ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ夜の海の主役たち/ナイトシュノーケリング

2011年6月28日(tue)カモメの足あと

少し曇りがちの石垣島の空です。
夜になっても雲が晴れず、星空の下・・・とはいきませんでしたが、
今夜は夜の海へナイトシュノーケリングに出ました。
お客様も海の上から見上げる星空を期待されていましたが、
海に泳ぎ出すころは・・・やっぱり空はまだ厚い雲に覆われていました。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

砂地の上では数匹の“アオヤガラ”の子供たちが集まって眠っていました。
“アオヤガラ”は成長すると1mちかくまで大きくなるのですが、
今はまだ小さいこのコたちはまだ短く、太さも鉛筆ほどしかありません。
大人になると他の魚を寄せ付けないような迫力があるのですが、
子供のうちは1匹だけでは心細いのか、集まって眠っているのをよく見かけます。

石垣島 眠るアオヤガラ

夜になるとニョロニョロッと穴から抜け出して散歩するウツボたち。
鋭い牙と厳つい外見のイメージからは想像できないような、実は気の小さい性格で、
昼間も穴から穴へと移動することはありますが、
みんなが寝静まった夜に活動を始めるようです。

石垣島 夜動き始めるウツボ

夜の海で眠る姿を一番よく見掛けるのは“ハリセンボン”たちです。
こちらも警戒心が強くてシャイな性格の魚のようで、
昼間は岩陰やサンゴの奥の方に隠れていてあまり姿を見かけません。
ただ、そんな警戒心の強いはずのこのコたちも、
眠っていてる間はどこにも隠れずに海の真ん中で堂々としています。
昼と夜の過ごし方のギャップが不思議です。

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

サンゴの森の隅で眠っている“テングハギ”。
照らしたライトの先にいきなり現われた大きな体に一瞬ハッとします。

石垣島 眠るテングハギ

昼間は魚たちのパラダイスだったサンゴ礁も、
夜になるとエビやカニたちが主役の世界へと変わります。
外敵の魚たちがいなくなり、“アカヒヅメガニ”も穴から抜け出してのびのび♪
岩の表面についた海藻をモシャモシャと頬張っていました。

石垣島 アカヒヅメガニ

いつもはなかなか会える機会がない“ゾウリエビ”にも遭遇しました。
草履のように平べったい形をしているからこの名前が付けられたのだと思いますが、
つぶらな瞳が意外とカワイイ顔をしているのに、草履だなんてちょっと失礼ですね(^_^;)

石垣島 ゾウリエビ

夜の海を凄い速さで疾走する“ソメンヤドカリ”は、
大きなイソギンチャクを背中の貝にくっつけているとは思えない程の速さです。
その速さはヤドカリ界ナンバーワン!?あっと言う間にいなくなってしまいました。

石垣島 ダインビング体験の様子

宿に戻る車の窓から空を見上げると、雲が晴れて一面の星空が(^_^)
少し寄り道して、しばらく星空を眺めてから帰りました。
夜の海の中で見られる星空のような夜光虫が瞬く景色と、夜空の星、
今夜はどちらも見ることができました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.