ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメかわいいペア(^_^)
ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2011年9月22日(thu)カモメの足あと

長く続いた台風15号の影響も次第に収まってきたようです。
ウネリはまだ少し残っているものの、
ようやく石垣島の北の方にあるポイントへも足を延ばせそうです。

今日で4日目を迎えたお客様の石垣島ダイビング旅行。
海況が落ち着くまでお休みしていたアドバンスライセンス講習も再開し、
さっそく楽しみにしていた(!?)ディープダイビングから始めましょう!

初級のオープンウォーターライセンスでは最大深度は18mまでと決まっています。
今回、中級のアドバンスライセンスではさらに大きくステップアップして
限定解除するために水深30mの世界でのダイビングに挑戦です。
水深が30mを越えると、体に何か変化は起こるのでしょうか?
イメージとしては、水圧が増して体がギューッと押さえ付けられる感じ・・・?
しかし、実際には体感できるほどの変化はありません。

水深5mの時と感覚はほとんど変わりはないのですが、
体の中に取り込まれた空気中の窒素が影響して
『窒素酔い』という症状が出ることがあります。
『窒素酔い』にかかるとお酒に酔った時と似たような症状が現われます。
頭がしびれたようになったり単純な作業もできなくなってしまったり
簡単なことが思い出せなくなったりする場合があります。
『窒素酔い』にかかる水深は個人差がありますが、
30mより深い水深に行くとかかりやすくなると言われています。
今日は32mまで潜りましたが、お客様は大丈夫でした(^_^)

もしかかったとしても、水深を浅くすればすぐに元に戻るので心配は要りません。
今回のように安全を確保された状態で体験するなら、ちょっと面白いかもしれません。

初めて訪れた水深30mの海の世界には、
たくさんの“ハナミノカサゴ”たちが群れる楽園がありました。

石垣島 アドバンスライセンス講習の様子

船の上で着た時はフワフワだったウエットスーツも
深い水深では水圧でペッタンコになってしまいます。
ただ、こちらも浅瀬に戻ってくると元通りの弾力になります。

ここの浅場の岩山には、
随分前から2匹の“ハダカハオコゼ”が棲み付いています。
いつも寄り添っていて、とても仲がいいペア?です(^_^)

石垣島 ハダカハオコゼ

この“ハダカハオコゼ”たちが狙っているのは
近くで群れいている“アカネハナゴイ”たちです。
その“アカネハナゴイ”たちもまた
エサになるプランクトンを元気に追いかけていました。

石垣島 アカネハナゴイ

今日は“アカククリ”の群れの中を泳ぐこともできました。
優雅に泳ぐ“アカククリ”と同じ水深に留まり、
中性浮力をとることもかなり上手にできるようになりました。
浮力の調整も楽にできるようになってきましたね(^_^)

石垣島 アカククリの群れ

明日はいよいよ講習の最後の項目『ナイトダイビング』です。
講習で身に付けたことを活かしつつ・・・
初めての夜の海の景色を楽しみながらがんばりましょう(^_^)

午後からは今日と明後日の2日間ご参加いただく予定のお客様と
ファンダイビングへ出港しました♪
石垣島の海へお越しいただくのは今回が初めてだそうです(^_^)
まずは緊張をほぐすために、石垣島おすすめポイントのひとつ、
浅瀬のサンゴ礁のポイントでダイビングをスタートしましょう!

浅瀬の海で必ずと言っていいほど出会うのが、“デバスズメダイ”の群れです。
サンゴの山の周りを右へ左へと元気いっぱい泳いでいる水色の小さな魚たちです。
彼らが作り出すアーチは、石垣島の海の中でも一押しの見どころです。

石垣島 ファンダイビングの様子

緊張がほぐれてきたら、次は地形がおもしろいポイントへ行きましょう。
少しずつ水深を下げ、海底トンネルの中をくぐって行くと
両脇にそびえ立つ大きな岩の壁が冒険心を煽ります!
そのさらに上のトンネルの天井に開いた穴からは
海水を透過してコバルトブルーになった太陽の光が射し込んできます。

石垣島 ファンダイビングの様子

トンネルを抜けた先には、“ソフトコーラル”が一面に群生しています。
ピンクやグリーン、黄色などいろんな色があってとてもカラフルで、
さらに形もさまざまなのでまるで花畑のようにきれいな景色です。
指先でそっと触れてみると、サンゴなのにフニャフニャと柔らかいのもおもしろいです。

石垣島 ファンダイビングの様子

ソフトコーラルの隙間に棲むイソギンチャクの中からは、
“ハマクマノミ”が顔だけチョロっとのぞかせていました。
この辺りはダイビングであまり潜ることのないポイントなので、
他のダイビングポイントに比べて魚たちがダイバーに慣れていません。
たまにやってきたダイバーのことを、とても興味深そうにみています(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

初日の3ダイブはあっという間に終了しました(^_^)
“マンタ”のリクエストをいただいていましたが・・・
残念ながら今日は風が強めなのでポイントへ行けませんでした。
またご参加いただく明後日は、少しでも海況が安定してくれるといいですね!

今夜はカップルのお客様とナイトシュノーケリングへ出掛けました。
日がすっかり沈み暗くなった海へ泳ぎ出ると
それだけで普段味わうことのないドキドキ感があります(^_^)

ライトで夜の海を照らしながら沖へと泳いで行くと
穴の中で眠る“ハリセンボン”を見つけました。
あんまりよく寝ているのでそ〜っと持ちあげてみましたが、
しばらくは持ちあげられていることに気付かないまま眠り続けていました(^_^)
そのうち寝ぼけながらも触られていることにやっと気が付くと、
水を吸い込んでプクーっとまん丸に膨らんでしまいました。
手を放してあげると、またしぼみながら元の場所へ戻って行きました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

岩の隙間には緑色の“ブダイ”が眠っていました。
昼間はあんなに元気に泳ぎ回っている“ブダイ”も
夜は小さな穴にすっぽり収まって静かに眠っています。
水中ライトの光にも気付かないほどぐっすり熟睡していました。
大人しい“ブダイ”もなんだかかわいいですね(^_^)

石垣島 眠るブダイ

暗い夜の海の中で緑色に光る“夜光虫”も見ることができました。
ポッポッ・・・と周りを取り囲むように光る様子がとても幻想的です。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.