ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメどこもいっぱい!/ダイビング体験・ファンダイビング

2011年7月9日(sat)カモメの足あと

今日もなかなか天気が回復しない曇り空の石垣島
昨日よりは少しずつ落ち着いてきましたが、まだ波があります。

本日のお客様は社員旅行で沖縄本島にいらしているそうで、
ダイビングのために1泊だけ別行動で石垣島にいらしたそうです。
「“マンタ”に会いたい」とリクエストをいただいていましたが、
今日の海況ではマンタポイントまで行くことが出来ませんでした・・・。

それでも、海の中は晴れの日とほとんど変わりなく光が降り注ぎ、
もちろん魚たちも元気いっぱい泳ぎ回っています(^_^)
初めての石垣島ダイビングとのことでしたが、
耳抜きも呼吸もバッチリ、順調に潜行して海底へ到着できました。

石垣島 ダイビング体験の様子

今日も海の中で待っていてくれた魚たちの大歓迎を受けました(^_^)
夏になると、魚たちの動きも冬とは見違えるほど活発になります。
「これが同じ魚なの!?」と思うほど、泳ぎも機敏!
また、冬はあまりダイバーにも近づいて来ないのですが、
夏はすぐそばまで遊びに寄ってきてくれるのも不思議です。
中でも“ブダイ”たちはいつにも増してフレンドリーになっていて、
体の下に潜り込んできて顔を見上げてきたり、
指の先っぽをツンツンとつついてじゃれて来たり、
なんだか仲良くなれたみたいでうれしくなります(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

夏は“サカサクラゲ”たちがたくさん集まってくるこのポイント。
いつもは海底で上下逆にひっくり返っていますが、
そっと手で持ちあげると、フワフワっと上がってピコピコ泳ぎます。

石垣島 ダイビング体験の様子

年中フレンドリーな“ヤシャベラ”も、この時期はさらに人懐っこいです(^_^)
真っ赤な顔とニュッと飛び出した牙、一見恐そうなイメージですが、
実際はとてものんびりしていて優しい性格のかわいい魚です。
ダイバーに興味があるのと、ダイバーが巻き上げた砂の中のエサを食べたいのとで
いつも近くに遊びに来てくれて、ダイバーの手元で遊んでいます。

石垣島 ダイビング体験の様子

今日は“マンタ”に会いに行けない代わりに、
少し深い水深でのダイビングに挑戦してみました。
最大水深18メートルの砂地の上では“ヒラムシ”がのんびり歩いていました。
形はウミウシに似ていますが、“ヒラムシ”は貝の仲間ではないので種類が異なります。
小さな体にいろんな色がちりばめられていてカラフルでとてもきれいです。

石垣島 ダイビング体験の様子

海底に面白い形をした貝殻が落ちている・・・と思ったら、
中にはしっかり住人のいる“クモガイ”の仲間でした。
貝にも目があるというイメージはあまりありませんが、
“クモガイ”の仲間にははっきり分かる二つの目が付いています。
殻の外まで目を出して、こちらの様子をうかがっていました。

石垣島 クモガイ

岩の隙間の奥の方には“ソリハシコモンエビ”が棲んでいます。
掃除が得意なので、いろんな魚が体の寄生虫や汚れを取ってもらいに訪れます。
手を差し伸べるとポンっと乗ってきて、甘皮や角質を掃除してくれました。

石垣島 ソリハシコモンエビ

“ソリハシコモンエビ”が棲む穴の上を見上げると、
たくさんの“テンジクダイ”や“ハナダイ”、
“ロクセンフエダイ”や“グルクン”の子供たちが集まって
何万匹もの大きな群れを作って仲良く泳いでいました。
キラキラ光を反射しながら泳ぐ群れを見ていると、
思わずしばらくの間ボーッと眺めていたくなります。

石垣島 ダイビング体験の様子

“マンタ”のいるポイントへは行けませんでしたが、
普段のダイビング体験では見ることのできない世界に挑戦しました(^_^)
今日はゆっくり石垣島を楽しんで、明日からまた会社のお仲間と合流だそうです。

午後からは何度も石垣にダイビングにいらしているというお客様を
空港でお迎えしてそのまま海へと向かいます。
石垣近海のダイビングポイントではほとんど潜っていらっしゃるそうですが、
海の中は季節によっても見どころが変わってくるので、
今日は夏ならではの海を楽しんでいただけるようなポイントへ行きましょう♪

船から降りて、水深13メートルの砂地の上をしばらく泳いでいると、
遠くの方にうっすら山のような形をした“ハマサンゴ”が見えてきます。
そちらへ泳いでいくと、さっそくこの山のボスが見回りにやってきました。
ここに棲み付いている2匹の“アザハタ”のうち、大きな方がここのボスです。

石垣島 アザハタ

魚たちは夏のベビーラッシュで賑わっていますが、
シャコたちにも新しい子供たちが産まれ、巣穴の周りは賑やかでした。
小指の太さにも満たないようなちっちゃな“モンハナシャコ”の子供も、
一生懸命砂をほじって上手に巣穴を作っていました。

石垣島 モンハナシャコ

“ヨスジフエダイ”も圧倒的な数で迎えてくれました。
きれいに並んで、青い海の中に黄色のリボンが流れているようです。

石垣島 ヨスジフエダイ

ポイントを移動して、次は“アカククリ”たちの群れる深い水深まで行きました。
いつもは“アカククリ”の群れだけがいますが、
今日は“テンジクダイ”や“グルクン”の子供の大きな群れも泳いでいました。
夏になって数が増え、いろんなところで大群が見られるようになりました。

石垣島 アカククリ

“アカククリ”も子供たちが生まれていました。
大きくなると群れで行動するのですが、
小さいうちはなぜか群れには加わらず一匹で泳いでいます。
穴の中がお気に入りのようで、出たり入ったり忙しなく動いていました。
子供のころは体の周りを縁取るように赤い模様があるので、
赤く括られた“アカククリ”という名前が付いた魚です。
このコは少し大きくなっていますが、赤い縁の名残がありますね。

石垣島 アカククリの子供

“アカククリ”たちは“ホンソメワケベラ”に体を掃除してもらうのが大好き。
こちらでは“ホンソメワケベラ”2匹がかりで顔をきれいにしてもらっています。
うっとりしたような表情をしてるので、本当に気持ちいのでしょうね(^_^)

石垣島 アカククリとホンソメワケベラ

明日からもダイビングをされるそうです。
今日はゆっくり休んで疲れを取って、明日からのダイビングに備えてください(^_^)
だんだん天気が回復してきてくれるといいですね。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.