ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメお掃除魚
/ファンダイビング・体験ダイビング・ナイトダイビング

2011年5月15日(sun)カモメの足あと

梅雨の曇り空が広がる石垣島です。
今年の梅雨は雨が少ないのかと思いましたが、意外とまとまった雨が降ります。

朝からファンダイビングへ出港しました。
「“マンタ”に会いたい!」とリクエストをいただいていましたが・・・。
マンタポイントは通常のポイントよりやや遠いのですが、
このところ、マンタポイントでも遭遇率が思わしくないことをお伝えし、
お客様にどうするか、選択していただくことになりました。
今回は「会えないのなら、あまり長い移動はちょっと・・・」ということで、
今日は“マンタ”に会えるポイントで潜るのは諦めることにしました。
代わりに、たくさんの“アカククリ”たちが棲むポイントへ行きましょう(^_^)

“アカククリ”は横から見ると直径30cmほどと大きいのですが、
正面から見ると薄さ6cmほどの平べったい魚です。
何十匹も集まって群れをなして、ゆったりと泳いでいます。

犬や猫にノミが付くのと同じように
海の中に暮らす魚たちも体に寄生虫や藻などの汚れが付くことがあります。
自分で岩に体をこすりつけてとろうとしていることもありますが、
なかなかきれいにならないようで、他の生き物にお願いしています。
そんなふうに他の魚の体をクリーニングする海の生き物は何種類かいますが
中でも海のおそうじ屋さんとして有名なのが、“ホンソメワケベラ”です。

“ホンソメワケベラ”は体長10cm程度の魚ですが、
体長が何mもある大きな“マンタ”や
自分たちよりずっと小さい“スズメダイ”たちなど、
大きさも種類も様々な海の生き物の体を掃除してあげています。
いろいろな生き物がこのおそうじ屋さんの棲む場所まで行って
気持ちよさそうに体のクリーニングをしてもらっています。

もちろん、“アカククリ”たちも“ホンソメワケベラ”のクリーニングが大好き!
ここでも“ホンソメワケベラ”たちのいる場所に“アカククリ”が列を作り、
クリーニングの順番待ちをして並んでいます。
たまに列に横入りしてくる“アカククリ”もいますが(^_^;)
ほとんどみんなが行儀よく、自分の番になるまで待っています。

順番が回ってくるとエラ蓋を開けたり大きく口を開けたりして
“ホンソメワケベラ”たちに掃除の催促をします。
“アカククリ”はクリ―ニングされている間、
頭を下にして逆立ちしたりおなかを上にして背泳ぎしたり
なんだかとっても気持ちよさそうです(^_^)

60匹近く群れる“アカククリ”はみんなとってものびりしていて、
すぐ横をダイバーが泳いでいても逃げていくこともありません。
“アカククリ”のゆっくりした泳ぎに合わせて一緒に泳いでいると
自分も群れの仲間に入れたような気持ちになります(^_^)

午後からのお客様はダイビング体験にご参加です。
小さな魚たちがたくさん泳ぐ、賑やかなポイントへ行くことにしました。
台風1号は発生以来、このポイントを訪れるのは初めてです。
今回の台風は直撃ではなかったのですが
石垣島の近くを通った時は、やはり海は波が高くなりました。

そんな荒波の影響をもろに受けたここの魚たち。
時にはうねりにさらわれて、元いた場所から流されてしまうこともあります。
いつも 会っていた顔なじみの魚たちに会えなくなってしまうのは寂しいですが、
嬉しい新しい出会いがあることも(^_^)

今日は他から流れ着いた“ハタゴイソギンチャク”と、
その中に棲む“カクレクマノミ”の家族に会えました。
荒波に揉まれているうちにこのポイントに辿り着いたようです。

イソギンチャクは一度岩に張り付くとあまり離れることはないのですが、
ごく稀に波によってはがされてしまうことがあるようです。
そんな時もクマノミたちはイソギンチャクから離れず、
ゴロゴロと海底を転がるイソギンチャクと一緒に、ゴロゴロ旅するようです。

台風から何日か経ち、
イソギンチャクの根元はまたしっかりと岩に張り付いていました。
“カクレクマノミ”たちもこの場所が気に入ったようです。
また他に流れていかずに、ずっとここにいてくれるといいなぁ(^_^)

今夜のナイトダイビングではサンゴの産卵に立ち会うことができました。
途中、先が見えないほどの大雨に降られましたが、
サンゴたちにはそんなことも関係ないようで、静かに産卵していました。
ポッポッポッ・・・ピンクの卵たちは今夜も八重山の海に旅立って行きました。

雨の上がった海の上はサンゴの産卵の少し生臭い匂いが漂っていました。
それと知らずに嗅ぐとあまりいい香りとは言えませんが、
神秘的な産卵の様子を見た後はなんだか特別な香りに感じてしまいます。

*本日のログは、カメラトラブルのため写真を掲載できませんでした。
 ご参加くださったお客様、大変申し訳ございませんでした*

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.