ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ地形のポイントへ!
シュノーケリング・ファンダイビング・ナイトシュノーケリング

2011年8月1日(mon)カモメの足あと

晴天が続いている石垣島です。
贅沢にも、たまには雨でも降れば涼しくなるのになぁと思ってしまいます(^_^;)

午前中はご家族で石垣島ご旅行中のお客様とシュノーケリングへ。
少し波があるので、今日は波の影響の少ない島陰のポイントへ向かいます。
風はそよそよと吹いているのですが、
陽射しが強いのでウエットスーツを着るとすぐに汗が吹き出してきます。
海に入った時にスーツの中に入ってくる海水が冷たくて、
すぅ〜っと汗が引いていく感じがとても気持ちいいです。

石垣島 シュノーケリングの様子

みなさん何度もシュノーケリングのご経験がおありだそうで
スイスイスイ思い思いにサンゴ礁の上を泳いでいらっしゃいました。

岩の壁は“アカネハナゴイ”たちのお気に入りの棲み家です。
亀裂が入っていてたくさん隠れる場所があるので、
生まれて間もない小さな赤ちゃんたちも安心して集まっています。
水面から眺めると、風に吹かれて舞い散る花ビラのようでとってもきれいです。

石垣島 シュノーケリングの様子

はしゃいで泳いだので、ちょっとオーバーヒート気味のお子さんたち。
休憩を挟んで一息ついたら、船で次のシュノーケリングポイントへ移動します。

こちらのポイントでは、たくさんの魚たちが集まる大きな岩の周りを泳ぎました。
いろんな種類の魚の子供たちが1ヶ所で集まっている不思議な光景です。

海の中は弱肉強食の世界。
成長して大きくなるにつれて喰う者と喰われる者に分かれますが、
小さい間は種類の違いも関係なく、魚の幼稚園でみんな仲良く一緒に泳いでいます。

石垣島 シュノーケリングの様子

ウエットスーツは浮輪を持っているのと同じくらい浮力があるので、
着ている時は素潜りで海底を目指すことがとても難しくなります。
ツアーの最後はウエットスーツを脱いで、素潜りにも挑戦されていました。

石垣島 シュノーケリングの様子

午後からは今日もファンダイビングに出港です!
昨日から4日間のご予定で15年ぶりのダイビングを満喫されているお客様。
海の中での感覚も大分戻ったようで、楽しむ余裕も出てきましたね♪

今日の1本目は海底から温泉が吹き出すポイントへ。
温泉の吹き出し口に手をかざしてみると、今日はいつもより温度が高いようです。
しばらく手を入れているとじんわりと熱く感じてくるほどでした。

石垣島 ファンダイビングの様子

真っ赤なサンゴ・“イソバナ”の上には
“ハナミノカサゴ”の子どもがちょこんと乗っかっていました。
夏になると“イソバナ”の周りにたくさんのスズメダイの赤ちゃんが集まるので、
それを狙う“ハナミノカサゴ”がどこからかやって来ます。
気持ちよさそうに青い海を泳いでいるスズメダイの赤ちゃんたちですが、
生まれた瞬間から早くも弱肉強食の食物連鎖の真っ只中にいます。
厳しい世界の中で強く生きていかなければならないんですね。

ファンダイビングの様子

「海の中のおもしろい地形の中を泳ぎたい」とリクエストをいただき、
2本目は岩山に開いた穴や洞窟などがたくさんあるポイントへ向かいました。
ゆっくり船を走らせていると温かい風が体に当たり、
1本目の穏やかな疲れを癒しながらのんびりした気分になります♪

水面の上から見る景色と、ダイビングで海の中から見る景色では、
随分と雰囲気が違うように見える岩礁のポイント。
船の上からはゴツゴツした岩の塊のように見えますが、
実際に潜ってみると渓谷があったりトンネルがあったり、様々な表情があります。
自然が作り出した複雑に組み合わさった岩のテラスの下を通ると、
天井に開いた穴から太陽の光がキラキラと射し込んできれいです。
魚たちもココがお気に入りのようで、
ハギやブダイ、チョウチョウウオ、フエダイの仲間など、
いろんな種類のコたちが集まっていました。

石垣島 ファンダイビングの様子

潮の流れに添って長い帯のように群れで泳ぐ“アカネハナゴイ”たちは
新たに流れついた赤ちゃんたちも大勢加わり、以前にも増して大きな群れになっています。

石垣島 ファンダイビングの様子

3本目を潜る頃には周りにいた他のダイビングの船も港へ戻り、
とても静かな海をひとり占めした気分でのんびり泳ぐことができました。
よく考えてみると、こんなに静かな空間は
日常生活ではあまり味わうことがないかもしれません。

船の上は静かでしたが、海に潜ると中はとっても賑やか(^_^)
洞窟の中にはたくさんの“テンジクダイ”たちが集まっていて
1m先が見えなくなってしまうくらいの数でした。
岩山の上では、何万匹ものスズメダイたちの乱舞も見られました。
みんな、暗くなる前に今日最後の食事に大忙しのようです。
パクパクパクと夢中で口を動かし、エサのプランクトンを追いかけていました。

遠くの方には“アオウミガメ”が泳ぐシルエットも発見しました。
今夜の寝床を探しに出掛けたのでしょうか?

石垣島 ファンダイビングの様子

今日の1番のお気に入りは海底温泉。
故郷の北海道の風景に似た、少し薄暗い海底の景色だったそうです(^_^)
最終日にまたもう一度行ってみましょう!

夕暮れの時間に合わせて、今夜はナイトシュノーケリングへ。
ポイントへ着くと、山の向こうに夕日が沈んで行くところでした。
いろんな色がひとつの空で入り混じ合う黄昏色の景色に
これから始まるナイトシュノーケリングへの期待でワクワクしてきますo(^_^)o

沖に向かって泳いでサンゴ礁を越えて行く頃には
空は真っ暗になって、一面の星空が広がっていました。

広い空を半分に分けるように伸びる天の川や、たくさんの星座たち!
人工衛星や流れ星も見ることができました。

再び海の中に目を向けると見られるのが
夜空の星にも負けないくらいたくさんの“夜光虫”たちの輝きです。
辺り一面が青白い幻想的な光に囲まれていました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

真っ暗な海の中で自然が作り出した壮大なイルミネーション、
どれだけ眺めてもまだまだ見ていたくなる夜の海の景色でした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.