ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメハンターな魚たち/ファンダイビング・シュノーケリング

2011年7月18日(mon)カモメの足あと

今日も石垣島は青空の朝から始まりました。
毎朝のクマゼミたちの大合唱もシーズンの始め頃はうるさく感じましたが、
今ではすっかり慣れたどころか、聞こえないと寂しく感じるくらいです。

ご夫婦でお越しいただいたお客様は、2年ぶりのファンダイビングとのこと。
お子さんにはベビーシッターさんとちょっとだけお留守番してもらって
短い時間ですが、おふたりで久しぶりのダイビングをお楽しみください(^_^)

まずは浅い水深のダイビングポイントで久しぶりの海の中の世界に慣れましょう。
浅瀬のサンゴの周りには小さな魚たちがたくさん群れていて、
楽しみながらダイビングの感覚を思い出していくことができます。
水色の“デバスズメタイ”や透明な体の“スカシテンジクダイ”が
サンゴの隙間からブルーの海へと元気よく飛び出す様子が見られました(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

ちっちゃなサンゴの山で、じ〜っとしている2匹の“ハダカハオコゼ”。
そのすぐ上を泳いでいる“スカシテンジクダイ”の群れを目で追っていましたが、
そのうち・・・狙いを定めてパクッ!決定的瞬間を目撃してしまいました。

石垣島 ハダカハオコゼ

次のポイントでは“ハナミノカサゴ”の子どもに会いました。
長〜いヒレをなびかせてゆったりと優雅に泳ぐ姿は、一瞬魚には見えません。

石垣島 ハナミノカサゴの子ども

深い水深へ移動していくと
今度は大きく成長した大人の“ハナミノカソゴ”に会いました。
子どもの頃と比べると随分体つきもがっちりして、
長くなびいていたヒレも少し短くなってくるようです。
ピンク色できれいだった体の色も赤黒くなり、岩そっくりに変わっていました。

石垣島 ハナミノカサゴ

こちらの“ハナミノカソゴ”が狙っているのは
岩山を覆い尽くすように泳いでいるたくさんの“キンメモドキ”たちです。
群れが近くを通るたびに、ピクッピクッと反応しています。

石垣島 キンメモドキの群れ

“ハナミノカソゴ”と同じ岩にいた“アカシマシラヒゲエビ”に手を差し出すと
チョコンと乗ってきて指の甘皮や角質をきれいに掃除してくれました。
いつもは魚の体についた虫や藻などの掃除が専門ですが、
時にはダイバーの手まで掃除してくれます(^_^)

石垣島 アカシマシラヒゲエビ

触手の先が丸く膨らんでいる“サンゴイソギンチャク”には
とても好奇心旺盛な“クマノミ”の夫婦が棲んでいます。
ダイバーが来ると、興味深そうに近寄ってきてくれます。

石垣島 クマノミ夫婦

銀色のお皿のような“アカククリ”が群れを作ってのんびり泳いでいます。
ダイバーを少しも怖がらず近くに行っても逃げようとしないので、
なんだか触れそうな気がしてそっと手を差し伸べてみると・・・
ヒョイと軽やかに身をかわされてしまいました。
のんびりしているところ驚かせてしまいましたが、海の住人にはやっぱり敵いません。

石垣島 アカククリ

2年ぶりのダイビングは無事終了!
おふたりの帰りを首を長くして待っているお子さんの元へ急ぎましょう。
もう少し大きくなったら、一緒に海で遊べるようになりますね(^_^)

午後からのお客様は海が大好きというおふたり。
今回は3泊4日のご旅行の間、
西表や石垣でダイビングやシュノーケリングを楽しまれるそうです(^_^)
ご到着日の今日も、さっそくシュノーケリングへ出掛けましょう♪

これまでにも何度もシュノーケリングのご経験がおありということで、
船から離れてすぐにスイスイっとスムースに泳いでいらっしゃいました(^_^)
今年のシーズンはまだ始まったばかり、
海での感覚を取り戻しながらゆっくりのんびり泳いで行きましょう♪

石垣島 シュノーケリングの様子

魚たちがエサのプランクトンを求めていつも集まってくるサンゴの岩。
今日もたくさんの“デバスズメダイ”たちがパクパク口を動かしながら
おふたりが泳ぐ水面近くまで上がってきていました。
小さな水色の身体にたっぷり太陽の光を浴びてキラキラしています。
同じサンゴの岩の下の方には、
“カクレクマノミ”が棲んでいるイソギンチャクもあります。

石垣島 シュノーケリングの様子

船に戻って少し休憩を挟みます。
波も穏やかで太陽もポカポカ、ゆったりしたゆりかごのような揺れに
コックリコックリと心地よい眠気を誘われます。
「眠ってしまうと起きれなくなってしまう(^_^;)」ということで、再び海へ!

まずは、浅いサンゴの山の上に棲む“ハマクマノミ”のところまで泳ぎます。
大きなメスは上を泳ぐおふたりに気付いて外まで出てきます。
その陰から、時折ちらっと顔を覗かせる小さいオスもかわいかったです。

石垣島 シュノーケリングの様子

“クマノミ”のメスはエサを追って水面の近くまで上がってきています。
クマノミの種類の中でもあまりイソギンチャクに依存していない“クマノミ”は
イソギンチャクからかなり遠くまで離れて冒険することができるようです。
(※クマノミの仲間には“ハマクマノミ”や“カクレクマノミ”など数種類がいますが、
その中の1種として、“クマノミ”という種類もいます。)

石垣島 シュノーケリングの様子

夕食まで少し時間があるので、これからまた少しビーチで過ごされるそうです。
明日からのツアーも気を付けてお楽しみくださいね(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.