ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメサンゴの下に/ファンダイビング

2010年12月26日(sun)カモメの足あと

冬の嵐がやってきたかのような、今朝の石垣島
ダイビングポイントへ着くと、冷たい風が船に吹きこんできます。
こんな日は気温より水温の方が高いので、海の中にいる方が温か。
いつもにも増して、早く海に入りたくなります。

本日1本目は、折れて石のようになったサンゴが海底を覆い、
ガレ場となっているポイントへ。
積み重なったサンゴの下は、いろいろな生き物の家になっています。

ここで最初に出会えたのが、“ユキミノガイ”。
二枚貝が合わさってホタテ貝のような形をしています。
2センチくらいととてもちっちゃくてかわいい貝です。
上下二枚の貝を開いたり閉じたり・・・
水の中を軽やかに、スイスイと上手に泳ぎます(^_^)

石垣島 ユキミノガイ

両手にイソギンチャクを持っている“キンチャクガニ”も、
サンゴの石の下の住人です。
写真を撮ろうしてカメラを近づけると、
イソギンチャクを持った両手を振りかざして威嚇してきます。
怒っているからというわけではないのですが、
睨んでいる様に見える目の模様も愛嬌のあるカニです。

石垣島 キンチャクガニ

今日は、“アオリイカ”の夫婦の産卵の瞬間に立ち会うことができました。
メスはサンゴの石の下まで腕を伸ばして、卵を一生懸命産み付けていました。
そのすぐ傍では、オスが鋭い(?)まなざしで、
辺りの様子をしっかりと、頼もしく監視していました。

石垣島 アオリイカ

何回も何回も休憩を挟みながら、産卵は数分で無事終了した様子。
夫婦が泳ぎ去った後、サンゴの石の下をそ〜っと覗いてみると、
真っ白な枝豆のような卵の房がたくさん産み付けられていました。

石垣島 アオリイカの卵

ここには、一足遅れた小さなクリスマスがたくさん!
もみの木のツリーに形の似た“イバラカンザシ”たちが棲んでいます。
青や黄色、緑にチョコレート色にオレンジ色に・・・
ひとつひとつは2センチくらいと小さいのですが、
色とりどりに並んでいて、とても華やかです。
今日のお気に入りの色はブルー。
青い海の中でも鮮やかに映え、まるで花が咲いているようです。

石垣島 イバラカンザシ

今日は風が強かったので、ダイビングを終えて船に上がると
冷たい北風を受けて気温以上に寒く感じてしまいます。
3ダイブの予定でしたが、今日のところは早めに2本で切り上げましょう。
船に戻り、温かいシャワーを浴びて港へ戻ります。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.