ダイビング体験メニュー シュノーケルメニュー ライセンスメニュー 特別ファンダイビング 水中写真撮影 ご参加の前に ダイビング シュノーケリングログブック お問い合わせ お申し込み

カモメ夜食?/ファンダイビング・ナイトダイビング

2010年10月31日(sun)カモメの足あと

台風14号は石垣島に上陸せずに北上しましたが、
しばらくは風の強い曇りの日が続いています。

ファンダイビングにお越しくださったご夫婦のお客様は
もう何年もダイビングから遠ざかっているそうです。
「上手くできるかな?」「覚えているかな?」と心配されていましたが、
少し波のある中でも問題なく潜り始めることができました。

ブランクがあるとはいえ、100本以上潜っていらしたとのこと。
ダイビングをしていない期間があったことも感じられないほどで、
船から海底に着くまでの間に、早くも感覚を取り戻せたようです(^_^)

久しぶりに見る海の中の世界はどれも新鮮なご様子で、
海の景色や魚の動きを観察したり写真撮影をしたり、
おふたりそれぞれに石垣島の海を楽しんでいらっしゃいました。
石垣島 カクレクマノミとダイバー

今回の台風の通過から少し水温が下がったようです。
水温が下がると活発に動き始めるウミウシたちは元気になって
ちょっと喜んでいるように見えます(^_^)

石垣島 ウミウシ

砂地の上には、“カミソリウオ”のカップルがいました。
ついこの間まで、メスがひとりで寂しそうにしていたのですが、
最近、パートナーのちっちゃくてかわいいオスと出会ったようです。
2匹仲良く一緒に泳いでいました。

石垣島  カミソリウオのペア

石垣島にいらっしゃる前から台風が発生していて、
ダイビングできるか心配されていましたが・・・
影響もほとんどなく、久しぶりのダイビングも無事終了です。
改めて海のおもしろさを再発見されたようです(^_^)

石垣島  ファンダイビングの様子

今夜はナイトダイビングに出ます。
お客様は2日間石垣島でダイビングをされていたそうですが、
「まだまだ潜り足りない!」ということで夜も海へ(^_^)
もう明日石垣島を発たれるということなので、
最後にもう1ダイブ、石垣島の海をご満喫いただきます(^_^)

ロープをつたってゆっくり暗い夜の海の底まで降りて行くと、
水中ライトに照らされた夜のサンゴ礁が待っています。
サンゴの山の下の方に棲む“シライトイソギンチャク”は
昼間はヒラヒラと馬のタテガミのように触手を伸ばしてているのですが、
夜になると短くクルクルと縮こまってしまいます。
その中に“クマノミ”の夫婦が包まれて、気持ちよさそうに眠っていました。

石垣島  眠るクマノミ

その隣のサンゴの山では、“カクレクマノミ”の夫婦が眠っていました。
先ほどの“クマノミ”よりも、ちょっと神経質な“カクレクマノミ”。
ライトの光がちょっと鬱陶しかったようで(^_^;)
チョロチョロとイソギンチャクの中に逃げ込んでしまいました。

石垣島 眠るカクレクマノミ

その近くの岩陰に隠れている“ハタ”は、夜食でも食べたのでしょうか?
何か大きなものが口の中に入ってプックリした顔のまま、休んでいました。

石垣島  眠るハタ

サンゴ下で眠っているのは“ブダイ”です。
自分の体がちょうど収まるスペースを見つけ、自分で作った透明の膜に包まれて、
安心した様子でスヤスヤと気持ちよさそうに眠ってました(^_^)
この周辺にはたくさんブダイが棲んでいるので、
いろんなサンゴの隙間に“ブダイ”たちの眠る様子が見られます。
緑色の体にカラフルな模様が鮮やかです。

石垣島  膜の中で眠るブダイ

石垣島ダイビングの最後を締めくくるナイトダイビング。
夜にも関わらず、いろんな魚たちの眠顔を写真に収めていらっしゃいました。

サンカク 以前のログブック 石垣島 ダイビング体験 シュノーケリングカモメ潜水のログブック
トップ ごあいさつ ダイビング体験メニュー シュノーケリングツアー ライセンス取得コース 特別☆ファンダイブ お問い合わせ お申し込み さかな ツアーご参加前に… MORE FUN 石垣島 幼魚図鑑 石垣島 魚図鑑 さかな Yahoo!ブックマークに登録
Copyright (C)2010石垣島ダイビング シュノーケリング カモメ潜水.All rights reserved.