ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ今日のターゲット/ファンダイビング

2010年11月5日(fri)カモメの足あと

北寄りの風が吹く石垣島は、今日も曇り空。
太陽が恋しくなる、ここ最近の空模様です。

今日のお客様は昨日に引き続きご夫婦。
今回から、新調されたウエットスーツでご参加いただいています。
新品は厚みがあってフカフカ、浮力が増して海の中でも浮かびやすいです。
以前よりウエイトを少し多めに付けなければいけませんが、
その感覚にもだいぶ慣れてきたようです(^_^)

浅瀬の砂地に棲む“ハナヒゲウツボ”は、
根の中を引っ越しながら移動しています。
表に出ているのは頭だけですが、
穴の中には1メートル近い長い胴体が隠れています。
もともと開いている穴を利用しているのか、
うまく自分にあった穴を見つけるなー!と感心します。
それとも、ある程度は自分の力で掘り下げているのかな?

石垣島 ハナヒゲウツボ

小さな根に3匹の“ハダカハオコゼ”が棲んでいます。
“ハダカハオコゼ”は環境に応じて擬態のため色を変えます、
白、こげ茶、黄緑、ピンク、虎模様など、色のバリエーションがあります。
ここに棲んでいるのは、黄緑色と虎模様・こげ茶色の3匹。
すぐ近くに棲んでいるのに、みんな違う色をしていました。
それぞれ環境を判断する基準が違うのかな?
おもしろいです。

石垣島 ハダカハオコゼ

サンゴの隙間に棲む“ミナミクモガニ”。
今日は2匹のペアで仲良く同じサンゴの中にいました。
体に藻を生やしている姿がオランウータンに似ているので、
英名は“オランウータンクラブ”と言います。
サンゴの枝の上でドテッと腰を下ろして長い手足を曲げている様子は
まさにジャングルのオランウータンといった感じです(^_^)

石垣島 ミナミクモガ二

体長5ミリほどの“アカイバラウミウシ”はとても小さいので、
よ〜く目をこらさないと見逃してしまいそうなくらいです。
ですが、クローズアップして見てみるととってもきれいです。

石垣島 アカイバラウミウシ

砂の上からニョキッと顔を出して外の様子をうかがっているのは
エリであるエラに黒い模様の入った“クロエリオオメワラスボ”。
普段は巣穴の上を細長い体をニョロニョロとくねらせて泳いでいて、
少しでも近付くと目にも止まらぬ速さでピュンと穴に引っ込んでしまいます。
こんな風に顔を外に出してキョロキョロしている時は・・・
そ〜っと近づいて、ゆっくり観察することができます(^_^)

石垣島 クロエリオオメワラスボ

砂の中には“ヒメオニオコゼ”のペアが棲んでいました。
目と口だけを砂の上に出して、じっと隠れています。
撮影をしていると、モソモソモソと砂から出てきて
少し向きを変えたら再び迷惑そうに砂の中にモソモソモソ・・・。
そんな様子を写真撮影したりじっくり観察したりしました。

オコゼが大好きなおふたり。
そうこうしている間に60分が経過していました。
丸ごと“ヒメオニオコゼ”の1ダイブでした(^_^)

石垣島 ヒメオニオコゼ

今回も、とうとう明日は最終日!
明日はどんな魚たちに出会えるか、楽しみですね♪

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.