ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海に咲く大輪の薔薇?
ダイビング体験・ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2011年8月2日(tue)カモメの足あと

晴天が続いている石垣島ですが、
先日発生した台風9号が沖縄に近付いて来ているようです。
その影響か、波が少し高くなってきました。

午前中はご家族でお越しいただいたお客様とダイビング体験へ。
少し海面に揺れがあるので、水面での練習は手早く終わらせて、
できるだけ早く海の中に潜ってしまいましょう。
不思議なもので水面にいる間は体が揺さぶられるほどの大きな波でも、
海の中に1mも潜ってしまえばその影響はほとんどなくなってしまいます。

みんなも無事に海底へと到着し、
ご家族4名そろって石垣島海中冒険スタートです!

石垣島 ダイビング体験の様子

なかなか居心地のいい場所が見つからないのか、
サンゴの山を上へ下へと頻繁に引っ越しをくり返している“ハタゴイソギンチャク”。
今日は下の方まで降りてきていました。
なかなか落ち着き先が決まらないので、
中に棲んでいる“カクレクマノミ”も困っているのではないでしょうか(^_^;)

石垣島 ダイビング体験の様子

こちらのサンゴの山に住んでいるのは“ハマクマノミ”。
ここに棲む“ハマクマノミ”たちは石垣の海でも1、2を争うほどフレンドリーです。
手を差し伸べると、チョロチョロっと出てきてくれます(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

船酔いを心配していたお姉ちゃんも最後はケロリっとして、
海の中でも一番元気に泳いでいました(^_^)
できるかな?とちょっと心配だった弟くんも、とっても上手に泳げましたよ(^_^)
緊張からか少し体が寒くなってしまったようでしたが、また元気を出して、
午後からもみなさんで観光を楽しんでくださいね!

午後からは4日間のご日程でご参加いただいているお客様とファンダイビングへ。
今回は15年ぶりのダイビング再開ですが、順調に本日は3日目です(^_^)
初日と2日目は中性浮力にまだ自信が持てず、サンゴの上を泳ぐのは
「体が沈んでサンゴを壊してしまわないか心配・・・」とおっしゃっていました。

ブランクがおありとのことでゆったりペースで始めた今回のダイビングですが、
その前にはしっかり技術を身に付けていらしたので、感覚を取り戻すのも早く、
この2日間で中性浮力もしっかり思い出してバッチリに(^_^)
今日は満を持して、サンゴの森の上を泳ぎましょう♪

山の上にもサンゴ!谷の下にもサンゴ!
一面のサンゴの上を泳ぐ時は少し緊張します。
それでも、サンゴの間を自由に泳ぎ回りながらエサを追いかける
いろんな種類のスズメダイたちを見ているうちにリラックスしてきます(^_^)
浮力に気を取られ過ぎなくても、自然と泳げるようになっていました。
もちろんサンゴを壊すこともなく、フワフワと気持ちよく泳いでいらっしゃいました(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

どこまでも続くサンゴの森。
その中にはいろんな種類のサンゴたちがひしめき合って棲んでいます。
特に“キッカサンゴ”はお花のように幾重にも重なったとてもきれいな形をしています。
サンゴの森に咲く1輪の花のようです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

夏の間、いろんなところで見ることができる小魚たちの群れ。
ここでは金色の体に光を反射させて泳ぐ“キンメモドキ”たちが
キラキラと大きな岩を取り囲むように群れて泳いでいます。

その群れの中に入り込んでしまうと視界の中はみんな“キンメモドキ”で、
自分も彼らの一員になったような錯覚をしてしまいます(^_^)

ファンダイビングの様子

大きな岩の下に棲んでいる“ドクウツボ”は、
“ホンソメワケベラ”のクリーニングを気持ちよさそうに受けています。
体長1m以上はありそうな大きな体に鋭い牙も持っているので、
近寄って目が合うと最初は少し怖いなと思ってしまいます。
実際は、目がそんなに良くないのであまりこちらのことは見えていないそうです。
近寄り過ぎて手を出したり、不安感を与えなければ攻撃してくることはありません。
一見強面なウツボですが、クリーニングにボーっとリラックスしている表情は
なんだかとってもかわいくも思えてしまいます(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

次のポイントでは、海底にいくつも伸びるトンネルをくぐりました。
すぐ出口が見える短いものや、入口からは出口の光が見えない長いものなど、
冒険心をくすぐる様々なトンネルがあり、探検のような気分です。

石垣島 ファンダイビングの様子

洞窟の天井に開いた穴には、ここの住人“アカマツカサ”たちが群れています。
大きな大きなパッチリした目は、
暗い洞窟の中でも光を集めやすく、よく見えるそうです。

石垣島 ファンダイビングの様子

今日もいろんな海の景色に出会うことが出来ました。
明日はいよいよ石垣島ダイビングの最終日!
もう一度お気に入りの海底温泉へ行って潜りましょうね(^_^)

今夜はナイトシュノーケリングに出掛けました。
ポイント近くに車を停めて、小道を抜けるとビーチへ出ます。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

山の向こうに沈む夕日が、静かな水面を紫やオレンジ色に染めています。
黄昏空に見とれているうちにあたりが暗くなってきたので、
そろそろウエットスーツに着替え海へ泳ぎ出しましょう。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

暗くなった海は“夜光虫”の青緑の光が広がる宇宙空間のような世界。
皆さんが足ヒレを蹴る刺激に反応して、数え切れないくらいの光を放っていました。

昼間はあまりで会うことのないアナゴの仲間にも遭遇。
他の魚たちが寝静まった夜の海で、
ひとりエサ探しにニョロニョロとお出掛け中のようです。

石垣島 アナゴ

昼間は体のほとんどの部分がきれいな黄色をしている“アカヒメジ”ですが、
眠る時は体のほとんどを赤くして夜のパジャマに着替えます。
暗い海ではこの方が目立たないのでしょうね。
安心して、ぐっすり熟睡していました。

石垣島 眠るアカヒメジ

海の中ではたくさんの“夜光虫”といろんな魚たちが眠る様子を見ました。
今夜は星もきれいでした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.