ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ一斉産卵/ナイトダイビング

2011年5月14日(sat)カモメの足あと

今日は一日、5月には珍しい肌寒く感じた石垣島でしたが、
夜の海は温かく、風向きが変わって風も暖かくなりました。

昨夜の様子だと、このポイントは今夜がサンゴの一斉産卵の日。
サンゴの様子を見回ってみると、早くもサンゴたちは準備完了といった感じです。
ピンク色の卵はポリプの穴の表面まで送り出されていて、
時が満ちるのを今か今かと待っています。

石垣島サンゴの産卵

何らかの原因で一部が折れてしまっているサンゴもいました。
白くなっているところが死んでしまっています。
しかし同じサンゴの隣の元気な部分はそこをカバーするかのように
たくさんの卵を抱えて海に放つ瞬間に備えています。
少しでも刺激を受けれはポロリとこぼれ落ちてしまいそうです。

石垣島サンゴの産卵

一斉産卵が始まる予定時刻の10分前、
待ち切れなかった1つのサンゴがフライング気味に
他の仲間たちより一足早く卵を放ち始めました。

石垣島サンゴの産卵

ポッポッポッ・・・はじめは少しずつ。
まずは“ハイマツミドリイシ”というサンゴが産卵を開始しました。

石垣島サンゴの産卵

それぞれが隣のサンゴに感化されるように
次々に産卵を始めるサンゴの範囲が広がっていきます。
テーブル状に広がった“ミドリイシ”から一斉に放たれるピンク色の粒は
もう数え切れないほどの数になっています。
見渡す限りのサンゴが一斉に産卵を始めました。

石垣島サンゴの産卵

サンゴの産卵、今夜のクライマックスは“スギノキミドリイシ”です。
他のサンゴたちより一回りほど大きな卵を蓄えています。
そのピンク色の卵が真っ暗な夜の海に一斉に放たれる様子は
小さな粒が作っている光景とは思えないほど迫力があります。

石垣島サンゴの産卵

暗かった海がピンク色に染まります。
辺りのサンゴがみんな揃って産卵をしているので、
全部の景色を見るのを諦めて、1つサンゴの産卵に集中することにしました。
ポリプの穴からひとつひとつ丁寧に生み出される卵たち・・・
時間が経つのも忘れてその神秘的な景色に見入ってしまいました。

石垣島サンゴの産卵

船に上がる前の水面は浮かんできた卵たちでいっぱいに。
それを狙って早くも小魚たちが集まり、パクパクパクと食べています。

石垣島サンゴの産卵

生まれて間もなく厳しい生存競争の中に巻き込まれたサンゴの卵たち。
この中の生き残った一握りが、新しい八重山のサンゴ礁を造っていくのでしょう。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.