ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ衝撃の瞬間!/ファンダイビング・ナイトシュノーケル

2011年5月1日(sun)カモメの足あと

梅雨入りの発表がありましたが、今日の石垣島は晴れ間ものぞきました。
久し振りの明るい陽射しが海底まで届き、
ダイバーが出す小さな泡が、光を受けてキラキラと昇って行きます。
朝のダイビングは太陽を浴びながらスタートできました(^_^)

水温も上がり始め、すっかり初夏の気配の石垣島の海。
このところちっちゃな赤ちゃんたちがチラホラと
いろんなダイビングポイントに現われるようになりました。

サンゴの枝に逆さまにくっついて隠れているのは
“シマヒメヤマノカミ”の赤ちゃんです。
まだまだ1cmくらいと大変小さいのですが、
一人前に、もう大人と同じくらい大きな胸ビレを持っています。
とってもシャイなようで、カメラを向けるとチョコチョコ逃げ回ります。
ですが、大きな胸ビレを持て余してしまうのか、あまり早く泳ぐことが出来ません。
そんな不器用な泳ぎ方がまたかわいいですね(^_^)

石垣島 シマヒメヤマノカミ

次のサンゴの下に見つけたのは、“カエルアンコウ”の赤ちゃん。
このコも1cmくらいとちっちゃいのですが、
パッと目を引くきれいなオレンジ色をしています。
大人をそのままミニチュアにしたようなずんぐりした体に
きょとんとした顔がついていて、見ていると思わず笑顔になります(^_^)
胸ビレを手のように器用に使って歩く姿は、ゼンマイ仕掛けのおもちゃのよう。
こーんなに小さいのに、生意気にも(^_^)
頭の先には大人と同じくエサを獲るための釣り竿とルアーを付けています。

石垣島 カエルアンコウ

スズメダイたちが棲んでいるサンゴの家に流れ着き、
居候しているのは“ウイゴンベ”の子供です。
スズメダイたちの縄張りに少しでも入り込んでしまうと
ツンツンツンと攻撃を受けてあっという間に追い出されてしまいます。
なんだか肩身が狭いようで、端っこで大人しくしています(^_^;)

石垣島 ウイゴンベ

“ミドリリュウグウウミウシ”はついさっき卵を産み終わったばかりの様子。
クルクルらせん状に産み付けた卵を、満足げに眺めていました。

石垣島 ミドリリュウグウウミウシと卵

この季節の海でたくさん見られるのは魚の赤ちゃんだけでなく、
ウミウシのちっちゃな赤ちゃんたちも元気に動き回っています。
虎模様がかわいい“イシガキリュウグウウミウシ”の赤ちゃん。
その前には、同じくらいの大きさで模様や色も似ている
“リュウグウウミウシ”の赤ちゃんもノソノソ歩いています(^_^)
追いかけっこでもしているような微笑ましい光景・・・
かと思いきや、“イシガキリュウグウウミウシ”の赤ちゃんが大きな口をあんぐり!
めいっぱい広げて“リュウグウウミウシ”の赤ちゃんを呑み込もうとしています!!
思いがけず、衝撃的なシーンに立ち会うことになりました(^_^;)

石垣島 イシガキリュウグウウミウシ

一度は全身がすっぽりと口の中に入ったのですが、
呑み込まれたコも必死で逃げ出そうとします!
自力で脱出し、なんとか頭を出して一生懸命逃げていました。
食べる方のコももう一度食べてやろうと、必死で追いかけます。
体の大きさが同じくらいのこのコたちは、足の速さもいい勝負です。
この追いかけっこ、引き分けのまましばらく続きそうです(^_^;)

ウミウシが大好きというお客様。
数年来会いたい思いを募らせていたピカチューこと、
“ウデフリツノサヤウミウシ”に今日初めて出会えました!
図鑑で見ていた憧れのアイドルが目の前にいるとあって大感激(^_^)
プクプクとした体がとってもかわいいウミウシ界のプリンセスです。
ちょうど前にある、王冠のような生き物は何でしょうか??

石垣島 ミドリリュウグウウミウシ

午後のお客様ともファンダイビングへ出港です。
水深の深いポイントよりも、
サンゴや魚たちが元気に泳ぎ回る浅瀬のポイントがお好きとのこと(^_^)
光が海底までもたっぷりと射し込む浅瀬では、
午後の陽射しを受けた海の中の景色がキラキラとても神秘的です。

石垣島 ファンダイビングの様子

お客様は今日、水中写真撮影にも初挑戦されました(^_^)
2年振りのダイビングだったので
体のバランスを保ちながら撮影もするということが難しそうでしたが、
2本目に海底温泉が湧き出すポイントで潜った時には
カメラの使い方にも慣れて大分余裕も出てきていらしたようです(^_^)

石垣島 ファンダイビングの様子

2年ぶりのダイビングは無事終了!
石垣島にいらっしゃる前にご自宅近くのスポーツクラブのプールで
ダイビングの練習をしてから来られたとのこと。
その甲斐あってストレスもほとんど感じずに済んだそうです。
ライセンス講習の時にもお越しいただいたのですが、
メキメキメキっと上達していらっしゃいました(^_^)

夜はナイトシュノーケリングに出発しました。
ポイントの上には灰色の雲が広がってきましたが雨は降らず、
コンディションは良好のまま持ち堪えてくれそうです(^_^)
海水温も温かで、快適に泳ぐことが出来ます♪

石垣島 ナイトシュノーケリングの様子

砂地の上で眠っている“アミアイゴ”。
夜の海の魚たちはいろんな姿勢で眠っていますが、
その中でも特におもしろい寝相なのがこの“アミアイゴ”たちです。
このコは人間みたいに横に寝転んで、気持ちよさそうに眠っていました(^_^)

石垣島 眠るアミアイゴ

夜のお散歩を楽しんでいる“アカモンガニ”にも会いました。
大きなハサミを器用に使って岩に付いた海藻をむしり取って、
ムシャムシャムシャムシャと美味しそうに食べていました。

石垣島 アカモンガニ

サンゴや岩の隙間に隠れているとはいえ、眠っている間は昼よりずっと無防備。
魚たちは敵に狙われないように、暗い海の中に溶け込もうとします。
夜の海では“ブダイ”の体の緑色はより一層はっきりした色に見え、
ライトを当てるとさらに鮮やかで、宝石が輝いているように見えます。
まるでパジャマに着替えたかのように派手に見えますが、
暗い夜の海の中では逆に馴染んで目立たなくなるのでしょう。
プニュプニュの柔らかなゼリーのような粘膜の寝袋を作り、
ふんわり包まれてスヤスヤ眠っていました。

石垣島 眠るブダイ

温かな海に揺られながら
“夜光虫”の緑色の光にも包まれた穏やかな夜でした。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.