ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ魚たちの子育て/ シュノーケリング・ファンダイビング

2011年5月5日(thu)カモメの足あと

ゴールデンウィーク中の石垣島は大きな天候の崩れもなく、
温かい日が続いて過ごしやすい気候の毎日です。

本日石垣島最終日のお客様。
今年のGW中は2日間ファンダイビングにお越しいただきましたが、
今日は飛行機にご搭乗なのでシュノーケリングで石垣島の魚たちにサヨナラを(^_^)

日が昇り始めたばかりの朝の空気はまだ温まっておらず、
船を走らせて受ける風は爽やかな清々しさがあってとても気持ちいいです。
まだ誰も泳いでいない静かな海をひとり占め、
今朝は透明度も良く、ちょっと贅沢な気分です(^_^)

朝食を食べるために水面まで上がって来た“デバスズメダイ ”たち。
目の前で群れて、誰か近づいて来たのにも気付いていないかのよう。
それでも、絶対ぶつかることなくヒラリと身をかわします。
魚たちともうちょっと一緒に泳いでいたくなりますが・・・
次回また石垣島に来られるまで、しばしバイバイです(^o^)/

石垣島 シュノーケリングの様子

ファンダイビングツアーが始まる頃には太陽も昇っていました。
キリリと引き締まった朝の空気は、
ゆっくりと日中のポカポカした空気と混ざってきました。

海の中も朝からお昼の雰囲気へと変化していきます(^_^)
“クマノミ”のお父さんは、今朝も卵たちの世話に忙しそう。
他の魚たちが巻き上げた砂が卵にかかってしまったら
口を使ってそ〜っと取り払ってあげたり、
胸ビレをパタパタさせて新鮮な水を常に送りこんであげたりしています。
そんな甲斐甲斐しいお世話のおかげで、成長は順調なようです(^_^)
卵の中をよ〜く見てみると赤ちゃんたちの目が確認できました。

石垣島 卵の世話をするクマノミ

別の場所では、“ミツボシクロスズメダイ”のお父さんも奮闘中!
大事な卵が他の魚たちに食べられてしまわないよう、
近づく魚たちを片っ端から追い払っています。
卵自体の世話をする“クマノミ”とは少しタイプが違う子育てで、
こちらはもっぱら守ることが中心のようです。

“ミツボシクロスズメダイ”の卵はとっても小さいのですが、
こちらもよ〜く見ると中に赤ちゃんの姿が見て取れます。
お父さんの奮闘が報われるまで、あともうわずかなようですね(^_^)

石垣島 卵の世話をするミツボシクロスズメダイ

サンゴのカケラの奥では、
“ハナオコゼ”の赤ちゃんが流されまいと一生懸命踏ん張っていました。
胸ビレを器用に手のように使って
「ふんっ!」という声が聞こえそうなくらい、必死につかまっています(^_^)

石垣島 ハナオコゼ

親たちの産卵もそろそろ終わりのようです。
シーズンのはじめ頃に産み落とされた卵たちが次々に孵化し始めています。
生まれて間もない“コブシメ”の赤ちゃんもよく見かけるようになりました。

“コブシメ”は60cmを越えるほど大きくなるイカですが、
赤ちゃんは大人をそのまま2センチほどのミニチュアにしたような姿です。
それでも、全体的にころんとした体にちょこちょこっとした足、
やっぱり赤ちゃんらしくてとってもかわいいです。
フワフワ浮かぶように泳いだり、ダイバーを警戒して体の色をパッと変えたり、
やることは既に大人と同じでちょっと生意気です(^_^)
これから仲間たちもどんどん孵化して、友達も増えていきます。

石垣島 コブシメ

サンゴの上でユラユラ揺れながら、
“コノハガニ”海藻そっくりに擬態していました。
長い脚をもてあまし気味に歩く姿は何とも頼りなげですが、
この動きこそが海草が揺れるリズムにピッタリのようにも見えます。
これも擬態をより完璧にするためにわざとしてるのでしょうか?

石垣島 コノハガニ

温かくなると数が増え始める生き物は、他にもたくさんいます。
透明な体の“スカシテンジクダイ”も、この時期になると群れが大きくなります。
冬場はバラバラに好き勝手に泳いでいたのですが、繁殖シーズンを迎え、
みんなパートナーを見つけてペアになって仲良く泳いでいます。
オスは卵が孵るまで口の中で世話をします。
口がパンパンに膨らむほどたくさんの卵をくわえているオスもいました。

石垣島 スカシテンジクダイ

随分長い間同じ場所に定住している“ブッシュドノエルウミウシ”。
あまり定住する様子は見ることがないのですが
このコはここがとても気に入っているようです。

石垣島 ブッシュドノエルウミウシ

今日は潮の流れが良かったので、
黄色い“ヨスジフエダイ”が大きな一塊の群れになって泳いでいました。
ゆったりとした泳ぎで、黄色とブルーのストライプのアーチを作っています。

石垣島 ファンダイビングの様子

“タツノハトコ”はおっきなおなかを抱えていました。
“タツノハトコ”の仲間はおなかに卵を入れて守る袋を持っていて、
その中で卵を授精させるので、
ふ化した時は赤ちゃんの姿で生まれてくるそうです。
このおなかの様子だと、その日も近いのかもしれません(^_^)

石垣島 タツノハトコ

今日もいろいろな生き物たちに出会えました。
もっともっと潜っていたかったのですが、
最後のダイビングを終えて船に上がる頃はもう夕暮れでした。
明日はどんな生き物たちに会えるかな(^_^)♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.