ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ30分の1のミニサイズ/ファンダイビング

2010年12月29日(wed)カモメの足あと

気温も少し上がり、今日は過ごしやすくなった石垣島
空に太陽が出てくれると、冬でも暖かく感じられます。

朝一番で“アカククリ”たちが集まるポインへ向かいました。
このポイントでは、一年を通していつでも“アカククリ”に会えるのですが
冬になると徐々に集まる数が増え、その数もそろそろピークを迎える時季に。
夏場は30〜40匹の群れが泳ぐ姿を見られましたが、
今日は80匹くらいが一堂に集まってのんびりと漂っていました。
下から見上げるシルエットは幻想的でとても美しい光景です。

石垣島 アカククリ

“アカククリ”の群れのすぐ下には、深場から上がってきた“コブシメ”が一匹。
このところ、いろんなポイントで見掛けることが多くなってきました。
毎年、冬の終わり頃に産卵を始めるので
そろそろ産卵場所の下見に来ているのでしょうか?
“コブシメ”に見送られながら、1本目のダイビングは終了。

石垣島 コブシメ

次は砂地のポイントへ移動しました。
真っ白な砂とブルーの海の境目を泳いでいると、
40センチくらいはありそうな“モンダルマカレイ”が
すぐ下で砂を巻き上げながらのそっと動き始めました。
右左に大きく離れて目があって、
見慣れた他の魚たちの顔とは随分違う個性的な表情です。

石垣島 モンダルマカレイ

手のように変化した胸ビレでしっかりと海草にしがみついているのは
1センチくらいの“オオモンカエルアンコウ”の赤ちゃん。
まだミニチュアのように小さくて、とってもかわいかったです。
全身がまっ黒なので、目がどこにあるのかも分からないほど。
これも赤ちゃんが身を守るための術のひとつでしょうか?

石垣島 オオモンカエルアンコウ

“オオモンカエルアンコウ”はもう1匹、会えました。
同じ種類ですが、さっきの1センチくらいの赤ちゃんとは打って変わって、
こちらは体長30センチくらいまで成長した大人の“オオモンカエルアンコウ”。
あの赤ちゃんがここまでの大きさになるまでには
どれくらいの月日が掛るんだろう?観察出来るでしょうか(^_^)

石垣島 オオモンカエルアンコウ

今年はいろんなポイントでカエルアンコウに会えました。
どれくらいの大きさの、何色のコに会えるかも、楽しみです。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.