ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメお天気回復中/シュノーケリング・ファンダイビング

2011年7月10日(sun)カモメの足あと

天候は徐々に回復してきましたが、
熱帯低気圧の影響でまだ風が強い今日の石垣島はです。
波も少しありましたが、船酔いするほどの揺れではありません(^_^)
ちょっと曇り空でしたが、海の中は明るくきれいに見えました。

石垣島 ダイビング体験

今日は2回目のシュノーケリングに挑戦の2歳の男の子と
お父さんお母さんのご家族3名様でご参加いただきました。
前回初めてシュノーケリングをした時はまだちょっと怖かったのか、
あまり海に入ることは出来なかったそうですが、
今回はピッタリのウェットスーツを着て、ご持参のマックィーンの浮輪に乗って、
準備万端で海の上をプカプカすることが出来ました(^_^)
お父さんとお母さんが見ている景色もちょっと気になって、
のぞきメガネから海の中を見てみました(^_^)
サンゴの隙間にいる“ハマクマノミ”も見つけることができましたよ。
「お魚見れた」と、今日一番嬉しそうなはにかみ笑顔を見せてくれました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

しばらく泳いでいると、向こうからやってくる船が気になり始めます。。。
乗り物好きだそうで、他のシュノーケリング船に興味が湧いてきて、
お魚よりもそちらを見ている方が楽しかったようです(^_^)

船に戻って一休み。
「今度はシュノーケリングを付けて泳いでみる?」と聞いてみると、
「おうちに帰りたい・・・」というお返事(^_^;)
ウエットスーツに着替えた時からちょっと困ったようなかわいい表情が印象的でしたが、
2回目の海は恐がることもなく海に入れて、しっかりパワーアップです(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

午後からはお友達同士でお越しのお客様おふたり様と
ファンダイビングとシュノーケリングに出掛けました。

まずは船を走らせて浅瀬のサンゴ礁へ向かい、シュノーケリングをしましょう。
つい最近も沖縄でシュノーケルをされたそうで、
今回は初めての石垣島でのシュノーケリングです(^_^)
波の影響の少ないポイントに到着したら、
まずは石垣島のサンゴと熱帯魚たちの海を泳ぎましょう♪

石垣島 ダイビング体験の様子

おひとりはダイビングのライセンスをお持ちで、素潜りもお手の物。
水面から海底までを何度も行ったり来たり、
海の中の世界も楽しんでいらっしゃいました。

お友達も体に入っていた力が自然に抜けてきて、
サンゴの山を2つ3つと巡っているうちに、泳ぎがとてもスムーズに(^_^)
おふたりそれぞれ思い思いに、自由に泳いでいらっしゃいました。

石垣島 ダイビング体験の様子

シュノーケリングのポイントから移動して、
次はライセンスをお持ちのお客様のファンダイビングです。
2ダイブのうち、1本はマンタポイントのご希望をいただいているので、
その途中にあるポイントで石垣島ダイビングをスタートしましょう♪

ここには夏になると、“グルクン”や“テンジクダイ”の子供など
たくさんの小さな魚たちがどんどん集まってきます。
海底の岩山全体を囲んだ小魚たちであちら側が見えないほどです。

石垣島 ダイビング体験の様子

それを狙い、小魚をエサにする魚たちもたくさん集まってきます。
大きな顔をした“オニダルマオコゼ”は岩そっくりに擬態し、
気付かずに目の前を通る小魚たちをパクッと捕まえて食べます。
岩のようにじっと動かないので、ダイバーも注意深く見ないと見逃してしまいます。

石垣島 ダイビング体験の様子

特にたくさん集まってくるのは“ミノカサゴ”で、こちらでもあちらでも・・・
長いヒレを広げて小魚たちを追いかけている姿が見られました。
一体どのようにしてこの場所の小魚たちを見つけ、
この広い海の中から集まって来るのか、とても不思議です。

石垣島 ダイビング体験の様子

船でさらに北部に移動し、次はいよいよマンタポイントです!
おふたり揃って“マンタ”に会えるように、まずはシュノーケリングをしましょう。

しばらく泳いで“マンタ”が集まる岩山の上に行くと、
海底ではたくさんのダイバーたちが写真を撮るフラッシュの光がピカピカ。
そんなダイバーたちの視線の先をたどると、
鳥が空を飛ぶようにパタパタとヒレを動かしながらやってくる“マンタ”がいました。

今日はダイバーだけでなく水面でシュノーケルをするお二人にもサービスしてくれて、
珍しくすぐ近くの方までゆったりと上がってきてくれました。
その大きさは下にいるダイバーたちと比べても、2〜3人分はある大迫力でした。

石垣島 夜のサンゴ礁

次はファンダイビング、今度は海に潜って“マンタ”に会うため、
しばらく探してみましたがなかなか現われてくれません・・・。

その間に海底トンネルをくぐってみました。
“マンタ”が来る岩山のてっぺんは少し水が濁っていましたが、
海底トンネルの中はひとつの浮遊物もなく、
何十メートルも先が見通せるほど澄んだ水で満たされていました。
天井からはブルーの光がたっぷりと入ってきていました。

石垣島 ウミテング

最後にもう一度、“マンタ”がよく来る岩山の上でしばらく待ってみましたが、
さっきの“マンタ”はもうどこかへ行ってしまったようでした。

石垣島 眠るブダイ

ここ数日はポイントまで行くことのできない海況の日もあったのですが、
今日はシュノーケリングでおふたり揃って初“マンタ”に遭遇できて良かったです(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.