ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ風が出てきました/ダイビング体験・ファンダイビング

2011年10月1日(sat)カモメの足あと

台風19号がフィリピンの辺りを通り過ぎようとしているようで、
石垣島も影響を受けて、今日は曇り空で波も高めです。

午前のダイビング体験にお越しいただいたご夫婦のお客様は、
これまでにも何度かダイビングのご経験がおありだそうですが、
いつも耳抜きがなかなかうまくいかないそうです・・・。

耳抜きをする際に気をつけることは、まずは下を向かないことです。
ついつい海底の方に目をやりたくなってしまいますが、
ぐっと我慢して、耳抜きの時は前を向いた方が上手くできやすいです。
上手く出来なかった時も連続してやらないことです。
慌てなくても大丈夫ですので、一呼吸おいてやり直しましょう(^_^)
そして、潜り始めてから耳抜きを始めるタイミングですが、
水圧で鼓膜が押されるのを感じる少し前から始める方が楽にできます。

いくつかのコツを復習して、
耳の様子を確かめながらゆっくりと海底を目指しました。
今日のダイビングでは耳は問題なかったようです(^_^)

さっそくたくさんの熱帯魚たちの歓迎を受けたら、
真っ白な砂地の中を泳ぎながら小さな岩の亀裂の間を通り抜けます。
今日は残念ながら太陽は雲の向こうに隠れていましたが、
亀裂の間からは明るいブルーの水面がのぞいて、とてもきれいでした。

石垣島 ダイビング体験の様子

「“マンタ”に会いに行きたい!」とリクエストいただいていたので
海況さえ許せば、“マンタ”に会えるポイントでも泳ぎたかったのですが・・・
残念ながら今日は波が高くて、そこへ行くことができませんでした。
それでも海が大好きなおふたりは1回では物足りないので、
ポイントを変えて、やっぱりもう1本潜ることになりました(^_^)
こちらでも潜ってから早々に歓迎してくれたのは、
水色の“デバスズメダイ”たちが作る大きなアーチでのお出迎えでした。

石垣島 ダイビング体験の様子

他のダイビングポイントではあまり会うことのない“クロスズメダイ”たちも
ここではとても人懐っこく近くまで寄ってきてくれました。
おふたりを取り囲むように泳いで、どこまでもついてきていました。

“クロスズメダイ”という名前が付いているこのコたちですが、
よーく見ると、体の色は黒というより実はとってもきれいな紺色です。
じっくり色を見分けられるほど近くまで寄ってきてくれました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

細長〜い“アオヤガラ”が仲良く二匹で泳いでいました。
魚らしからぬあまりの細さなので、
お客様に「ここにいますよ」と指をさしてお伝えしても、
すぐには気付いていただけないこともよくあります。

石垣島 アオヤガラ

ここでは“アオリイカ”の大きな群れにも会うことができました。
警戒心が強いので、普段はダイバーの姿を見かけると遠くに逃げて行くのですが、
今日は大きな群れでいることで安心して、少し警戒心が薄れているのでしょうか。
離れて行くどころか、逆にジリッジリッと近付いてきました。
“アオリイカ”たちのことも、すぐそばで観察することができました。

石垣島 アオリイカ

今日は“マンタ”に会いに行くことはできませんでしたが、
たくさんの石垣島の魚たちに会えた2本のダイビングでした。

午後からはご家族で石垣島旅行中のお父さんとファンダイビングへ出発です。
午前中はお子さんと一緒にシュノーケリングへ行かれていたそうです。
これからしばらくはご家族のみなさんとは別行動の趣味の時間!
のんびりと久しぶりのダイビングを楽しみましょう♪

まずは浅瀬のダイビングポイントで、
サンゴ礁や小さな熱帯魚たちに会いに行きましょう。
サンゴの山に棲むかわいい“ハマクマノミ”が顔を覗かせたので、
ご持参の水中カメラでさっそくじっくり撮影しましょう(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

岩陰からニョロニョロッと現われた“クロガシラウミヘビ”。
ヘビというとみなさん怖いイメージがあるようでびっくりされますが、
実際はとても大人しくてやさしいコたちなのです(^_^)
むしろ、こちらの驚きの何倍も彼らの方が驚いているようで、
一目散に水面まで泳いで行ってしまいました。

石垣島 ファンダイビングの様子

少し深い水深まで潜ると、“ハナミノカサゴ”たちが集まる大きな岩山があります。
長いヒレを羽のように広げて海の中を飛ぶように泳いでいるコや、
岩の上にちょこんと乗っかって羽を休める鳥のように寛いでいるコなど、
それぞれ思い思いに午後の時間をのんびり過ごしているようでした。

石垣島 ファンダイビングの様子

大人の“ハナミノカサゴ”たちは立派なヒレを自慢げに広げて、
とても優雅にゆったりと泳いでいましたが、
小さな子どものヒレはとってもか細くて、
まだまだ飛んでいるみたいに上手に泳ぐことはできないようです。

石垣島 ファンダイビングの様子

こちらの岩の上では、ゆっくりゆっくり歩く“ワモンキセワタ”。
貝殻を持たない貝・ウミウシの仲間です。
よ〜く見ると、体の正面につぶらな目があるのが分かります。

石垣島 ワモンキセワタ

擬態名人の“クマドリカエルアンコウ”は、
今日も岩にできた窪みの中にすっぽりと収まっています。
エサの小魚が前を通るのをジ〜ッと待っています。

何も知らない小魚が目の前を通ると・・・パクッ!
決定的瞬間を目撃してしまいました!

石垣島 ファンダイビングの様子

今日出会ったたくさんの海の景色は、カメラの中にも(^_^)
ホテルでお待ちのご家族にも、海の世界を見せてあげてくださいね!

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.