ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメいろんな寝相
シュノーケリング・ダイビング体験・ナイトシュノーケリング

2011年7月23日(sat)カモメの足あと

モクモクと大きな入道雲が水平線の上にできています。
今日も夏空に真っ白な雲が映える石垣島です。

ご家族で石垣島をご旅行中の皆様と午後からのんびり海へ♪
今日は、シュノーケリングもダイビング体験も両方挑戦します!
どちらもお子さんたちにとっては初めての体験だそうです。

まずはシュノーケリングでプカプカ海に浮かびながら、
サンゴの山の上で昼食中のお魚たちに会いに行ってみました。
お昼ころまで潮の流れが止まっていたので魚たちも休憩していたようです。
みんなが海に飛び込んだ頃には潮が引き始めて、
海の水が岸から沖の方へゆっくりと動き出すと魚たちのライチタイムが始まります(^_^)
隠れてのんびりしていたサンゴの陰から元気よく泳ぎ出し、
プランクトンを追いかけながらみんなが泳ぐ水面辺りまで上がってきました(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

あんまりそばまで近づいてくるので、捕まえられそう!
そう思って、試しに広げた手をシュッと合わせてみても・・・
お魚たちはスルリッと隙間から上手にすり抜けて行きます。
追いかけっこは続きましたが、お魚たちにはかないませんね(^_^)

石垣島 シュノーケリングの様子

輝くサンゴの山の上での初めてのシュノーケリングは無事終了!
つぎはいよいよダイビングで水深5mの海底を目指します!!

石垣島 シュノーケリングの様子

耳が水圧で押されて痛くならないようにする『耳抜き』も、みんな上手にできました。
水面でのシュノーケリングも楽しかったけど、海の底に広がる世界もまた別の楽しさです。

海底には、水面では見られなかった生き物たちもたくさんいます。
一生懸命泳いでも頭が重くて下に落ちてきてしまう“サカサクラゲ”は
忙しなく傘を動かしてピコピコピコピコ一生懸命泳ぎます。
初めて会う不思議でかわいい生き物に釘付けになってしまいます(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

“カクレクマノミ”たちにも会えました。
大きなお奥さんに小さな旦那さんの夫婦と、
新しく流れついたまだご飯粒よりもちっちゃな赤ちゃんもいました。
チョコチョコとまだおぼつかない泳ぎですが、
イソギンチャクの中を元気いっぱい、一生懸命泳いでいました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

海の中では何もかもが陸の上とは違います。
すくい上げた砂も陸の上ではサラサラと落ちて行くだけですが、
海の中ではモクモクと煙のように舞い上がって広がります。
それが面白くて何度も何度も遊んでいると、
その様子を嗅ぎつけた(?)“シチセンムスメベラ”がやってきて
マネしておんなじように砂を掘り返し始めました。
どうやらその砂の中にエサの貝が潜っていたようで、
見事にカプリと口にくわえて砂煙の中から出てきました。

石垣島 ダイビング体験の様子

水面と海の中、たくさん泳いでいろんな海の中の不思議を見つけました(^_^)

晴れた日の黄昏時は沈む夕日と夕焼け空がきれいです。
ナイトシュノーケリングのポイントに着くとまだ陽が沈んで間もないので
きれいな黄昏色の夕焼け空を見ることが出来ました。

石垣島の夕焼け空

お忙しいお仕事をやりくりしていらしたという石垣島!
せっかくのお休み、心ゆくまで大好きな海を味わいたいということで、
今日は急きょナイトシュノーケリングツアーにお申込みいただいたそうです。
水中ライト片手に陽が沈んで暗くなった海へ泳ぎ出します。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

昼間はダイビングをされていたそうです。
太陽がたっぷり降り注ぐ昼間のサンゴ礁もカラフルできれいですが、
真っ暗な海の中どこまでも広がっている枝サンゴたちの群生も神秘的で美しいです。
海の中ではないような、なんだか別の空間にいるようで不思議な光景です。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

枝サンゴの中を注意深く見ていると、
3匹の“テングカワハギ”が行儀よく仲良く並んで眠っていました。
長くとんがった針のような背ビレを少しピンッと立てて、
流されてしまわないようにサンゴの枝に引っ掛けて眠っていました。

石垣島 眠るテングカワハギ

テーブルサンゴの屋根の下には“ヒトツラハリセンボン”の子どもが
波にユラユラと揺られながら眠っていました。
波に揺られてサンゴの角にゴッンと頭をぶつけて少し目が覚めてしまったのか、
寝ぼけながらウロウロ泳ぎ回ってそこらじゅうに頭をぶつけていました(^_^;)

石垣島 眠るハリセンボン

“ブダイ”の仲間は岩やサンゴの隙間に隠れて眠ることが多いのですが、
この“タイワンブダイ”だけは別で、どこにも隠れず堂々とペタンと横になって眠っています。
警戒心のないその寝相・・・思わず笑ってしまいます(^_^)

石垣島 眠るタイワンブダイ

合計6個のイソギンチャクを背負った“ソメンヤドカリ”。
それでも走る速さはヤドカリ界で1、2を争うほどのスピードで、
今日もライトに驚いてあっと言う間に走り去って行ってしまいました。

石垣島 ソメンヤドカリ

沖に出てライトを消すと、辺り一面は小さな緑色の光に包まれます。
“夜光虫”たちが輝くこの光景が、今日1番見たかった景色です。
足ヒレの動きに合わせ、尾を引くように光り続けていました。
空に掛る天の川にも負けない、海の中を流れる淡い緑色の光の川が現われました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.