ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ今年のサンゴの産卵ナイト/ ナイトダイビング

2011年5月13日(fri)カモメの足あと

今日の石垣島は梅雨の曇り空。
梅雨入りしてからはずっとムシムシとした日が多かったのですが、
ここ何日かは比較的過ごしやすい日が続いています。

今夜は少し遅めの時間からナイトダイビングへ。
北風が吹いていたので船の上では涼しき感じましたが、
水面の温度は27℃を越えて、海に足をつけるとほんわり温かいです。

完全に日が沈むと、海の中も真っ暗になります。
日が昇るのに合わせて目を覚まして日が沈むと寝床に戻る、
毎日規則正しい生活をしている魚たち。
今夜も“ブダイ”は自分の体がすっぽり収まる割れ目を見つけて、
ふわふわの膜を作って眠っていました。

眠るブダイ

ロープの下に寄り添って熟睡中の“サザナミフグ”。
昼間はダイバーの気配を感じるとすぐに逃げてしまうのですが、
眠っている間だけはちょっとのことでは動じません。
すぐそばまで近づいてじっと観察しても、
柔らかなおなかをツンっと触ってみても、
いろんな角度からカメラで撮影しても逃げません。
ですが・・・しばらくライトを向けて見ていたら眩しかったようで、
最後には頭の位置を変えてクルリとお尻を向けられてしまいました。
眠りの邪魔をしてしまってごめんなさい・・・。

眠るサザナミフグ

昼と夜まるで違う魚のように体の色を変えて身を守る魚たち。
“シマキンチャクフグ”は顔にある模様は黄色から緑色へと変身します。
ほとんど元の色の名残がない夜の顔からは昼の顔は想像できません。
まるで別の魚みたいですね。

眠るシマキンチャクフグ

石垣島の海の、5月のビッグイベント!
サンゴの一斉産卵がそろそろ行われます。
今日は小規模な産卵を観察することができました。
サンゴの枝の隙間からポッポッポッ・・・・・・ワーーーーッ!
ピンクの卵たちが一斉に放たれていきました。
今夜からしばらく、石垣島の近海ではこの様子が見られると思います。

石垣島サンゴの産卵

船に戻ると辺りには産卵時特有の少し生臭い空気が漂っていました。
水面にはピンクの粒々はプカプカと浮かび、広い海へ旅立っていきました。

今年に入りオニヒトデの食害で減ってしまった石垣島のサンゴたちですが、
今日海に放たれた卵たちが着床して元気に育ち、
打撃を受けたサンゴ礁を少しでも元気に蘇らせてくれることを願いながら
今夜のナイトダイビングは終了です。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.