ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ夏の大きな群れ/ダイビング体験・ファンダイビング

2011年7月1日(fri)カモメの足あと

快晴が続き、今日も青空の広がる石垣島です。
ただ、南から吹く風が昨日より強いようで、
ダイビングポイントへ着くと少し波がありました。

午前中はご夫婦のお客様にお越しいただきました。
ご主人はライセンスをお持ちですがダイビングはしばらくぶりとのこと、
奥さんは今回が初めてのダイビングに挑戦ということでした(^_^)

久しぶりの海の緊張感を楽しみながらご主人は先に潜り、
初挑戦の奥さんもスムーズな潜行で順調なスタートがきれました♪
おふたりそろって海の中を泳ぎ始めと、
目の前にはオレンジ色の“アカネハナゴイ”や“キンギョハナダイ”たちが
“ユビエダハマサンゴ”の上でプランクトンを食べているところでした。
長いヒレをヒラヒラ揺らしながら、優雅な朝食です。

石垣島 ダイビング体験の様子

ご主人もしばらく泳いでいると水中での感覚が蘇ってきて
肩の力も抜けて中世浮力もバッチリで順調なダイビングです。
奥さんを手助けしながら泳いでいらっしゃいました(^_^)

ご主人のサポートもあって、奥さんもすっかり慣れてきたようです。
触手の先がまん丸な“タマイタダキイソギンチャク”までスイスイ泳いで、
その中に棲んでいる“ハマクマノミ”夫婦にも会うことができました。

石垣島 ダイビング体験の様子

たくさんのサンゴや熱帯魚たちに囲まれ、60分のダイビングは無事終了です。

ご主人からは「“マンタ”に会いたい」とリクエストをいただき、
“マンタ”が集まるポイントまで船で移動して次はファンダイビングです。

“マンタ”が小魚たちに体を掃除してもらうためにいつも集まってくるサンゴの山で
“マンタ”の登場を待ちましたが、なんだかやってくる気配はありません・・・。
諦めず“マンタ”お気に入りのサンゴの山をいくつか回って行くと、
遠くの方から黒い影が現われ、どんどんこちらに近づいてきました!
“マンタ”のすぐ近くにいた他のダイバーと比べるとその大きさが分かります。
残念ながら今日は通り過ぎて行っただけだったのですが、初対面は果たせました(^_^)

海底トンネルにも入り、サンゴの山を真下に降りる縦穴を下りて行くと・・・

石垣島 ファンダイビングの様子

入口の穴から青い光がまっすぐ射し込んで来ました。
今日はトンネルの中の透視度がとてもよかったので、
光に照らし出された洞窟の中がとても神秘的な世界に見えました。

石垣島 ファンダイビングの様子

トンネルの出口には何万匹もの小魚の群れが集まっていました。
これだけの数になるのは、夏ならではの石垣島の海の景色です。
動くたびに体に光を反射させキラキラとってもきれいです。
ここのところとても数が増えているのですが、
形から見て、これは“イワシ”の仲間の子供たちでしょうか。

石垣島 ファンダイビングの様子

午後からはご参加いただいたお客様は
与那国島旅行を終えて石垣島にいらっしゃったばかり。
与那国島ではダイビングをする機会がなかったそうで、
「せっかく沖縄に来たのだから、やっぱり一度は潜りたい」と
お申し込みいただき、ファンダイビングにお越しいただきました(^_^)
午後の海はコンディションンもよくなってきました。

緩やかな沖からの流れに向かって泳ぐ“ヨスジフエダイ”の群れがいました。
ゆっくり優雅に泳ぐ“ヨスジフエダイ”の泳ぎをすぐそばで観察出来ました。
水面から射し込む太陽をバックに、黄色の体は一層鮮やかに見えました。

石垣島 ヨスジフエダイの群れ子

砂地の上にはヘルメットみたいな形をした“トウカムリガイ”がいました。
とっても大きくて、人の頭にも被れるのでは!?と思うほどです。
ここ数カ月、このコはこの辺りでよく見かけるので、棲みついているようです。
時々いなくなってしまうこともありますが、しばらくすると戻ってきます。
ここに来れば、ほとんどいつでも会うことができます(^_^)

石垣島 トウカムリガイ

ハマサンゴの周りを泳いでいると、物陰からこちらの様子をうかがう“アザハタ”が。
この“アザハタ”はこの辺りのボスなので、
縄張りの中でイタズラをしていないかチェックしているようです。
ダイバーの方が体はずっと大きいのですが、鋭い眼光に目が合うとドキッとします。
ですが・・・“アザハタ”は攻撃などはしてこない、優しい魚です(^_^)

石垣島 アザハタ

魚たちの体を掃除する“アカシマシラヒゲエビ”と“スザクサラサエビ”。
人気の海のお掃除屋さんは今日は大盛況です。
いかつい顔をした“サビウツボ”と“アザハタ”がやってきて、
「オレもオレも!」と2匹揃ってお掃除の催促をしていました。

石垣島 サビウツボとアザハタ

夏になり、どんどん数が増えて行く“テンジクダイ”の仲間。
流れてくるプランクトンを追いかけて水面の方まで広がって泳いでいました。
カメラのフラッシュの光が体に反射して、キラッ☆ときれいでした。

石垣島 ファンダイビングの様子

夕方からは本日石垣島に到着されるお客様とファンダイビング!
ところ予定の時刻より1時間ほど飛行機の到着時間が遅れてしまうとのこと・・・。
日没前に潜れるかな?と心配されていましたが、
今の季節は日没が遅いうえに日が沈んでもしばらく明るいので、
初の石垣島の海でのダイビングもスタートすることが出来ました。

日没間近でもまだまだ海の中が明るいので、
時計を見て「えっ!もうこんな時間?」と驚くことがあります。

石垣島 ファンダイビングの様子

陸上では一眼レフカメラでの写真撮影がご趣味だそうで、
水中の世界も写真に撮りたいとダイビングのライセンスを取得されたそうです。
新しい水中カメラで水中撮影に奮闘していると、
「調子はどう?」と“ホンソメワケベラ”が
“ハマクマノミ”が映っている液晶画面を覗き込んできました(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

海の中での撮影はまず体を安定させることが大変なので、
陸上とは勝手が違って最初は少し苦戦してしまいます。
ライセンスをとられて間もないとのことなので、
回数を重ねるごとに上手く撮れるようになっていくのも楽しみのひとつ(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

今日の写真の出来栄えは?
ホテルに帰って、ビール片手のチェックも楽しみですね。

石垣島 夕暮れの空

海からあがり船に乗ってダイビングポイントを後にして、
ふっと振り返るときれいな夕焼けの景色が広がっていました。
こちらも、一眼レフを取り出してパシャリ(^_^)

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.