ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメカメラの前に/ダイビング体験・ナイトシュノーケリング

2011年8月15日(mon)カモメの足あと

昨日から、再び青い石垣島の空が戻ってきました。
今日も朝から眩しいくらい陽射しの中、
初めてダイビングに挑戦されるお客様と出港です!

おふたりとも今回が初のダイビングとのことでしたが、
事前練習も潜行もスムースに進み、順調に海底まで到着しました(^_^)

海底では、朝の澄んだ流れの中で魚たちが朝食の真っ最中!
目覚めて間もない魚たちは元気を持て余したように勢いよく泳ぎ回り、
ダイバーが構えるカメラのすぐ目の前までやってきます。

すぐ近くで魚たちの写真を撮ることができてうれしいのですが、
ダイバーが写せないほどカメラの真正面に来られるのも少し困りものです(^_^;)

石垣島 ダイビング体験の様子

“カクレクマノミ”たちもカメラのレンズに興味津々、
ピントが合わなくなるくらいまでカメラに近付いてきてくれます。
いろんなポーズを決めてくれて人懐っこいコだな〜(^_^)と思っていましたが、
実はレンズに写った自分の姿を他のクマノミだと思って
追い出そうとして近付いてきているのかもしれません。

石垣島 ダイビング体験の様子

ダイバーの気配を感じて近付いてくるのは、
いつもの“シチセンムスメベラ”と“オグロトラギス”。
まん丸い目をキョロキョロ動かしながら、愛嬌たっぷりに泳ぐ2匹です。

石垣島 ダイビング体験の様子

こちらもダイバー姿を見つけると、
離れたところからでも寄ってくる“ホンソメワケベラ”です。
スイスイスイスイと胸ビレだけを動かす独特の泳ぎ方で近付いてきます。
他の魚たちの体に付いたゴミなど掃除するのが得意な魚なのですが、
ここに棲む夫婦はなんとダイバーの耳掃除が大好き!
今日もお客様の不意をついて(^_^;)、ツンツンツンッとしていました。

石垣島 ダイビング体験の様子

出会ったたくさんの魚たちといろんな海の景色、
1時間の間にいっぱいカメラにおさめることができました(^_^)

午後からのお越しいただいたお客様は「泳ぎが得意ではなく不安・・・」と
シュノーケリングでご参加予定でしたが、
実は、ダイビングにも興味がおありだったそうです。
まずはウォーミングアップを兼ねてシュノーケリングで泳いでみて、
自信が付いたら今日はダイビングにも挑戦してみましょうか(^_^)

水面に浮かんでいるシュノーケリングでは波に揺られるので、
力が入ってしまってバランスをとるのに少し苦労されていました。
ですが特に問題なく上手に泳いでいらしたので、これなら大丈夫そうです♪

ダイビングは海の底まで潜るので、水面よりも波の影響を受けません。
一度海底に付いてしまえば波に揺られることもなく安定するので、
実際お客様も水面に浮かんでいる時よりも楽だったそうです(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

目の前に広がる世界、目線はサンゴ礁の景色に釘付けです!
しばらくは緊張から体のアチコチに少し力が入っていましたが、
入れ替わり立ち替わりやってくる魚たちにも励まされて(?)、
気が付くと肩の力もすっかり抜けてリラックスされたようです(^_^)

心配してくれたのかな?
真っ赤な顔をした“ヤシャベラ”は
この後もしばらく横を一緒に泳いでついてきてくれました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

陽射しが強くなり、“ダンダラスズメダイ”たちが育てている藻も
グングン成長してびっしりと茂っていました。
美味しそうに伸びた藻を横取りしてやろうと畑に入ってくる魚も多いようで、
この藻の畑の主は侵入者を追い払うのに忙しそうでした。

石垣島 ダイビング体験の様子

いつもはあまりイソギンチャクから離れようとしない“カクレクマノミ”。
今日はなんだか、イソギンチャクからの距離がいつもより遠いような・・・?
ヒラヒラとゆっくり泳ぎながら、こちらへ近付いてきてくれました(^_^)
ゆっくり安定した静かな呼吸ができていたので、
“カクレクマノミ”たちも安心したのかもしれませんね(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

ちょっと勇気を出して挑戦していただいた初めてのダイビング体験は
すぐ目の前でいろんな魚たちに会えて、大成功のうちに無事終了しました(^_^)

夕方のダイビング体験ツアーにお越しいただいたお客様も、今回が初ダイビングです。
練習を始める前は、不安がいっぱいで色んな事を考え過ぎてしまったそうです。
普通に呼吸するのもどうしていいのか分からなくなって、
吸っていいのか吐いていいのか悩んでしまうほどでした(^_^;)

頭の中でグルグル考えるより、とにかくやってみましょう♪
今考えているよりも、実際はとっても簡単なんですよ(^_^)
レギュレーター(呼吸器)は付けていますが、呼吸は普段とまったく同じです。
考えることを止めたら・・・ほら!
とっても簡単であっとういう間に海底に到着できました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

海の世界に慣れてきたところで、水中写真の撮影にも挑戦です。
まずは、イソギンチャクの中で元気に泳ぐ“ハマクマノミ”たちをパシャ!

石垣島 ダイビング体験の様子

魚たちはそろそろ夕食の時間です。
夜になる前にできるだけおなかいっぱい食べようと
エサのプランクトンを一生懸命追いかけていました。
みんなおんなじ方向を向いて、行進するように行儀よく泳いでいます。
見事なチームワークですね。
“ブダイ”も、小魚たちの見事な泳ぎに見とれているのでしょうか・・・?

石垣島 ダイビング体験の様子

見る物すべてが、海の中と陸の上とでは違います。
始めに感じていた不安感はもうどこかに消えてしまい、
後半はいつの間にか笑顔になっていました。
特に“カクレクマノミ”には
みんなを笑顔に変える魔法の力があるみたいです(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

初めて過ごした海の中での60分はあっという間に終了!
覚えきれないほどたくさんの海の中の思い出も、
ちゃんとカメラの中にしまい込むことができたようです。

今夜はナイトシュノーケリングへ出掛けました。
お客様は何度もシュノーケリングされているそうですが、
夜の海で泳ぐのは今回が初めてだということです(^_^)

水中ライトを手に沖へと泳ぎ出すと、
すぐにいろんな魚たちが眠っている姿を観察することができます。

頭をサンゴの隙間に突っ込んで、逆立ち姿勢で眠る“ミスジチョウチョウウオ”。
他の魚は昼間と同じように泳ぐ姿勢のまま眠っているのですが、
“ミスジチョウチョウウオ”たちはこの方が落ち着いて熟睡できるのでしょうか?

石垣島 眠るミスジチョウチョウウオ

ユラユラ波の揺りかごに揺られている“ヒトツラハリセンボン”は
心地よい波のリズムに身を任せて気持ち良さそうに眠っています。

石垣島 眠るヒトツラハリセンボン

眠りについた魚たちと交代で岩の隙間から這い出してきたのは“アカヒズメガニ”です。
カニやエビたちは、夜になると活動的になって海の主役になります(^_^)
“アカヒズメガニ”は一見すると邪魔になりそうなほど大きなハサミを器用に使って
岩に張り付いた海藻を剥がし取ってせっせと食べていました。
今日はいつもの夜よりたくさんの数の“アカヒズメガニ”に会いました。
大きいコも小さいコも、みんなムシャムシャと藻のごちそうに夢中です。

石垣島 アカヒズメガニ

サンゴのそばでクルンと体を丸くして眠る“コクテンフグ”は
スーッス〜ッ寝息が聞こえてきそうなほど気持ちよさそうに眠っていました。
パッチリした目はまるで起きているように見えますが、
こちらがじっくり観察しているのにもまったく気付かないほど熟睡しています。

石垣島 眠るコクテンフグ

沖に出て水中ライトを消すと現われたのは、一面に広がる“夜光虫”の青い光。
波の刺激を受けると、ポッポッと淡く光り出します。
気が付いた時には周りをグルっと“夜光虫”の光に囲まれていました。

岸まで着いた時、ライトに集まるプランクトン目当てに
小魚たちがものすごい勢いで泳ぎ回っていました!
中には勢い余って体にぶつかってくるコも・・・。
海の中の様子は大宴会さながら!
数え切れない小魚たちがライトの光を体にキラキラ反射させながら
縦横無尽に目の前を横切って泳いでいます。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

西表島のビーチでご覧になったという“夜光虫”を
海の中でも見てみたいとナイトシュノーケリングにご参加いただきました。
念願の“夜光虫”を間近で、包まれるように鑑賞することができた夜でした(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.