ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ海のさくら?/ファンダイビング・ダイビング体験

2011年4月7日(thu)カモメの足あと

晴れの予報が出ていた石垣島ですが、
朝の出航の時点ではまだ雲が多く、スッキリとしない空模様でした。

お客様の年に一度のダイビング、本日は3日目です。
朝から、昨日再会した“ピグミーシーホース”にもう一度会いに行きました。
昨日はカメラを構えた位置からモデルの“ピグミーシーホース”まで
少し距離が遠く、周りのサンゴに紛れ込んでしまったようです。
どこに小さな“ピグミーシーホース”がいるのか、
よく分からない写真になってしまったとのことです。
昨日の反省点を踏まえて、今日も写真撮影に再挑戦!
大好きなあのコたちの元へと向かいましょう。

目的は今日ももちろん“ピグミーシーホース”のみなので、
できるだけ泳ぐ距離が短くなるようポイント近くに船を停めてスタート!
今日も“ピグミーシーホース”の棲むサンゴの仲間・ヤギや
“ピグミーシーホース”の、鮮やかなピンク色がきれいです。
ブルーの海をバックに、まるで青空の下に咲く桜の花みたい。。。
この“ピグミーシーホース”も、お花見気分なのか、
なんだか楽しそうな表情に見えます(^_^)

石垣島 ピグミーシーホース

こちらでは、何か見つけたかのように
サンゴの枝の後ろからこちらをのぞきこむコもいました(^_^)

石垣島 ピグミーシーホース

“ピグミーシーホース”は1cmくらいの小さな体なので、
肉眼で見ていると細かいところまではなかなか観察できません。
写真に撮ると、それぞれ身体についてるポコポコの位置が違ったり、
どこかのお父さんのようにでっぱったおなかをしたコがいたり、
顔の形に微妙に個性があったりするのが分かります。
小さなエラ穴をが開いたり閉じたりしている様子も分かり、
いろんな発見があっておもしろいです(^_^)

石垣島 ピグミーシーホース

泳ぎがあまり上手ではないタツノオトシゴの仲間なので、
ヤギの枝に器用に巻きつけているシッポを離してしまうと
流れに流されて戻ってこれなくなるかもしれません。
それでも、このコたちは潮の流れが強い環境を好むようで、
長いシッポをくるくるしっかり巻きつけてつかまっています。
今日も“ピグミーシーホース”づくしの一日。
とっておきの1枚は撮れたでしょうか?

石垣島 ピグミーシーホース

夕方からは本日石垣島に到着されたばかりのお客様とダイビング体験へ。
今日はご家族と別行動されているそうで、
みなさんが島内観光されている間に初めてのダインビングに挑戦です♪

事前練習では呼吸器での呼吸に少し戸惑われたようですが、
ブルーに輝く海に、戸惑いもすぐにどこかに行ってしまったようです(^_^)
午前中は少し雲が掛っていた空もすっかり晴れて、
海底まで太陽が射し込む良好のコンディションになっていました。

石垣島 ダイビング体験の様子

魚たちの動きも春になって活発になってきます。
ダイバーが砂の上に手をつく度に、
舞い上がる砂の中の小さな生き物を狙ってやって来る魚も増えました。
こちらを怖がることもなく、すぐ近くまで寄ってきます。
今日はこのポイントに棲む“シチセンムスメベラ”の夫婦がやってきて
ひとしきり手の周りをウロウロと泳いでいました(^_^)

石垣島 ダイビング体験の様子

ひっくり返ったヒトデが器用に体をくねらせて起き上がる様子も観察しました。
一生懸命な姿と器用な動きに、思わず拍手です。

石垣島 ダイビング体験の様子

日常では体験できない、ちょっと特別な1時間(^_^)
奥さんにも海の世界のお話、聞かせてあげてくださいね♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2011石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.