝姿や夜に活動する生き物が見られるのもポイントです。

枝サンゴの中で見つけた眠る“アザミカワハギ”。
流されないようにサンゴの枝をカプリとかじり、
しっかりつかまって眠っていました。
小さな口でつかまっている様子が何ともかわいらしいです(^_^)

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

夜になると穴の奥からゾロゾロと起き出してくるカニやエビたち。
昼間はなかなか見られませんが、実は、仕草も見た目もユニークでかわいいです。
手の平よりも大きな“アカモンガニ”は
大きなハサミの先を器用に使って岩についている藻を剥がして食べています。
少し遅めのディナータイムの真っ最中だったようです。

石垣島 アカモンガニ

雨が続いていたので水面の海水温が少し低めで、後半は少し寒く感じました。
“夜光虫”の放つ美しい緑の光を眺めていたら
寒さも吹き飛んで忘れてしまっていたみたいですが(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.