ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ追いかけっこ/ファンダイビング・シュノーケリング

2011年5月4日(wed)カモメの足あと

ここ数日、蒸し暑い日が続いていた石垣島ですが、
今日は少し気温が下がって過ごしやすい一日になりました。

魚たちは海の潮の流れを感じながら生活しています。
潮に動きがあると魚たちは活発にエサを求めて泳ぎ回り、
潮の動きが収まると、魚たちの動きも次第に緩慢になっていきます。

今朝は満潮の時間に合わせ、少し早い時間からのダイビングです。
海の中では潮の流れが強くなるごとに魚たちがざわめき出し、
潮のいい場所に集まる魚たちの数がどんどん増えていくのが分かります。

潮の流れに乗って集まって来たプランクトンを求めて
たくさんの“グルクン”たちが群れを成してやってきます。
さらにその“グルクン”を追って、“イソマグロ”たちも移動して来ます。

石垣島 イソマグロ

20匹ほどの“イソマグロ”の群れ、
50匹ほどの“ギンガメアジ”の群れ、
数え切れないほどの“グルクン”の群れ、
他にも潮の流れに誘われて集まって来たいろんな魚たちが
右へ左へと元気に泳ぎ回っています。

そんな中でもかわいかったのが、一匹の“ヒレナガカンパチ”。
迷子にでもなったのか、群れから離れてこちらへ近づいてきました。
ダイバーの周りをクルクルと、なぜかとても人なつっこく寄ってきて、
しばらく近くを泳いだりして一緒に遊んでくれました。
回遊魚はあまり人なつっこいイメージがないので、
なんだか不思議な感じがしますがかわいいものですね(^_^)

石垣島 ヒレナガカンパチ

ダイビングポイントを移動して、今度はウミウシに会いに行きます。
今日もどんなコに会えるか楽しみです♪

まずは、先日に引き続いての“ウデフリツノサヤウミウシ”。
少し緊張して丸まった姿はおもちゃのようででとってもかわいいです。
見る角度やウミウシの姿勢によって、
かわいく撮影出来たりイマイチだったりするのですが・・・
今日はくるりとまん丸のかわいいポーズを撮影できました♪

とはいえ、丸くなって大人しくしていてくれるわけではありません(^_^)
このコたちは意外とよく動き回るので、撮影に苦労するウミウシのひとつです。

石垣島 ウデフリツノサヤウミウシ

少し離れたと岩の下には“カルイシガニ”の姿がありました。
動かないでじっとしていると、周りの岩に本当にそっくり!
いつもあまり動かないので、体の周りに藻や付着物が張り付いています。
まさに岩そのもの、とっても上手な擬態で隠れています。

エサを食べるのに使う大きなハサミ足だけは、
よく動かしているのか付着物もなくきれいですね。

石垣島 カルイシガニ

カールおじさんに似ている口ヒゲを生やしたようなホヤの仲間。
2つの点々は、実際には目の役目をしているわけではありませんが、
人間の顔と同じような配置の模様が特徴的です。
よく見ると、それぞれ表情に違いがあっておもしろいです(^o^)

石垣島 カールおじさんホヤ

砂地のダイビングポイントで泳ぐ、“コショウダイ”の赤ちゃんたち。
クネクネと体をくねらせながら一生懸命泳いでいます。
擬態しているわけでもなさそうだし、
そのクネクネ泳ぎには一体どんな意味があるのでしょうか?

石垣島 コショウダイ赤ちゃん

随分前からずっとこの海草の上に棲んでいる“フジナミウミウシ”。
いつも食欲旺盛で、たくさん海藻を食べているようです。
海草の上には地図のように虫食い模様がたくさん出来ていました。
パートナーも見つけたようで、すぐ近くにもう1匹いました。
この分だとたくさん卵を産んでくれそうです(^_^)

石垣島 フジナミウミウシ

“シマヒメヤマノカミ”の赤ちゃんがヒラヒラヒラ。
こちらは海藻を食べるのではなく、海藻を隠れ家にしています。
ウネリに合わせて、ゆったりゆらゆら。
海草の森ではのんびりと時間が流れています。

石垣島 シマヒメヤマノカミ

シュノーケリングにご参加いただいたのは、お友達同士でお越しのお客様。
今回が初めてのシュノーケリングに挑戦とのことです(^_^)
サンゴの山のてっぺんには
ゼブラ模様の“セナスジベラ”や黄色い“ヤマブキベラ”や、
ブルーの“オトメベラ”など、たくさんのベラたちが集まっています。
すぐ近くをクルクルと泳ぎ回っているので、
思わず手を差し出してみたくなります(^_^)
その両手の間をするりと抜けて、また仲間と追いかけっこをしています。
その様子を見ていると、こちらまで楽しくなってきます。

水色の小さな“デバスズメダイ”や“アオバスズメダイ”たちも
すぐ後ろを泳ぎながらついてきています。
Uターンして振り返るとパッと散らばってしまいますが、
ゆっくり泳ぎ出すとまたあとをついて泳いできます。
魚たちといつまでも遊んでいたくなるような午後のひと時でした。

石垣島 シュノーケリングの様子

GWも後半、明日も晴れるかな?

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.